飛行機内で快適に過ごす重要なポイント!エコノミー症候群を回避する秘訣とは!?


ゴールデンウィークも近づいてきて家族での海外への旅行を計画している方も多いのではないでしょうか?
一生の思い出になる楽しい旅行ですが、普段乗ることのない飛行機に到着した時には疲労感でいっぱい、という経験はありませんか?


実は飛行機での疲労感はその時の過ごし方を改善するだけで、とても快適な旅になるのです。
今回は長距離フライトでも快適に過ごせるコツと注意点をご紹介します。
今回の内容を参考にして、全力で家族旅行を楽しんでください!



飛行機の快適な過ごし方

エコノミークラス症候群はとても恐ろしい病気ですが、対策をシッカリととることで、回避できる病気でもあります。長時間のフライトの前には、必ず対処策を確認しておきましょう。

飛行機での長時間フライトはどうしても疲れは感じてしまうものです。
じっとしているだけなのに地上で過ごすよりも、疲労感が出てしまうのにはいくつかの理由があります。


まず、機内は地上よりも気圧が低く空気も乾燥していること、そして閉鎖的な空間にいることが大きな原因です。
長時間のフライトだと、湿度は10%程度まで乾燥している為、水分の摂取はとても大切です。


機内で配られる水の量はペットボトル1本程度ですが、実際に推奨される水分量は2L程度となっていて、水分の摂取を積極的に行うだけで疲労感は緩和されます。
水分を多く取りトイレに行く回数を増やす事で、体を動かす回数が多くなり体のコリもほぐれます。


リップクリームや保湿できるものを用意しておくと、快適に過ごせてストレスも少なく済み快適に過ごせるのでおすすめです。
また、クッションや毛布を腰に挟んで深く腰掛けると体の負担が緩和されて持ち込みのカバンを足置きにすると体制も楽になります。

このように機内でのちょっとした行動を気をつけるだけでいつもよりも快適に機内で過ごせるようになります。
次に長時間フライトでの注意点をご紹介します。

スポンサーリンク



飛行機の快適な旅 エコノミー症候群について

「エコノミー症候群」という言葉は聞いたことがあると思います。
これは飛行機での過ごし方でなってしまい、最悪の場合は命に関わる症状です。
そして誰でもなってしまう可能性があるものなので、ここでは注意点をご紹介します。


まずエコノミー症候群とは簡単に言うと、長時間体を動かさずにいると血流が悪くなり、血栓ができてしまい血管が詰まってしまう症状です。ではどのようにすればエコノミー症候群の予防ができるのでしょうか?


体を動かさないとなってしまう症状なので、定期的に体を動かしておけば重篤な状態にはなりません。
トイレに立つ回数を意識的に増やしたり、ふともも周りのセルフマッサージを行ったり、なにか血流を良くする行動をとればそれだけで予防につながります。

また、血栓ができて急に立ち上がった時に剥がれて血管に詰まってしまうと重篤な状態になるので、長時間寝てしまった時などは、少しずつ体を動かして血流を促進しましょう。

体を動かす事で疲れの軽減もできるので、家族での旅行がより楽しいものになりますよ。

スポンサーリンク



飛行機を快適に過ごせるグッズ

道具を使わずに長時間のフライトを快適に過ごす方法をお伝えしましたが次はより快適に過ごすことができるグッズをご紹介します。

血流を良くすれば良いと先程お伝えしましたが、ジーパンやフィットした服装だとそれだけで血流に悪影響が出る可能性があります。
とくに足回りは上半身よりも席で動かしにくいので、楽な服装に着替えるとストレスも大幅に軽減できます。
柔らかく締め付けの少ない服装にきがえるのがおすすめです。


他には機内で眠る時の必須アイテムと言って良いほどのアイテムが2つあります。
その二つは「アイマスク」「耳栓」です。
密閉感のあるアイマスクは光をシャットアウトし、フィット感の高いものを選ぶと良いです。

耳栓に関してはノイズキャンセラー機能がついたイヤホンや、耳栓をつけるだけで眠り心地に大きな違いができます。
小さい音でも意外と気になってしまって睡眠の質を下げてします事は多々あります。

体を休める時の睡眠の質をもっと良くして到着後も全力で楽しみましょう。

スポンサーリンク



さいごに

長時間フライトの快適な過ごし方と注意点をご紹介しましたがいかがでしたか?
小さいお子様でも簡単に実施できるものばかりですので、ぜひ今回の内容を参考にして、快適なフライトを楽しんでください。

フライトを快適なものにすると旅行での体力も温存できて家族旅行がもっと楽しい思い出になります。
家族皆様が快適な空の旅を楽しめるように応援しています!

スポンサーリンク



コメントを残す