無料メルマガ登録でツールプレゼント中!

熱中症予防 飲み物はスポーツドリンク?麦茶?NGなのは?


暑くなってくると心配になるのが熱中症ですよね。
涼しい室内にいられれば良いのですが、お仕事ともなるとそうはいかないもの。
水分補給をこまめにして対策している方がほとんどだと思います。


でも、ただただ単純に水分を摂ればいいと思っていませんか?
実は、熱中症予防にはふさわしい飲み物があるんですよ!もちろんNGな飲み物も。
しっかりチェックして、熱中症対策を万全にしましょうね!

熱中症の症状 初期症状は?病院受診は必要?危険なものは?

熱中症の対処法や応急処置は?症状別に違う?食事は?



熱中症予防に良い飲み物はスポーツドリンク? 飲むなら過剰な糖分に注意!

熱中症対策にもってこいの飲み物は、以外にも麦茶だったのです!スポーツドリンクよりも麦茶の方が熱中症対策になるとは意外ですね!



熱中症予防に良い飲み物として、1番に思い浮かべるのはスポーツドリンクではないでしょうか?
スポーツや肉体労働、レジャーなどで大量に汗をかく場合には、効率的に水分と失われたナトリウムを補給する必要があります。
その際には、確かにスポーツドリンクが最適です!



スポーツドリンクはナトリウム濃度が人間の血液に近いため、水分とナトリウムを迅速に補給出来ます。
糖分が多く含まれていることがありますが、ナトリウムと一緒に糖分も摂ることで腸管での水分補給を促進する利点があるんですよ!

スポーツドリンクでは、「ポカリスエット」や「アクエリアス」が有名どころでしょうか。
ネットで調べてみたところでは、アクエリアスの方がまとめ買いの料金が安かったです。






この二つの商品、値段が違う理由としては、含まれている成分の違いが大きなところです。
結論から言ってしまうと、「ポカリスエットの方が、より人間の体液に近い成分で構成されている」ため、汗をかいたあとの水分補給により適しています。

一方アクエリアスには、疲労回復や血流改善など、水分補給特化よりも、体力回復のための成分が多く含まれています。
もちろんナトリウムも多く含まれているため水分補給には適していますが、ポカリスエットの方が、より水分補給特化ということです。

味の好みなどもあるかもしれませんが、購入する際の参考にしてみてください。




さて、万能な水分補給手段のように思えるスポーツドリンクですが、弱点(デメリット)もあります。
弱点は糖分を取りすぎる可能性があることです。


スポーツドリンクは、迅速かつ適切な量の水分とナトリウムを摂取できる優れものではありますが、飲みやすくするために、かなりの量の糖分を含んでいます。
そのため、熱中症予防、熱中症対策だ!といってガバガバとスポーツドリンクを飲みまくっていると、糖分の取りすぎで他の弊害が出てきてしまいます。
その点は注意が必要です。



一応、ポカリスエットには、ただの糖分ではなく、人工甘味料を使ってカロリーを抑えた商品も出ており、こちらを摂取することで、糖分の取りすぎを抑えることができます。







もし、スポーツドリンクは糖分の取りすぎがやはり怖いなと感じる方は、ミネラルウォーターで薄めて飲むのも良いですが、おすすめなのが手作りイオンウォーターです。

水500mlに砂糖大さじ2弱(きび砂糖や甜菜糖、はちみつなどが良い)、塩小さじ1/4(精製された食塩よりも自然塩がおすすめ)、レモン汁大さじ1を混ぜるだけで作れます。
市販のスポーツドリンクより糖分が少なく体にやさしいので、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク



熱中症予防 飲み物は麦茶も良い? 実はスポーツドリンクよりも適してる!

実は熱中症は、室内にいても十分起こりえることです。

エアコンなしの部屋、湿度の高い部屋に長時間いた場合、たとえ日差しに当たらず、汗もかいていないという場合でも、熱中症になる可能性があるのです。
かなり恐ろしいですよね。



ただ、室内での熱中症が怖いからと言って、涼しい室内で汗をあまりかいていない状態では、頻繁に塩分や糖分を補給する必要はありません。
塩分の補給は大量に汗をかくときだけでいいんですよ!

あまり汗をかかないのに塩分補給をすると、塩分過多になってしまいます。



では、室内ではどのように水分補給をすればよいのでしょうか?
そんなときの水分補給には、実は麦茶がおすすめなんです。





なぜ麦茶がおすすめかというと、まず1つめにカフェインが入っていないからです。

カフェインには利尿作用があります。
水分補給をしようとしている時にカフェインを多く摂ってしまうと、体内から水分を排出してしまいます。
なので、カフェインを摂るのは熱中症には逆効果です!

2つめの理由は、麦茶にはミネラルが含まれているからです。 
その中に、汗で失われるナトリウムも入っているので熱中症予防に良いんですよ。

麦茶には他に、「体を冷やす」、「血液をサラサラにする」、「夏バテ防止」、「胃の粘膜を保護する」などの効果があります。

これらも夏にうれしい効果ですよね。夏の水分補給には麦茶が最適ですね!

スポンサーリンク



熱中症予防 飲み物でNGなものは? 少なくともお酒は絶対 NG !

熱中症予防には、NGなものももちろんあります。
糖分を多く含むもの、カフェインを含むものは熱中症対策に向きません。

コーヒーや緑茶はカフェインを多く含むので、熱中症予防として飲むのはやめましょうね。
体に良さそうな栄養ドリンクですが、こちらもカフェインを含むので避けましょう。
熱中症予防にお酒を飲む人はいませんが、アルコールを含むものもNGです。
海辺でビール!なんて最高ですが、熱中症予防にはなんの効果もないので注意しましょうね。



炭酸飲料が好きな男性は多いですよね。

コーラなどの炭酸飲料は糖分を多く含むので熱中症対策には向きませんが、炭酸自体は実は熱中症予防に効果的なんです!

水分は胃ではなく腸から吸収されます。
早く吸収を促すには胃腸への血流を良くする必要があります。

炭酸は体に入ると血管を広げて血行を良くするので、腸へスムーズに水分を運び、吸収を促すんですよ。 
味気ないですが、炭酸を飲むなら炭酸水を飲むようにしましょうね!


さいごに

その日の活動内容によって、飲むものを変えるのが熱中症予防にはおすすめです。
ですが予防をしていても、しんどくなってしまうことはあります。

その時は無理をせず涼しい場所で休むようにしてくださいね。


また、熱中症を防ぐために必要な水分と塩分を効率的に摂取できる食べ物や果物について、以下の記事で詳細を紹介しています。飲み物と合わせてご確認ください。

熱中症の予防には塩分補給?食べ物は?果物が最適?


スポンサーリンク



無料メルマガ登録でツールプレゼント中!

コメントを残す