小学校の卒業式の女の子の服装は?定番から袴まで!


3月は卒業のシーズンですね。
卒業式は子供の成長を目の当たりにする貴重な機会。
いつもと違う大人びた表情が見られるかもしれませんね。

でも、小学校の卒業式って何を着せたらいいの?
とお困りではありませんか?

そんなあなたに小学校の卒業式で見られる服装をご紹介します。



小学校の卒業式の女の子の服装は?

「式」の中でも卒業式は入学式よりもフォーマル度が高く、
礼装に近いスタイルが良い
ようです。

親が気合いを入れすぎて、他の子から浮いてしまったり
悪目立ちしてしまっては悲しいですよね?

そうならない為にも、その学校ではいつもどんな感じの服装の子どもが多いのか、
卒業生の親御さんに尋ねたり、同級生の親御さんと相談し合ったりするなど
情報収集をすることをおすすめします。


一般的には、小学校の卒業式の女の子の服装としては、
ワンピースやジャケットにスカート、パンツスーツが多い
ようです。

中学校の制服を着て出席することもあるようですが、少数派です。
ですが、地域によっては中学校の制服での出席が定番として
根付いているところもあるようです。

逆に、私立中学校の制服などは、落ちてしまった生徒に配慮して
禁止されていることもあります。

中学校の制服での卒業式出席は、
一度通っている小学校に問い合わせてみた方が良いでしょう。


また、近年では袴での出席も増えています。

制服のある小学校では、原則として制服での出席になるのでご注意ください。

スポンサーリンク



小学校の卒業式の服装の定番といえばこれ!

小学校の卒業式の服装の定番は、ワンピース、ジャケットにスカート、パンツスーツです。

ワンピースはオーソドックスできちんとして見え、
トップスとボトムスの組み合わせに苦労しなくていいという点で人気があります。

ジャケットやカーディガン、ボレロなどと合わせることもでき、
自分らしい着こなしをすることができます。

デザインによっては、卒業後も私服として活用できたり、
フォーマルウェアとして活用できたり
します。

ツーピースのものと比べるとお辞儀をした時に裾が上がりやすいので、
下着が見えることのないように気を付ける必要があります。

ジャケットにスカートは最もオーソドックスなスタイルで、
個性も出せる組み合わせとして人気があります。

しかし、一時期爆発的に人気があった、ジャケットにチェックスカートを
組み合わせたスタイルは某アイドルのようだと言われ、ここ数年は敬遠されがち
です。

ですが、本来なら年齢にふさわしい誰もが好むとても清楚なスタイルですし、
合わせるスカートを替えることによって、
また違った雰囲気にすることができるのでおすすめです。


最近ではパンツスーツでの出席も珍しくありません。
普段からスカートを履かない子に人気のあるスタイルです。
よほどのショート丈でない限り、卒業式にもふさわしい服装として認められています。

ロング丈のパンツの場合、裾上げを早い時期にしてしまうと、
身長が伸び、寸足らずになってしまう可能性があるので注意
が必要です。

上記の服装であれば、どの小学校でもよく見られる定番のスタイルですので、
浮いたり悪目立ちしたりする恐れはないでしょう。

スポンサーリンク



小学校の卒業式に袴はあり?

袴で卒業式に出席しているのを見たことがある方はいませんか?

近年では小学校の卒業式に袴で出席する生徒が増えているようです。
小学校の卒業式で袴!?と驚かれた方も多いのではないでしょうか。

雑誌などで特集されたり、ジュニア向けの商品が増えたことで、
袴での卒業式出席が増えました。
和の凛々しさや華やかさがあり素敵なので、お子さんも着たがるかもしれません。
しかし、袴を着せる際には注意が必要です。

注意点としては、
服や髪の着付けや予約の時間が登校時間に余裕を持って間に合うのか、
着崩れた時に自分で対処できるのか、トイレへは行けるのか、
長時間着ていても気分が悪くなったりしないか、

などが挙げられます。

和服を着慣れていないお子さまが多いと思うので、
注意をしていてもトラブルが起こってしまう可能性は高い
です。

また、小学校で袴での卒業式出席を禁止されている場合もあります。
華美競争を招いてしまったり、着慣れない和服に
トラブルが起こってしまうことが原因のようです。

袴を着せる際には、小学校への確認をした上で、
和服のトラブルに対処できるようにお子さまにもよく言い聞かせる必要があります。


まとめ

一生で一度の小学校の卒業式なので、良い思い出として残してあげたいですよね。
服装は思い出を担う一端です。

お子さまと相談しながら、TPOに合った素敵な一着を着せてあげてくださいね。

スポンサーリンク



コメントを残す