グッド・ドクター第7話あらすじ感想。司賀はがんに侵されていた?


湊に虐待を行っていた父親が登場しましたが、湊はそんな父親ときちんと向き合い決別し、前を向いた6話でした。

湊の特性である記憶力のよさは、悲しい記憶も過去にならず本当にいつまでも辛いのだと思うと、生きていくのは本当に大変だろうなと思います。

高山や夏美やチームのみんなと助け合って、小児外科が湊の才能をいかした生きやすい世界であってほしいと願います。

第7話はどのような展開になるのか、あらすじと感想をまとめました。

この記事にはネタばれが含まれていますので、これから視聴する方はお気をつけください。

またあくまでこちらは個人的な感想です。

グッド・ドクター第6話あらすじ感想。湊の兄の亡くなった経緯は?



あらすじ(1)湊は森下伊代の担当医に


小児外科では森下伊代(松風理咲)に対するカンファレンスが行われていました。

高山誠司(藤木直人)が、伊代の肝障がいへの対処法について質問するとレジデントの中島仁(浅香航大)は答えられません。

高山が新堂湊(山﨑賢人)に質問すると、正確に答えられたので、高山は湊を伊代の担当医に指名しました。

中島は、なんで湊ばかり…と言いますが、瀬戸夏美(上野樹里)は自分にもわからなかった対処法なので仕方がないと中島を慰めます。

ほかのレジデントも、湊をなんだかんだ頑張っているんだから、いい加減認めろよ、と言いました。

スポンサーリンク



あらすじ(2)菜々子が夏美に相談しにやってくる

倉田菜々子(福田麻由子)が小児外科で、夏美を訪ねてやってきました。

菜々子は夏美が始めて担当した患者でした。
菜々子は保育士として働いていました。

菜々子は同じ保育園で働いていて、1年ほど付き合っている保育士の馬渕健太郎(藤原季節)からプロポーズされたのですが、まだ病気のことを話せずにいました
菜々子は健太郎に高校生のときにこの小児外科で卵巣摘出手術を受けていたことを伝えるため、夏美に相談しにきたのでした。

小児外科に健太郎がやってきました。

夏美は菜々子が卵巣摘出手術を受けていること、卵巣を2つのうち1つ摘出しているので妊娠しにくくなっていること、ただし1つ残っているので妊娠はできることを説明しました。

