アトピー 改善への道!食事、温泉、石鹸の効果を紹介!


アトピーの原因には様々なものがあり、その対策法も多種多様世の中で提案されています。

アトピーのせいで、学校や職場、家庭の中などで、色々と支障やストレスが発生することがあります。

このサイトでは、巷でアトピーに良いと言われている「食事」「温泉」「石鹸」に的を絞って紹介していきたいと思います。



アトピー が改善される食事とは?

✫アトピーによい食品
魚、海藻、野菜(無農薬)、ヨーグルト、ぬか漬け、リンゴetc

現代人には、偏った食事を続けている人が多くいます。

このような食事を続けていると、アトピーになる可能性があり、さらにアトピーがますます悪化していく危険性もあります。

特に、「リノール酸」が多く含まれている植物性油を摂り過ぎないことが大切です。

オリーブオイル」のような、リノール酸が少ない油は体に優しいので、アトピーの方は食事の時にこの種の油を選ぶように心がけましょう。

アトピーの原因の1つとして、免疫低下が挙げられますが、これを改善することが期待できるのが、魚や野菜、ヨーグルト、ぬか漬けなどです。

これらは、善玉菌を増やして腸内の環境を整えてくれます。つまり、アトピーに良い食事とは、腸内環境を整え免疫低下を改善できるものというわけです。

ここで一つ、クックパッドで見つけたアトピー改善に向いたメニューを紹介します。

🥕アトピー治療にも 簡単 健康スープ
材料 (4人分)・ニンニク 生姜(細切り お好みで)・コンソメの素(ひとかけら)・塩(ひとつまみ)・玉ねぎか長ネギ(1個)
        キャベツ(半玉)・人参(1〜2本)・豆の缶詰(半缶)・すりごま(適量)
1.鍋に火をかけ全ての具材を投入じっくりことこと。  
2.野菜が柔らかくなったら仕上げにゴマ油と味噌を入れ完成です!

とっても簡単なので、ぜひお試しください!

スポンサーリンク



アトピーに温泉の効果はあるの?

温泉治療はアトピーを治すというものではなく、補助的なものだと認識しましょう。

アトピーに「温泉治療」がすすめられる理由は、温泉効果でお肌や体質を変えるということが第一目的であり、それがアトピーを治すことにもつながるからなのです。

温泉治療を受ける人の体調や生活環境によって、各人に合う温泉成分はそれぞれ異なります。ですから、自分にあった温泉成分を見つけることが大切です。

❆アトピー性皮膚炎の温泉治療に使われる泉質の種類はこの8つ!
単純温泉、炭酸水素泉、塩化物泉、硫酸塩泉、含鉄泉、硫黄泉、酸性泉、放射能泉(ラドン泉・ラジウム泉)

上記8つの泉質がすべて良いというわけではないので、実際に温泉に入って確かめ、自分に一番合う温泉を見つけましょう。

❆アトピーに効く泉質は何か?
単純温泉や弱塩泉など、肌が弱い方でも比較的入りやすい泉質の温泉がアトピーに良いと言われています。ぬるま湯であるとなお効果的です。


スポンサーリンク



アトピーの人向けの石鹸があるの?

✱アトピー改善に向いている石鹸とは?

様々な石鹸について、メリットとデメリットがあるのは事実です。

ここでは、特に弱酸性洗浄剤のメリットとデメリットについて説明します。

✴︎弱酸性支持派が多数を占めている!

なぜ弱酸性の洗浄剤が良いという意見が目立つのか?それは、皮膚そのものが弱酸性だからです。

✴︎弱酸性石鹸やシャンプーのメリット

弱酸性の洗浄剤は、弱酸性として作られ、かつ、洗浄力があまり強くないので、「皮膚表面のpHがアルカリ性に傾かせる」「皮膚から保湿成分や皮脂が多く除去してしまう」
というアルカリ性洗浄剤の持つデメリットをクリアすることができます。

メリットその1. 皮膚表面のpHに大きな変化を与えることがない。

メリットその2. 保湿成分や皮脂などを落としすぎることがない。

✴︎弱酸性石鹸やシャンプーのデメリット

弱酸性洗浄剤の弱点は、洗浄力の弱さにあります。

この洗浄力の弱さが、汚れを落とし切ることができないため、かゆみをひどくさせる可能性があるのです。

かゆみには細菌が影響しているという意見もあります。


スポンサーリンク



さいごに

いかがでしたか?

アトピーが改善するかしないかの違いは、改善策をやるかやらないかです。

つまり、アトピー改善は行動あるのみなのです。

実際、アトピーが改善した人は世の中にたくさんいます。

そして、その人たちは改善後、自分の人生を大いに楽しんでいます。

たった1度きりの人生!

行動しないまま後悔するより、まずは実践してみてはいかがでしょう。

私は、やってみてダメでも後悔はしません!

以上!「アトピー 改善への道!食事、温泉、石鹸の効果を紹介!」でした!

スポンサーリンク



コメントを残す