グッド・ドクター第3話ネタバレ感想。夏美の担当した手術で訴訟に?


山﨑賢人さん演じる湊の実力が、徐々にチームに認められだした2話でした。

また上野樹里さん演じる夏美が、湊から影響を受け、ただ、医師としての上司からの指示を待つだけでなく、自分の患者への思いを表に出す回になっていました。

医療ドラマなので、緊迫した場面が多いですが、優しくてほっとできるこのお2人だけで話すシーンも定番のようになってきました。

どのような展開になるのか、あらすじと感想をまとめました。

この記事にはネタばれが含まれていますので、これから視聴する方はお気をつけください。

またあくまでこちらは個人的な感想です。

グッド・ドクター第1話あらすじキャスト。韓国ドラマのリメイク?

グッド・ドクター第2話あらすじ感想。湊の実力は分かってもらえる?



あらすじ(1)高山不在の小児外科


新堂湊(山﨑賢人)は病院のガイドラインを破ってしまい、問題となった新生児の手術は、高山誠司(藤木直人)が成功させたものの、高山は湊をかばい、全ての責任は自分にあるとして、謹慎処分となりました。

高山が謹慎となり不在の小児外科は大忙しです。

高山は、謹慎中も勉強をして、病院のことを常に気にかけていました。

瀬戸夏美(上野樹里)は翌週に手術を控えた石山舞(中島琴音)の説得にあたっていました。

夏美は怖がる舞に、手術を優しく解説した絵本を描いて渡し、その絵本を覗いた湊は夏美の描いた腎臓をソラマメと言い、周りの子ども達もソラマメだと騒いでいました。

スポンサーリンク



あらすじ(2)絞扼性イレウスの少女

そこへ、夏美にERから連絡が入ります。

病院に運び込まれたのは6歳の市川美結(竹野谷咲)です。

絞扼性イレウスで病院をたらい回しにされ、既に発症から4時間以上が経過していて容態は重篤でした。

すでに腸の壊死により、敗血性ショックを起こしてしまっており、さらには、誤嚥性肺炎も起こしていました。

心停止を起こしましたが、いったん夏美の処置で持ち直したところで、夏美は間宮を呼び判断をあおぎますが、間宮はこの状態では助からない、ほかの病院へまわせといいます。

夏美は目の前で苦しんでいる患者がいるのに、見過ごすことなんてできないといい、自分が執刀すると宣言します。

間宮は初執刀のお前にできるわけがない、と必死で止めますが夏美は強行します。

高山に連絡がつき、高山は今すぐに行く、それまでなんとしても持たせろと言い急いで病院へ向かいます。

夏美は最善を尽くしましたが、手術では助けることができず、高山が到着したときには、美結は亡くなっていました。

父親は夏美を美結をお前が殺した、お前を許さないと激しく責めます。

手術のために切ってしまった美結の洋服を縫って直している湊に、そんなことをするな、と高山はしかります。

その行為は自分のためだ、自分が何もできなかったことに対する償いのためだ、医者なら命を助けること以外することはない、と責める高山に、僕はそれでも美結ちゃんに洋服を届けたいです、という湊。

高山は、湊によく分かった、お前は医者としての自覚が足りない、命と向き合う資格はない手術室にはもう入るなと指示します。

高山は病院長へ報告へ行きました。

病院長は高山の謹慎を解くよう言っておくといい、高山へは術中死させてしまった夏美のサポートをお願いしました。

スポンサーリンク



あらすじ(3)夏美と湊の悲しみ

夏美は、通常通り業務に当たります。

湊は美結のために落し物を探して、勝手に部屋に入り怒られているところを、夏美は見つけます。

湊は夏美になんで普通に仕事ができるんですか?僕は悲しいです、と言います。

夏美は、医者が悲しんだところで美結ちゃんは帰ってこない、と言い泣きます。

湊は瀬戸先生は正しいことをしました、と言いますが、夏美は助けなきゃ意味がない、たった6歳、これからたくさん楽しいことがまってたのに…ご両親から奪った、と泣きます。

