歴史好き必見!維新ふるさと館は鹿児島の隠れた穴場資料館だ!!


大河ドラマで最近また一躍有名になった「西郷どん」。
鹿児島に生まれ、日本で活躍した歴史上の有名な人物ですね。

明治に活躍した西郷隆盛はじめ、その他の有名な人物や明治前後の日本の様子など「明治ふるさと館」では歴史の面白い展示が数多くなされています。
もちろんドラマを見ておられた方も、歴史好きな方も、学生の方も、お年寄りの方も、どんな方でも楽しめることでしょう。

これまでは「知る人ぞ知る」といったこぢんまりした資料館でしたが、これからはドラマの影響もあり利用者が増えていくのではないかと思います。
そんな「明治ふるさと館」の魅力を存分にお伝えしたいと思います!



ドラマで話題の西郷で知られる「明治維新」

歴史好きなら一度は訪れておきたい、鹿児島県にある明治ふるさと館について詳細をご説明しています。

この「明治ふるさと館」では特に鹿児島の歴史に重きをおいています。
明治維新に置いて鹿児島、もとの薩摩は大きな役割を果たしました。その様子を見ていくことができるでしょう。

幕末の薩摩や日本の様子、さらに明治維新を支えてきた英雄たちの姿を、さまざまな形で見ることが出来ます。
西郷隆盛はじめ、大久保利通や島津斉彬、島津久光、など聞いたことのある名前をぞくぞく見つけることが出来ると思います。

スポンサーリンク



子供からお年寄りまで楽しめる!

明治というと、大正の前ですね。
日本の転機となったとも言える「明治」が好きだという方は大勢いらっしゃるでしょう。

学校の歴史の授業でも「明治」の日本の動きはよく勉強します。
私も宮崎出身で鹿児島はお隣ですので、明治維新のときの薩摩について興味深く学んだことを覚えています。

その「明治維新」にスポットライトを当てたこの施設は、歴史を学んでいるお子さんから、大正から昭和初期など、これまでの日本を見てきたお年寄りの方まで、幅広い年齢層の方が楽しめる資料館になっています。

また演出もさまざまな工夫がなされていますので、飽きることなく回り切ることができるでしょう。
実際にどんな見どころがあるかご紹介します

スポンサーリンク



明治ふるさと館のみどころ

施設は一階と地下一階に分かれており、それぞれに興味深い展示が広がっています。

特におすすめなのは一階の「世界を見ていた薩摩」エリアと「大河ドラマシアター」エリア、「体験しやったもんせ郷中教育」エリアです。

「世界を見ていた薩摩」では、薩摩から見た日本や世界の動きをひと目で見ていくことが出来ます。
聞き覚えのある歴史の転換点を、身近な視点から見ていくのはとても楽しいでしょう。

「大河ドラマシアター」は、特に大河ドラマをご覧になってきた方が楽しめるエリアでしょう。
残念ながら私は大河ドラマを見ていなかったのですが、見ていた人は、毎週とても楽しみにしていて、歴史の観点でもとても学べるところがあると言っていました。
そのドラマを見た上で、このエリアを見るなら、なお一層の理解を深めることが出来るのではないでしょうか。ぜひ足を運んでみてください!

「体験しやったもんせ」は明治の生活の中のちょっとした作業などを実際にやってみることが可能な「体験型エリア」です。
いろいろなものを眺めて、少し疲れてきた頃に、ぜひ一味違う体験型展示を覗いてみてください。
今では考えられないような面白い体験をすることが出来るでしょう。

特に学生の方は、教科書で見る道具などを実際に触ってみたりすることができるかもしれませんね。きっと楽しい思い出になるでしょう。


地下一階の「維新体感ホール」もおすすめです。
体感シアターといって、光や音、ロボットを上手く使ったドラマを楽しむことが出来ます。臨場感あふれるシアターは一度見ていて後悔はないでしょう。

明治の町並みなどが再現されていて、まさに明治を「体感」することが出来ます。
その他にも「鹿児島の人物コーナー」では、明治に薩摩で活躍したヒーローたちをまとめて見ていくことが出来ます。
人物で見ることで、歴史が繋がり、より理解を深めることができそうです!

スポンサーリンク



ここは絶対に行ってほしい「維新ふるさとショップ」

維新ふるさと館に来られた際は、絶対に「維新ふるさとショップ」にお立ち寄りください!