菜々子は健太郎に、結婚のことは考え直してくれてかまわないと笑顔で伝えますが、健太郎は優しい笑顔で、気持ちは変わらないといってくれました

スポンサーリンク



あらすじ(3)司賀ががんに侵されていることが分かる

東郷美智(中村ゆり)から別れを切り出された高山は、理事長室を訪ね美智に本気か?と確認しに行きます。

美智は経営者として小児外科廃止の方針を変えることはできないこと、そのためには小児外科チームを守りたい意向の高山とは一緒にいられないと告げます。

高山もチームを必ず守ると別れを承諾しました。

美智は院長室を訪ね、司賀明(柄本明)にも今後は高齢者向け療養病院とする病院の方針を告げました。

司賀は、美智に考え直してくれるよう頭を下げますが、美智はそのときにがんセンターからの封筒がおいてあるのをみてしまいました。

美智は高山に司賀ががんでがんセンターに通っているようだと伝えました。

高山が司賀に問い詰めると、司賀はたいしたことないと答えました。

高山は、何でも言ってください、院長の力になりたいんです!と言うと、司賀はひとつだけわがままを言わせてくださいと言います。

司賀はこの病院の方針が変わり、小児外科がなくなり、自分もいなくなった後、湊のことをよろしくお願いします、と頭を下げました

スポンサーリンク



あらすじ(4)奈々子が緊急搬送されてくる

菜々子は母の良枝(山下容莉枝)に健太郎との結婚を報告しに言っていました。

そこで菜々子は激しい頭痛に見舞われて東郷記念病院に緊急搬送されました

以前から診ている夏美に担当してもらいたいと良枝が望んだため、菜々子の頭痛の原因を検査する間、湊が担当する伊代の隣に入院することになりました。

小児外科で菜々子の検査結果からカンファレンスを行います。

脳には異常はみられなかったのですが、自己免疫反応をおこして抗体が脳を攻撃して、脳炎を起こしている可能性がわかりました。

自己攻撃する原因を探るため、脳以外のどこかにウィルスや腫瘍がないか調べることになりました。

夏美が検査のため菜々子の病室へ行くと、菜々子と伊代が話をしていました。

伊代は奈々子のプロポーズの話を聞き、いいなあとうらやましがります。

菜々子は自分も病気のことがあって、私も恋愛とかできなかった、でもこんな自分でも好きになってくれる人がいた。だから伊代ちゃんも大丈夫だよ、と話しました。

夏美はこっそりと病室の前で待ってから、その話が終わってから中に入り声をかけました。

スポンサーリンク



あらすじ(5)奈々子の頭痛の原因を検査する

奈々子の検査結果から、体のどこかにある奇形腫が原因と考えられることを、奈々子と、良枝に報告します。

奇形腫がどこにあるか、これから検査をするのですが、その場所は縦隔や後腹膜、卵巣の可能性があると告げます。

もし卵巣だった場合、良性なら腫瘍部分を切除して終わりですが、悪性だった場合は全部摘出しなければいけないと伝えます。

良性か悪性かを判断できなかったため、手術をして、一部腫瘍部分を切除して病理診断しないといけないと今後の話を進める夏美と良枝。

菜々子は赤ちゃんが産めないかもしれないってこと?と泣き出し、私何にも悪いことしていないのにひどい、とさらに泣きました

菜々子は夜になってもそのまま泣き続けました。

良枝は夏美と話します。

良枝は言います。
菜々子が子供ができにくいから、将来の結婚相手に申し訳ないから結婚はしないと話していました
子供が大好きで誰より子供がほしいはずなのに、、
健太郎のような素敵な人にめぐり合えてやっと幸せをつかんだばかりなのに。
なんでなんですかね?なんであの子ばっかり。


夏美は何も言うことができませんでした。

スポンサーリンク



あらすじ(6)健太郎の複雑な気持ち

夏美のもとに、健太郎が訪ねてきます。

健太郎は、奈々子の悪いところを聞きにきたのでした。

先日、奈々子には赤ちゃんが出来ずらいと聞き、正直ショックだったと言います。

本当は健太郎はとても子供がほしいこと、こんな気持ちのまま菜々子に会うのも悪い気がしてと話します

湊と伊代はその話を偶然聞いてしまいます。

伊代は病気があるってだけで人を好きになってはいけないのかな、ただ辛いだけなのかな、と湊に話します。

翌日、夏美は菜々子に検査結果を伝えます。

菜々子は卵巣奇形腫でした。

このままにしておくと、命にもかかわることを伝え手術は絶対にしないといけない、と伝えます。

菜々子は笑って、昨日は嫌なことを言ってごめんなさいと言い、夏美にひとつお願いをしました。

その日も健太郎はお見舞いにやってきますが、やはり菜々子に会うことは出来ず、病室の前で引き返そうとしたときです。

奈々子の発作が起こり、伊代の叫び声が聞こえました。

健太郎は思わず病室へ飛込み、菜々子の手を握ります。

菜々子は処置のため、伊代と健太郎は引き離されますが、健太郎は菜々子を助けてくださいと叫ぶのでした。

スポンサーリンク



あらすじ(7)好きなのに離れ離れ…それが愛?

