七五三のお参りの時間は?お参りやお祝いの方法と写真代の相場


七五三は子供が三歳、五歳、七歳になった年に、11月15日に神社へ七五三詣でに行き、神様に成長のご報告と感謝を、そして健康を祈願する行事です。
ただ、現在はきっちり11月15日ではなく、両親の都合のよい、10月11月の天気のよい休日に行われることが多いです。

親として体験するまで、意外と知らない七五三の行事。
お祝いの年は数え年なのか満年齢なのか、何時くらいに参拝に行けばいいのか、服装はどうすればいいのかなど、お参りの作法と、お祝いの仕方、記念写真の写真代の相場などを紹介します。



七五三で親は着物を着る?お参りの時間や方法


七五三ですが、数えの年齢でするのか満年齢で行うのかは、決まっているわけではありませんので、ご家庭の都合やお子さんの様子で決めてしまって問題ありません。
昔は生まれた年を一歳として計算する数え年で七五三を行うことが一般的でしたが、今は数えで三歳だと、実際まだ二歳で着物もちゃんと着られない、じっとするのが難しい、写真を取る間パパやママと離れるのを嫌がるなどの理由で満三歳で行われることが多いです。
お参りに行く服装は正装であれば両親も子供も和装でも洋装でもどちらでもかまいません。
ただ、実際に神社に行った感想では、お子さんは着物、両親はスーツやきちんとしたワンピースなどの洋装、を着ている方が多かったように思います。
でも、お子さんとママさんが着物を着ているご家族ももちろんいらっしゃって、やはりなんというか、ちゃんとしているという印象をうけました。

お参りは正装であれば問題ないので、あとはご家族の都合と気持ちで決めるもののようです。
お参りの時間も特に決まりはありません。神社が指定している時間に行けばOKです。
午前中は、朝の神社はもっとも清浄な気や、太陽が登り陽の気が満たされているため、良い気をもらえるというメリットがあります。
午後は、少しすいてきている時間ですので、正装して普段より疲れやすいお子さんを長時間待たせることなくご祈願できます。
こちらもご家族の都合やお子さんの様子で決めればよいです。
お参りの方法ですが、神社によって異なります。私が参拝した神社は、予約は不要で、指定された時間に行けば順番にご祈祷してもらえました。
七五三の時期はとても混み合いますので、事前予約が可能なのか不要なのかは、早めに神社に問い合わせたほうがよいです。

当日は初穂料を持って、神社へ参拝に行きましょう。
初穂料は5000円~1万円が相場ですが、神社で決められていることもありますので、事前に聞いておくと安心です。
熨斗袋に入れるか、そのまま収めるかも、神社によって異なります。
熨斗袋に入れるのであれば、紅白の水引が超結びになっているものを選び、表書きに子供の名前を書きましょう。
そして中袋に、金額と住所、世帯主名を記載して熨斗袋に入れ、神社の受付や社務所などで渡し、ご祈祷をしてもらいます。

スポンサーリンク



予定していた七五三のお参り、雨なら延期する?

せっかくの晴れ着を着ての七五三、雨だったら、もし可能なら延期したいですね。
ただ、雨だからやってはいけないということはありません。
ご家族の事情でその日しか都合がつかない、すでに写真館を予約済みで、ほかの日へ変更できないなどなら雨で決行しても問題ありません。
ご両親が雨で残念がっていたり不機嫌になってしまったら、その印象が思い出として残ってしまいます。
がっかりしてしまう気持ちはわかりますが、だめなわけでも縁起が悪いわけでもありません。
長靴で行く、レインコートを用意するなど雨対策をしっかりして、気持ちを切り替え、明るく笑顔で成長のお祝いと健康のご祈願にいきましょう!

スポンサーリンク



七五三は祖父母を呼んでお祝いする?食事会の予算や場所

七五三の参拝と写真撮影がすむと、そのままお祝いの会食へ行かれる方も多いです。
祖父母からお祝いをいただいた場合に、お礼の会食として両親がセッティングし、神社か自宅近くの割烹料理屋かホテル、個室のある少し高級なレストランで行われることが多いようです。
割烹料理屋やホテルですと、七五三プランのようなものが用意されていることもありますので、予約をする際に確認しておくとスムーズです。

予算ですが、割烹料理屋やホテルの七五三プランだと3000円~1万円が多いです。
いろいろと出費が多く大変かと思いますが、子供の成長と健康のお祝いの席です。お祝い事にはケチらず、お金で買えない思い出をご家族で作りましょう。

スポンサーリンク



七五三の写真代の相場は?

七五三の写真代ですが、当たり前ですが人によって大きく違います。
私も友人に聞きましたが、5、6万というのが一番多く、中には10万円コースという人もいました。
大手フォトスタジオのスタジオアリスやスタジオマリオは、撮影料3,000円プラス商品代(アルバムや台紙、データなど)というような価格設定でした。
気になる商品代は、セットのプランで大体30,000円~10万円ほどでした。
ご家族の事情やお気持ちで決めればよいのですが、私としてはここは安く済ませたいと思い、県民共済で写真撮影をお願いしました。
プロのカメラマンによる撮影で、写真とデータを数枚購入して2万円ほどだったと思います。できあがりは大満足でした。
着付けやメイクもしてもらえましたが、衣装は持込のみでしたので、別途衣装代はかかりました。
ただ、7歳のときは別のところで考えてみようかなと思っています。

出張の撮影サービスや個人の写真館など、今はいろいろなところで撮影をお願いできますので、ご両親のお気持ちと事情にあった写真撮影を行いましょう!

スポンサーリンク



さいごに

調べてみると、七五三は家族の事情や気持ちに大きく左右される行事ということがよく分かりました。
ただ、自身の七五三の記憶や写真について思えば、何回も見返したことはないし、記憶もそこまでありません。
子供の行事は全てのおいてそうだと思いますが、親の気持ちのため、言ってしまえば老後の楽しみの一つなのかもなと思います。
やらないと子供がかわいそうだからとか、着物を着せたら喜ぶだろうからとかというより、自分たち親がやってあげたい、やりたい、という気持ちで、決めることが多いですが後悔しないよう、日本の伝統行事も楽しみましょう!

スポンサーリンク



コメントを残す