パフェちっく!第8話ネタバレ感想。大也とつきあう風呼が壱とキス?


壱が自分よりも伊織さんのことが好きだと思い込んでいる風呼が、大也と付き合うことになった第7話でした。

壱への気持ちが残っているうちに大也と付き合ってしまって、風呼も大也も大丈夫なんでしょうか?はじめは大也もうれしくても、ほころびが出てくる気がしてならないです。

第8話はどのような展開になるのか、あらすじと感想をまとめました。

この記事にはネタばれが含まれていますので、これから視聴する方はお気をつけください。

またあくまでこちらは個人的な感想です。

パフェちっく!第7話ネタバレ感想。風呼は壱と大也どちらを選ぶ?



あらすじ(1)大也とつきあうことになった風呼だが、壱が気になる


風呼(髙橋ひかる)と大也(中尾暢樹)が二人でいるところをみてしまった壱(林裕一朗)は声をかけることもできず、一人先に家に帰りました。

戻ってきた大也に、遅かったなと壱は声をかけます。

大也は、風呼に付き合おうと言ったことを報告します

大也と風呼は一緒に登校します。

大也は、風呼にこれからバイトしたいからあんまり会えなくなると伝えます。

「風ちゃんといろいろ行きたいしさ、映画とか、遊園地とか。ゆくゆくは泊まりで旅行も。」

と大也に言われ、風呼はえ!と声を上げます。

大也は自身の母親が財産目当てで結婚したことで愛とか好きという気持ちが分からなくなっていましたが、風呼と出会って変わったのです。

風呼のことは大切にしたいと言って、大也は風呼の手を握ります。

風呼は複雑な表情で大也を見つめました。

そのとき、近くを壱が通りかかります。

壱を見た風呼はあわてて大也の手を振りほどきました。

スポンサーリンク



あらすじ(2)壱と風呼が事故のようなキス

学校につき、ホームルームが始まり、風呼は気まずい顔で壱をチラ見します。

先生は壱が生徒会に立候補したと発表しました。

そこでクラスで壱の選挙活動の準備を手伝うことになりました。

壱がスマホをみてサボっているようにみえた風呼は「自分のことなんだからサボらないでもらえます?」と軽く声をかけます。

壱は「フォントをみてるんだよ、明朝体のほうがまじめさアピールできるだろ?」と答えます。

風呼と壱は「へえ~さすが策略家ですね」「お前、策略家って漢字かけるのかよ?」「書けるし」

とやりあい、風呼が壱のスマホを取り上げようとしたとき、壱は後ろに倒れてしまいます。

そして、風呼は上にかぶさるようにして転んでしまい、偶然にも2人はキスをしてしまいました

2人は固まり、風呼は「あー!!」と言って教室から飛び出しました。

スポンサーリンク



あらすじ(3)風呼は大也に壱とキスしてしまったことを言う

夜、風呼はバイトしている大也に差し入れを持っていく途中、壱と会いました。

壱から、へえいい彼女じゃんと言われ、風呼は私頑張らないと、と答えます。

風呼は壱とキスしてしまったことを気にしていました。

あんなのありえない、と言う風呼に、壱はあんなのキスじゃないと言います。

決めた、私大也に言う、ちゃんと言うと風呼は決心しました。

大也はバイトから帰ると、壱に風ちゃんから聞いたと言います。

お前的にはたいしたことじゃなくても、俺には言ってほしかったという大也。

壱は言ったところでどうなんだよ、と答えます。

大也は、なんだよ、言ってくれたら俺応援するぜ、と言います。

壱がは?何言ってるの?と聞くと、生徒会に立候補したんじゃねえの?と大也は答えました。

風呼はその日、キスのことを言えていなかったのに、壱から先に大也は聞いてしまったのでした。

翌日、風呼は学校で大也に壱と偶然キスしてしまったことを伝えました。

本当にごめんね、という風呼に大也はいいよ、そんなの事故じゃん、気持ちがなかったら方がぶつかった位のことだから、と答えます。

ただ、気持ちがなかったら、だけど。と大也はいいます。

何ですぐ言えなかったの?相手が壱だからじゃないの?まだ壱が消えてないのかな…

と悲しそうに大也はいい、風呼は何も答えることができませんでした。

スポンサーリンク



あらすじ(4)風呼は大也のためにニットの帽子をあむ

涙をぬぐい、風呼がダンス部へ行くと、秋桜(川添 野愛)が毛糸でマフラーを作っていました。

絶対誰にも言わないでよ、とあわてふためく秋桜に、風呼は何でですか?と聞きます。

だって、アイツどこから出てくるかわかんないし…とぶつぶつつぶやく秋桜に、風呼はクリスマスパーティーの秋桜と磯部(兼次要那)のことを思い出し、いそっちさん!と声を上げます。

