バレインタインデーにぴったりのチョコレシピは?簡単おいしいレシピ


バレンタインデーといえば、昔は積極的な女の子が気になる男の子にチョコレートを渡すイベントでしたが、今となっては好きな人に渡すというより、お友達同士で美味しいチョコを配りあって楽しむイベントになりましね。

本当に好きな人へは少し高級なチョコレートを、お友達に大量に配るのには手作りして節約している子どもも多いようです。
子どもはまだまだ小さいから私には無縁だわと思っていても、手作りが得意なママさんからもらってしまうこともありますし、念のため簡単にできるチョコレートレシピを知識としてストックしておいたほうがよさそうです。
バレンタインデーにぴったりな、安くて簡単にできるチョコレートスイーツのレシピと、王道のガトーショコラの作り方を調べてみましたのでご紹介いたします。



バレンタインデーに作りたいチョコスイーツのレシピ


まずは、バレンタインデーに友チョコとして大量に配るのにぴったりな、安くて簡単にできるチョコスイーツをご紹介いたします。
1つ目は、材料がたったの3つで簡単にできるチョコパイです。
用意するものは冷凍パイシートと、板チョコ、それに卵です。
食べやすいサイズにパイシートを切ります。
板チョコをちょうどよいサイズに割って、パイシートの上に乗せ、同じ大きさのパイシートを重ねて蓋をして、端をフォークなどで開かないようにぎゅっと押さえます。
卵を溶いて、作ったパイの表面に塗って、180度のオーブンで20分ほど焼けば出来上がりです。
とっても簡単なのに、チョコパイってリッチなお菓子に感じますよね

そして、加熱しているので手作りを否定派の方にも受け入れられやすいようです。
溶かして丸めるだけといったチョコスイーツは、衛生面大丈夫なの?と心配される方もいるようですので、手作り品をプレゼントするときはこういった過熱してあるものの方が無難ですよ。

続いてご紹介するのは、チョコバナナマフィンです。
こちらも超簡単で、ホットケーキミックスを使います。
用意するのは、ホットケーキミックス75g(大体150gで販売されているので、半分量)、バナナ1本、板チョコ1枚、バター30g(代わりにサラダ油やオリーブオイルでもOK)、卵1個、牛乳少々です。
チョコとバターをボウルに入れてレンジで様子をみながら1分ほど溶かして、そこに薄く切ったバナナ(フォークでつぶしてもよい)、卵1個を入れて混ぜます。
ホットケーキミックス半量を入れてよく混ぜます。ちょっと生地がかたいかな?と思ったら大さじ1くらい牛乳を入れます。
あとは、100円均一ショップで売っている、紙のマフィン型に入れて、170度のオーブンで20分ほど焼けば出来上がりです。
こちらもほとんど材料を測らずに作れますので、ボウル1つで混ぜるだけなので、やってみると本当に簡単です。
チョコパイのときにも言ったように、加熱していますので、手作りでも渡しやすいスイーツです。

スポンサーリンク



ガトーショコラをバレンタインに贈ろう

ガトーショコラはチョコスイーツとしては少し難しいと思ってしまうスイーツです。
でもでも、実は材料たったの2つでガトーショコラを焼けてしまうんです。
板チョコ2~3枚(100~150g) (※製菓用のチョコレートでもOK)と卵3個だけです。
卵を卵黄と卵白にわけ、チョコレートを溶かして卵黄のみを加えてよく混ぜます。
卵白はメレンゲになるまでふわふわにかたくなるまで混ぜて、先ほどのチョコレート+卵黄のボウルに入れてさっくり混ぜます。
生地ができたら、炊飯器に入れて、スイッチオンです。
焼きあがったら、そのままでも美味しいですが、粉糖やココアパウダーなどを上からふると、少し手が込んで見えます。
こんなに単純なのに、チョコレートそのままの味のケーキでちょっとびっくりの美味しさですよ。
ぜひ試していただきたいです。

スポンサーリンク



さいごに

バレンタインにぴったりな手作りチョコレートスイーツをご紹介いたしました。
どれもとっても簡単ですので、全て家で一度作ってみて、一番美味しいと思ったものをプレゼントしてみてはいかがでしょうか?
バレンタインがお家でのお菓子作りのきっかけになればいいなと思います。

スポンサーリンク



コメントを残す