鹿児島の珍しいものをたくさん見ることが出来ます。
自分用にもお土産用にもぴったりです。

歴史関係の本などもたくさん揃っていますが、鹿児島のものを使って作られた日用品やアクセサリーが特におすすめです。
鹿児島県にある「屋久島」の有名な「屋久杉」を素材に使った、とても使いやすくて軽いお箸があります。
屋久杉はとても高級な素材で香りが良いことでも知られています。毎日の食卓に屋久杉のお箸を添えてみるのも楽しみになることでしょう。

鹿児島県伝統工芸品である「薩摩切子」のアクセサリーもあります。美しい見た目が特徴的です。

なんといっても、私が一押ししたいのは「火山噴出物」から作られたアクセサリーです
tephra(テフラ)というブランド名で作られています。

「鹿児島は空から宝石が降ってくる」とコンセプトに作っているそうです。
鹿児島は桜島の噴火に悩まされることもおおいですが、「こんない綺麗なものが火山灰から作れるんだ!」と新しい発見をさせられます。
灰から作られたとはいっても、見た目がとても綺麗で、毎日使いも普通に出来るシンプルなデザインですので、皆さんにおすすめしたいと思います!

スポンサーリンク



入場料などはいるの?

明治ふるさと館を楽しむには入場料が必要になります。詳細は以下のとおりです。

大人(高校生以上):300円
小人(小中学生):150円
未就学児:無料

団体料金は以下のとおりです。
大人(高校生以上):240円
小人(小中学生):120円
未就学児;無料

団体は20名からですが、団体で行く場合は事前に予約が必要となりますのでご注意くださいね。
また、入場料支払いにおいて、電子マネー及びクレジットカードでのお支払いは出来ないことになっています。必ず現金を持っていくようにしましょう。

年間パスポートもあります。料金は以下のとおりです。
大人(高校生以上):600円
小人(小中学生):300円 


身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は、ご持参いただくと入場料が免除になります。
また、鹿児島県、熊本県、福岡市、北九州市にお住まいの70歳以上の方は、入場料が免除になりますので、住所と年齢を確認できるものを受付に提示するとお得ですよ!
ぜひお友達を誘って遊びに行ってみてください。

スポンサーリンク



交通アクセスについては

明治ふるさと館は、電車で行くと鹿児島中央駅から徒歩8分の場所になります。
もし車で行きたいというかたがいらっしゃても大丈夫です!駐車場がしっかり準備されています。車だと、九州道鹿児島北ICから15分です。
鹿児島空港からだと45分と、少し距離があります。
桜島フェリーターミナルからは10分です。

もし車をお持ちでなくても、駅や港からでしたら、タクシーやバスでも十分に行ける距離ですのであまり心配はいらないかと思います。
また明治ふるさと館の周りにも、たくさん観光できる名所があります。

かごしま水族館や天文館、かの有名な「西郷隆盛銅像」も近くにありますよ!車を一台持っていけば、かなり目一杯楽しむことができそうですね!

スポンサーリンク



開催されるイベントなど

明治ふるさと館が定期的に開催しているイベントに「☆維新café☆」があります。
甲突川テラスでオープンされるカフェです。観覧後に散策できる小道です。そこでぜひコーヒを楽しんでください。
ここは「ご来犬OK」ということで、ペットと一緒に訪れることが出来ます。地元の方や近くの方は散歩コースにいかがですか?

この☆維新café☆は土日によく開催されています。時間は10:00〜16:30です。
ほかにも、時々「歴史講座」が開かれたりします。これは不定期ですので、随時公式サイトのイベント情報ページにて情報が更新されています。もし参加してみたい!というかたは事前に確認しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク



お問い合わせについて

お問い合わせ先の詳細は以下のとおりです。

【住所】鹿児島県鹿児島市加治屋町23番1号
【電話】099-239-7700
【FAX】099-239-7800

さいごに

いかがでしたでしょうか。
なかなか興味をそそられる資料館ですよね!鹿児島は観光地でもありますし、立ち寄りやすい場所だと思いいます。

旅行の際には、少しでもフラッと立ち寄ってみてください。歴史への理解を深めたり、いろんな楽しみ方が出来ると思いますよ!

スポンサーリンク



コメントを残す