秋桜は毛糸を落とすほど動揺して、何で私が!ありえないでしょ!と言います。

風呼は私も作ってみようかな…と秋桜に教えてもらい、大也のために帽子を作ることにしました。

大也がバイトを頑張る姿を遠くでみて、声をかけることもできず、風呼は帽子を作ります。

スポンサーリンク



あらすじ(5)大也がバイト中に事故にあう

そんな時、大也はバイト中、スリップしたトラックに突っ込まれ事故にあいます。

大也は奇跡的に無傷でしたが、壱から連絡をもらい、あわてて駆けつけた風呼に、大也は同情だったらいい、こんな時間だし…と言います。

風呼は、馬鹿!同情なんかじゃない、と言って作った帽子を投げつけ、ちゃんとみろ!と言います。


「壱と口があたって、大也のこと傷つけた。
でもずっと考えてたのは大也のことだよ。それを編んでるときもずっと大也のこと考えてた。

風呼がそういうと、大也は俺も同じ、と答えます。

大也は風呼に初めての給料で買おうと思ってたと、櫛と子ども、雪のチャームがついたアクセサリーを手渡します。

櫛と子どもは風呼が好きだから、そして、雪は2人の一番大事な思い出と言う大也。

大也は「俺も同じ。バイトしている間、ずっと風ちゃんのこと考えてた」と言いました。

風呼はうれしそうに笑い、「それ一番聞きたかったやつだ、風ちゃんって」と言います。

大也が風ちゃんというと、風呼は何度も何度ももう一回といい、大也は風ちゃんと言いながら風呼を抱きしめました

スポンサーリンク



あらすじ(6)壱が風呼に告白する

翌日、壱は無事、生徒会長に当選しました。

書記に当選した影近が壱を狙っていて、壱のファンが気が気でないと噂になっていました。

影近はなぜか風呼を意識し、風呼の前の日の髪型をまねていると聞き、風呼は影近に声をかけます。

影近は、壱好みの女の子になりたくて、まねしてすいません、と言います。

風呼が壱好みって?と言うと、影近はやっぱり気付いていなかったんですね会長の気持ち、と言いました。

風呼は影近に言われたことを、考えながら帰っていました。

そんな風呼に壱が待ち伏せをしていました。

「影近は暴走している、俺はそんなこと一言もいってないのに。」と言われ、風呼はほっとして、「そうなんだ、いるよね、思い込んじゃう人って。」と答えます。

壱は、けど痛いとこつく、と言います。

壱は「俺やっぱお前のこと…」と告白しようとしたとき、風呼は「ちょっと待って!伊織さんは?」と聞きます。

大晦日にやっとけじめをつけた、と言う壱に、風呼はそんなこと言われてもいまさら…と戸惑います。

壱と風呼が近くで見つめ合っているところに、大也が通りかかります。

大也は「おい!なにやってんだ!」と走って壱のことを殴ります。

もっと責めようとした大也に、風呼は「やめて殴らないで」ととめました。

大也が一人家に帰ると、大也の携帯に母親から電話がかかってきました。

風呼が家に帰り、大也からもらったアクセサリーをみると雪のチャームがなくなっていました。

スポンサーリンク



あらすじ(7)大也が傷つき、風呼のことを避ける

翌日、大也の姿を見つけた風呼は駆け寄りおはようと声をかけます。

答えない大也に風呼は腕をつかみます。

大也は、風呼のことをみることなく「ごめん、今風ちゃんと一緒にいると、自分をすげー嫌いになる」と言い、一人で歩き出しました。

風呼は大也とのこれまでを思い出します。

大也をなくしたくない風呼は、大也のもとへ駆け出しました。

スポンサーリンク



さいごに

やっぱり大也が傷つく展開になってしまいましたね…

壱も風呼もちょっとひどすぎる。今回は大也がかわいそうでした。

それとは別に、女性ファンを意識したのか?今回は壱のお風呂上りのシーンがあり、若さがまぶしかったです。

次回も楽しみに待ちたいと思います。

スポンサーリンク



コメントを残す