子持ち主婦必見!インフルエンザ同型に2 回かかる事ってあるの?


寒い季節になると流行るもの。
その代表的なものがインフルエンザです。

インフルエンザに1回かかったら、同シーズンはもう同型にかからないと思っている人、結構多いみたいですね。

実は、場合によっては複数回インフルエンザ同型にかかることってあり得るのです。

今回はこの点を中心に、インフルエンザについての素朴な疑問を紹介していきます。


なぜインフルエンザ同型に2 回かかるの?


なぜインフルエンザに同シーズン2 回かかる事があるのか?それはインフルエンザ・ウィルスの「変異」が関係しています。

ウィルスの「変異」とは、簡単に言うと「兄弟」を作るという事で、同シーズンにたくさんの兄弟を作った場合、複数回の感染の可能性が増します。

ちなみに一番2 回かかりやすいのは、「a型」なのですが、これは、その「変異」が一番多いためです。

インフルエンザウィルスは、細胞に一つ感染すると、約8時間後にはその100倍、24時間で100万倍にまで増えます。

この増殖スピードがあまりにも速いため、変異スピードも早くなり、変異したウィルスには免疫機能が追いつかず、もう一度同型に感染してしまう事があるのです。

スポンサーリンク



一番恐ろしいインフルエンザa型の初期症状とは?

人に感染するインフルエンザの種類には、「a型、b型、c型」の3種があります。

「c型」の症状は風邪によく似ていて、一度感染すると免疫効果がほぼ一生続くので、それ程脅威ではありません。

注意すべきは「a型」と「b型」です!
特に「a型」は「b型」よりも感染力が強く、症状もひどくなりやすいため、最も恐ろしいと言えます。

「a型」の初期症状には、
・激しい寒気・悪寒・高熱(38度以上)・関節痛・食欲不振・咳・くしゃみ・鼻水・体のだるさ等があります。

ウィルスの力が最も強い「a型」は、免疫力が低い高齢者や子どもには辛いもので、特に子どもは異常行動・意識障害が伴う「インフルエンザ脳症」まで重症になる場合もあるのです!

スポンサーリンク



インフルエンザ a型でも熱が出ない場合がある?

インフルエンザ「a型」による悪寒があっても、38度まで熱が出ないケースがあります。

これは、事前にワクチン接種をしていると、発熱のピーク時の体温が一度ぐらい低くなる事があるためです。

また、高齢者は体温調節機能が低いため高熱にならなかったり、ステロイドなどの抗炎症薬を使っている人も熱が出ないことがあります。

ですから、いくら熱が上がらないからと言って、油断するのは危険です。
家族の感染や、関節痛などの全身症状などの疑う状態がある場合は、受診するべきです。

スポンサーリンク



インフルエンザ b 型に感染するとどうなるの?

インフルエンザ 「b 型」に感染すると、「a型」の時と同様に熱が出るケースと出ないケースに分かれます。

また、初期症状は呼吸器系と消化器系によく現れます。

特に、盲腸炎やノロウィルス感染症のような急性胃腸炎が見られる事があり、インフルエンザかどうかの判別が難しいと言われています。

ただ、「a型」よりも症状が軽く、一度かかると免疫ができるため、2度目はかかりにくいという特徴があります。

しかしこの「b 型」も定期的な変異があるため、数年後の感染は無いとは言えません。

「a型」「b 型」の型の違いから、それぞれに感染するケースは最も多く、同型2 回ではないにしろ、やはり注意が必要です。


スポンサーリンク



さいごに

1回感染するだけでも辛いのに、同じシーズンに2 回かかる事があるなんて!

インフルエンザって本当に恐ろしくて嫌なものですね。

こうならないためにも、シーズンが到来する前から、手洗いうがいの習慣は身につけておくべきでしょう。

そして、「1度かかったのだから、もうこのシーズンはOK!」なんて自己診断はしないで、常に予防に徹しながら生活しましょう。

ちょっとでも体の調子がおかしいと思ったら、すぐに医療機関で診察を受けて下さい!

以上、「子持ち主婦必見!インフルエンザ同型に2 回かかる事ってあるの?」でした!

スポンサーリンク



コメントを残す