伊丹花火大会2018の場所と開催日程!アクセス方法や穴場スポットも


2018年も伊丹花火大会の季節がやってきました。他の花火大会が終わった頃に開催されることから、夏の終わりの風物詩だといわれている伊丹花火大会。

開催場所や開催日程はご存じですか?

ここでは、伊丹花火大会2018の開催場所や開催日程、アクセス方法や地元民ならではの穴場スポットを紹介しています。

数十万人が訪れる淀川花火大会やみなとこうべ海上花火大会に比べると、こぢんまりとしている伊丹花火大会。昨年の来場者数は約65,000人。その分、より近くでストレスなく花火を楽しむことができます。

新作花火やミュージック花火などのプログラムが人気です。見どころもあわせて紹介していますので、この記事を読んで、行ったことのある方もはじめて行く方も、夏の終わりの花火を存分に楽しんでくださいね!

淀川花火大会2018のチケット情報!はじめての人も安心の徹底ガイド

猪名川花火大会2018の日程は?場所や最寄り駅などのアクセスを紹介



伊丹花火大会2018の開催場所と打ち上げ場所

伊丹花火大会の画像

伊丹花火大会2018の開催場所

  • 会場:猪名川神津大橋河川敷
  • 打ち上げ場所:猪名川神津大橋、南側河川敷周辺
  • 最寄駅:JR伊丹駅、阪急伊丹駅
  • 問い合わせ先:伊丹市まちなかにぎわい課
    072-784-8068(クリックで電話が繋がります)

猪名川河川敷は伊丹花火大会の公式鑑賞エリア。会場周辺ならどこからでも花火を楽しめます。

打ち上げ場所に近い猪名川西岸は激戦区。西岸で見たいなら早めに出かけるようにしましょう。少しだけ不便ですが、東岸はエリアが広く混雑が少ないですよ。

伊丹花火大会2018会場へのアクセス方法

伊丹花火大会会場には駐車場がありません。行くときは、公共の交通機関を利用しましょう。

どうしても車で行きたい場合は、

  • イオンモール伊丹店駐車場
  • 〒664-0847 兵庫県伊丹市藤ノ木1丁目1-1
    TEL:072-773-7300

  • タイムズ阪急伊丹駅前
  • 〒664-0851 兵庫県伊丹市中央1丁目5
    基本情報

    が利用できます。すぐに満車になる可能性があるのでご注意を。

    JR伊丹駅は午後6時頃には混雑が避けられません。午後5時頃に到着するのを目指して出かけましょう。また、帰りはそれ以上に混雑しています。阪急伊丹駅まで歩くと少しは混雑を避けられるかも。徒歩で10分程度です。

    花火大会が終わったら近くのイオンモールで食事をしたり、映画をみたりするのもひとつの手です。

    伊丹花火大会へJR大阪からのアクセス方法

    6番JR宝塚線で伊丹まで
    所要時間は20分弱
    片道240円

    伊丹花火大会へJR三宮からのアクセス方法

    JR尼崎で乗り換え⇒3番線JR宝塚線で伊丹へ
    所要時間は40分弱
    片道500円

    阪急梅田からのアクセス

    8,9番線神戸線で塚口へ(特急はとまりません)
    3番線伊丹線へ乗り換え
    所要時間は20分程度
    片道220円

    阪急神戸三宮からのアクセス

    神戸三宮から特急で西宮北口へ
    西宮北口から各駅電車で塚口へ
    3番線伊丹線へ乗り換え
    所要時間は30分程度
    片道280円。

    スポンサーリンク



    伊丹花火大会2018の開催日程と時間

    • 開催日程:2018年8月25日(土)
    • 時間:午後7時30分~午後8時30分

    当日は、少しくらいの雨なら予定通り開催されますが、はげしい雨や風、台風などの場合は残念ながら中止です。翌週に延ばしたり、別の日にあらためて開催したりということはありません。

    当日にどっちかな?と不安になったら下記へ問い合わせましょう。有料ですが、当日の開催の有無を自動音声でお知らせしてくれます。当日の午前10時から午後8時の間のみ有効です。

    【テレドーム】
    0180-99-3210(クリックで電話が繋がります)