夜、夏美は医局に一人残っていました。

そこへ湊はやってきて、菜々子ちゃんは治るのになんで悲しそうな顔をしているのですか?と聞くと治ればそれでいいってわけではない、それで終わりじゃないの、と悲しそうに夏美は答えました。

翌日、夏美は健太郎に奈々子の残っていた卵巣に奇形腫が見つかったこと、赤ちゃんを産むのは難しいかもしれないことを伝えました。

そして、菜々子から頼まれていた言葉を伝えます。

私では健太郎さんを幸せにすることはできない。
健太郎さんはとても優しいから、自分から別れを切り出せない。だからさよならを伝えてほしい
。」
そういって、夏美は奈々子の指輪を返しました。

湊は司賀に聞きに行きます。

湊にはなんで好き同士の二人が、離れ離れにならなければいけないのか?本当はずっと一緒にいたいのにさよならを言う理由が分からないのです。

司賀は、それが愛なんだよと答えます。

司賀は、自分のことよりも相手の幸せを心から願うことができる、たとえ相手と遠く離れてしまっても愛する心、愛された心は消えることはないと話します。

湊はじっと考えます。

スポンサーリンク



あらすじ(8)奈々子の手術と、健太郎との結末

奈々子の手術の日、良枝は手を握り応援します。

そして健太郎も病院に来ていました。

腫瘍は悪性でした。卵巣は全摘出することになってしまいました。手術は無事成功しました

目が覚めた奈々子に、夏美は腫瘍は悪性で、卵巣は全摘出したことを伝えます。

そっかとつぶやいた奈々子の指には、健太郎からもらった指輪がはまっていました。

奈々子がびっくりした顔で夏美をみると、夏美は手術前から健太郎がずっといてくれた、と話しました。

健太郎が現れて、言いました。

「昨日、新堂先生が保育園に来た。奈々子を治せるのは僕だけだって。
ごめん、正直俺、奈々子との結婚のこと躊躇していた。
一番つらくて苦しいのは奈々子のはずなのに。夏美先生から聞いた。俺を幸せにしてあげることはできないって言ってるって。
それなら俺も一緒。奈々子が俺といて幸せって感じさせてあげられるかわからない。
だけど、これだけは自信を持って言える。奈々子と一緒にいる俺は、間違いなく幸せだって。
だから俺と結婚してください。

奈々子は本当に私でいいの?と聞くと、健太郎は奈々子がいいんだよ、と答えます。奈々子はありがとう、と泣きながら言いました。

スポンサーリンク



あらすじ(9)湊と中島の距離が縮まる

医局で小児外科チームのみんなで話をしていました。

実は、菜々子の卵巣を摘出する際に、卵子を採取し、凍結保存することができたのです。

菜々子は、これで体外受精で赤ちゃんを生める可能性ができたのでした

排卵直前の卵胞に気がついた湊に夏美は感謝を伝えました。湊は全部中島先生のおかげです、と答えます。

中島はずっと、生殖医療の書籍を読み漁っていました。

湊もその書籍を読んだところ、そこには悪性腫瘍患者における、卵子凍結保存の症例が書かれていました。

だから、気がつくことができたとお礼を言う湊に、中島は別に俺は…と言います。

湊はこぶしを出し、中島もこぶしを合わせました。

夏美と湊は2人でご飯を食べに行きます。

湊は言います。

「不思議です。僕はおにぎりが好きですが、胸がぎゅっとはなりません。瀬戸先生もぎゅっとなりますか?」

夏美が、そりゃ私もね、と答えると、湊は笑顔でそのときは僕が絶対直します!といいました。

スポンサーリンク



さいごに

湊を認めたくない中島と湊の距離がようやく縮まった回でした。湊のすごさを認めてはいても、素直になれなかった中島の悔しさ、気持ちは少しだけわかります。

そして、健太郎が奈々子に送った言葉が、とってもとっても素敵でした。

幸せにします、ではなく自分が幸せだから一緒にいて、の方がうれしいですね。奈々子ちゃんよかった!

次回も楽しみに待ちたいと思います。

グッド・ドクター第8話あらすじ感想。湊の力で間宮も活躍する?


スポンサーリンク



コメントを残す