敬老の日のプレゼントはいつから?人気は?赤ちゃんからは?


子どものころからおじいちゃん、おばあちゃんに敬老の日のプレゼントをあげていたという方、多いですよね。
ただ、赤ちゃんが生まれてからはじめての敬老の日を迎える場合、両親への敬老の日のプレゼントは必要なのか悩みませんか?

敬老の日のプレゼントはいつからあげるのか、あげる場合はどういったものが喜ばれるのかをご紹介します!



敬老の日のプレゼントはいつからあげる?

敬老の日は「長年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」なので、実は両親へプレゼントしても何も問題はありません。
両親へプレゼントする場合、還暦をきっかけにする人が多いようですよ!

ですが、最近では敬老の日は
「孫がおじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントする日」という認識が広まっています。

そのため、子どもが産まれたら両親にプレゼントするべき?と悩まれる方が多いようです。


子どもが産まれたら、その年から両親に敬老の日のプレゼントは必要でしょうか?

一般的には、敬老の日のプレゼントは赤ちゃんのときはしないようです。
「敬老の日は孫からおじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントする日なのに、赤ちゃんにプレゼントは選べないから」
というのが理由のようです。

もらう側としても、
「赤ちゃんからといっても、用意しているのは嫁(娘)だから嬉しくない」
「孫からおじいちゃん、おあばちゃんと言われるのはいいけど、嫁(娘)から言われるのは嫌」
という意見があるようです。

「敬老の日」は老人を敬う日なので、どうしても老人扱いされている印象になってしまうようですね。
孫ができたとはいえ、「まだ若い!老人扱いされたくない!」と思う人は多く、赤ちゃんが産まれたからといって、すぐに敬老の日のプレゼントを始める必要はありません。

幼稚園に行くようになると、幼稚園で敬老の日のプレゼントを作ったりするするので、それから始めることが多いです。
子どもが成長し、「おじいちゃん、おばあちゃんいつまでも元気でいてね」
と言えるようになってから、としておくと良いかもしれませんね。

スポンサーリンク



敬老の日のプレゼントで人気のものは?

やっぱり日ごろの感謝を込めて、敬老の日のプレゼントはしておきたい!という方もいらっしゃいますよね。
どうせなら喜ばれるものを贈りたいものです。
人気のものをご紹介しますね。

  • お酒

    お酒を飲まれる方の場合、とっても喜ばれます。
    自分で買いに行くとビンが重くて意外と持ち運びが大変だったり、いつも同じ銘柄ばかり買ってしまうので、新しいものに出会える、と言った理由で喜ばれるようです。
    最近では名入れができるものもあり、特別感があっておすすめですよ!

  • お世話する楽しみをプレゼントしたいなら鉢植えを、
    忙しい相手にはお手入れが要らず長く楽しめるプリザーブドフラワーを贈ると良いですよ!

    敬老の日のプレゼントについては、以下の記事でも詳細を説明しています。

    敬老の日のギフト選びはココがポイント!花言葉の意味も添えてみては?

  • お菓子

    年齢を重ねるとだんだん食が細くなるので、賞味期限が短いもの、量が多すぎるものは避けましょう。
    せんべいなどの硬いものやお餅などのどに詰まりやすいもの、糖分が多すぎるものなどは要注意です!
    相手の健康状態と好みを考慮して贈りましょうね。

ほかにも衣服や小物なども選ばれています。
相手の趣味を考えて、喜ばれるものを贈りましょうね。

スポンサーリンク



敬老の日のプレゼント 赤ちゃんからあげる場合は?

どうしても「赤ちゃんから」とプレゼントを贈りたい場合は次のようなものがおすすめです。

  • 赤ちゃんの手形、足型

    手形、足形は赤ちゃんからのプレゼントで人気があります。
    毎年贈るようにすれば、孫の成長が分かるので喜ばれます。
    周りを絵の具や写真でデコレーションする手形アートが最近では人気のようです。

  • 1年間の赤ちゃんの写真をまとめたフォトブック

    孫の写真は何枚あってもかわいくて嬉しいものです。
    こちらも成長がわかるので喜ばれますよ。

物をプレゼントしなくても、赤ちゃんと一緒にみんなで食事・旅行にでかけるというのも立派なプレゼントになります。孫に会えるというのが一番のプレゼントかもしれませんね!

孫がある程度大きくなったら、孫の絵や作品、手紙をプレゼントすると良いですよ!
こんなことができるようになったのか!と、成長を感じられ喜ばれます。

スポンサーリンク



さいごに

敬老の日のプレゼントをする、しないは自分次第です。
孫からでなくても、感謝の気持ちを込めてプレゼントする人も多いです。

お子さんから、とする場合、自分からおじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントしたい!と言い出すようになるまでスルーしてしまっても大丈夫ですよ!プレゼントする際は参考にしてくださいね。

スポンサーリンク



コメントを残す