    スポンサーリンク



    伊丹花火大会2018が見える場所とおすすめの穴場スポット

    イオンモール伊丹屋上駐車場

    イオンモール伊丹の屋上駐車場は、伊丹花火大会の会場から近いので大迫力の花火が楽しめます。食べものや飲みもの、トイレの心配がないのもいいですね。

    ただし、花火鑑賞用として開放されているわけではありません。あくまでも、安全のために車が入れないスペースを設けているだけのこと。

    レジャーシートを広げて場所取りをすることはやめましょう。マナーが悪いと、今後は開放しないということになりかねません。イオンモールに迷惑をかけないように、周りの人に迷惑にならないように、節度をもって利用しましょう。

    大阪国際空港展望デッキ

    大阪国際空港(伊丹空港)の展望デッキから見る花火と飛行機のコラボは一見の価値アリです。夜の飛行機と花火の両方、まばゆいほどの美しさを堪能できます。

    でも、最近は有名になっているので、以前ほどの穴場スポットではなくなっています。大阪国際空港で花火を鑑賞したいなら、早めに行く必要があります。早い人ではお昼頃から待っている人もいるのだとか。出来るだけ、早めに着いておきましょう。

    伊丹スカイパーク

    猪名川の東側に位置する伊丹スカイパーク。大阪国際空港で花火を見る人が増えてきたので、ツウな人はこちらの伊丹スカイパークに流れています。広々とした公園なので、子供連れでも安心。

    南エントランス(ウイングデッキ)や北エントランスの展望ブースから、花火と飛行機と夜景が一度に楽しめます。きっと、子供も大人も心が奪われちゃいますよ。

    伊丹スカイパークには駐車場が併設されています。20分100円と安いので車で花火を見に行きたい方は、伊丹スカイパークを選択肢にいれてみてはいかがでしょうか。

    つかしん屋上駐車場

    伊丹市のお隣、尼崎市猪名寺にあるショッピングモール。市は違いますが、駅でいうとひとつ隣。JRなら猪名寺、阪急なら稲野で降りて徒歩で行けます。

    人ごみはいや、花火だけを楽しみたい。という方は、今年はつかしんの屋上駐車場で鑑賞してはいかがでしょうか。

    伊丹花火大会2018の見どころは?オープニングから目が離せない!

    伊丹花火大会2018のオープニングは導火線の炎が橋を渡る!

    伊丹花火大会2018のオープニングは、導火線の炎が橋を渡って、花火に点火する予定です。ひゅーっと橋を渡る炎は、これから始まる花火への期待で胸が躍ります。

    新作花火やミュージック花火などのプログラムが楽しい!

    伊丹市のマスコット「たみまる」や人気のキャラクターが描かれた花火、音楽とコラボしたミュージック花火など、見ていてとっても楽しい!2018年はどんなキャラクターが描かれるのでしょうか。

    伊丹花火大会名物「黄金しだれ柳の重ね咲き」

    伊丹名物「黄金しだれ柳の重ね咲き」

    2018年のテーマは華色(カラー)。赤や青、黄色に緑と色とりどりの花火が夜空に映えて、夏の終わりを締め括ります。

    圧巻のフィナーレは、音楽と連動したワイドスターマイン。

    花火大会でよく聞くスターマインとは連射連発花火のこと。短い時間で大量の花火を連続して打ち上げることをスターマインといいます。そのスターマインを数カ所に並べて設置し、同時に打ち上げるのがワイドスターマインです。

    圧巻の音楽連動ワイドスターマインの迫力を、ぜひ肌で感じてください。

    まとめ

    伊丹花火大会2018の場所は把握できたでしょうか?

    オープニングから気持ちを高めてくれて、途中のミュージック花火では楽しい気分に。フィナーレでは黄金しだれ柳の重ね咲きやワイドスターマインで、圧倒的な迫力を感じさせてくれる伊丹花火大会2018。

    関西の夏を締め括る、地元に愛される花火大会です。ぜひ、訪れてみてくださいね。

    こうのす花火大会2018の開催日時と穴場スポットのご紹介


    スポンサーリンク



    コメントを残す