夏美は湊にも、ごめん、あなたにも辛い思いをさせてといって立ち去ります。

美結の両親は、執刀の経験が浅い夏美の医療ミスを疑い小児外科に出向きます。

夏美は理事長から責任の所在を問われます。

副院長は間宮課長の反対を押し切って執刀を行ったことから、病院は夏美を守れないと言われます。

高山は石山舞の執刀を、患者本人と両親の希望から夏美に指示します。

夏美は今の私の状態を知っていますよね?と言いますが、高山は美結の手術と舞の手術は関係ない、執刀ができないなら小児外科医を辞めろといいます。

スポンサーリンク



あらすじ(4)湊の思いが美結の両親に届く

湊は紙袋を持って、美結の家に行き、弁護士を通してくださいと言う父親に、何度も家のチャイムを鳴らします。

対応しない両親に対し、湊は家の外で夜から朝まで待ちました。

朝になり、見かねた母親が出て行くと、湊は荷物を渡します。

病院には、湊が美結の家に行っていた連絡が入り、間宮は訴訟相手の家に行くなんて非常識にも程がある、何を考えているんだ!と湊を怒ります。

湊は、美結ちゃんの忘れ物を届けに行っただけ、何が悪いのか分かりませんと言います。

そこへ、美結の父親が病院を訪ねてきました。

対応した夏美に、私にとってはたった1人の娘ですが、病院にとってはたくさんいる患者のうちの1人なんですよね、病院をたらいまわしにされたとき、そう感じましたと父親は言います。

父親は続けます。

「でも、新堂先生が縫って直した美結の洋服と、ラジオたいそうカードを届けてくれたんです。
このラジオたいそうカードは、早起きが苦手な娘のために、妻が作ったものです。新堂先生はこのカードをみて、ずっと大事に握り締めていたカードだといいました。
大好きなママと一緒にスイカを食べるために、美結ちゃんは約束の10個ちゃんとそろえていました。
とてもえらい子です。頑張り屋さんですとほめてくれました。妻はこのカードをみたとき、少しだけ美結が帰ってきてくれた気がしたといいました。
娘を失った傷がいえることはありませんが新堂先生の思いに、ほんの少しだけ私も妻も救われました。
また夏美に向かって
「あなたにも心のどこかで私も妻もあなたを責めるのは間違いだ、と分かっていました。でもそうすることしかできなかった。
あなたは最後まで娘と向き合ってくださった。あの日、美結にとってのお医者さんはあなただけでした。娘のために、ありがとうございました。」と頭を下げました。

スポンサーリンク



あらすじ(5)夏美による舞の手術

夏美は石山舞の執刀を、自分にさせてもらいたいと高山に言いに行きます。

高山はすでに手術予定表の執刀医に夏美の名前を入れており、助手として高山の名前がありました。

そして、夏美による手術は無事成功しました。

夏美は湊に、舞の手術が成功したことを報告します。

湊は夏美に舞ちゃんを治してくれてありがとう、と言います。
夏美は、湊こそ美結ちゃんの大切なものを直してくれてありがとうと言います。

湊は夏美にまた美結ちゃんみたいな子がきたら、同じようにしますか?怒られてもですか?と聞き、夏美はうん、と答えます。

湊は「かっこいいです!僕もはやく瀬戸先生のような先生になりたいです。子どもをみんな大人にしてあげたいです!」と言います。

湊は、胸をたたきながら空を見上げて天国のお兄ちゃんと話をします。

大好きだったんだね、と言う夏美に、湊は今でも大好きですと答えます。

湊を手術室の出入りを禁止したことをしり、夏美は高山にどうしてそんなに湊に厳しくするのか聞きます。

普通の態度ではないという夏美に、高山はお前には関係ないと答えます。

スポンサーリンク



あらすじ(6)副院長の陰謀

副院長の猪口隆之介(板尾創路)は間宮に車中で話をします。
この病院の小児外科はいずれなくなること、そして間宮に力添えをしてくれと話します。

そして何かをたくらむように、銀行へも電話をするのでした。

スポンサーリンク



さいごに

夏美の責任感やこれまでの頑張りが、無駄にならず、美結のご両親に理解してもらえて本当によかったです。




湊の存在が、夏美の意識をいい方に変えていっているのを感じます。

脇を固める方達のそれぞれのストーリーも動き出し、高山の過去、副院長の陰謀が少しずつ明かされてきました。

次回も楽しみにみたいと思います。

グッド・ドクター第1話あらすじキャスト。韓国ドラマのリメイク?

グッド・ドクター第2話あらすじ感想。湊の実力は分かってもらえる?


スポンサーリンク



コメントを残す