小学校の卒業式に参列する母親の服装は?スーツが一般的?着物は?


この春卒業を迎えるお子さまがいらっしゃるお母様方、おめでとうございます!
お子さまの服装ももちろんですが、自分は何を着たら良いのだろうかと悩んでいませんか?

ここでは小学校の卒業式に参列するお母さんの服装をご紹介します。
いくつかのマナーと一緒に見ていきましょう!



卒業式に参列する母親の服装のマナーは?

卒業式は入学式と比べると厳粛な式典とされていて、
一昔前までは卒業式はブラックフォーマルでの参列が定番でした。

最近はそうでもないようですが、セミフォーマルが基本の参列スタイルです。

母親の服装については地域差があり、
ブラックフォーマルが常識というところもあれば、わりと自由なところもあります。

先輩ママに聞いたり、周囲のお母さんたちと相談して
地域の特性に従うのがよい
でしょう。

子どもたちが主役ですので、母親は目立ちすぎないよう、
地味すぎず派手すぎず上品な装いにすることがマナー
です。

スポンサーリンク




卒業式の母親の服装はスーツが一般的?

卒業式での母親の服装はスーツが大半を占めます。
気軽に着れて、卒業式だけてなく、どんな場でも活用できるので人気なようです。

小学校の卒業式でも着れて、中学校の入学式でも着れるような
着回しのできるフォーマルスーツを選ぶ人が多いです。

入学式でも同じスーツが着れたら経済的ですよね。


しかし、卒業式では黒、ネイビー、グレーなど
ダークな色のスーツで出席することが望ましいのに対し、
入学式は春らしいパステル系のカラースーツが多いので、
着回す際には工夫が必要です。

最近のスーツは「ジャケット・スカート・ワンピース」といった
3点セットのものが多いので、ジャケットを替えたりインナーを替えたりして
入学式に着回すのがおすすめ
ですよ。

卒業式だけで考えると、黒のスーツが無難です。
真っ黒な感じにならないよう、華やかなインナーを着用したり、
コサージュを胸元に付けたり、ネックレスを活用したりすると良いでしょう。

スーツで参列する際には、以下のことに注意しましょう!

スカートは膝丈にしましょう。
動きやすいフレアスカートがおすすめです。

ストッキングは肌色に近いカラーを選びましょう。
濃い色だと全体的に重い印象になってしまいます。 

体育館は寒いですが、タイツを履くのはNGです。

バッグはフォーマル感のあるものがおすすめです。
全体的な色と合わせると良いです。

パンプスは飾りのないフォーマルなもので、
ヒールの高さは3〜5cmほどのものがおすすめです。

スカートやワンピースで出席する人が大半ですが、
パンツスタイルの人も近年では増えています。

スポンサーリンク



卒業式で母親が着物を着る際のルールとは?

小学校の卒業式に着物で出席する母親も、昔に比べると減ってはきましたが、
とてもきちんとした品のある雰囲気にしてくれるのでおすすめです。

着物と一言で言っても、種類や模様がたくさんあって、
どういったものを着れば卒業式にふさわしいのか悩みますよね。

卒業式に着物で出席する場合は、
準礼装・略礼装の「付下げ・訪問着・色無地」から選ぶと安心
です。

帯は袋帯で二重太鼓が礼装として正式です。

色や柄は、卒業式にあった雰囲気になる様に選ぶ事がポイントです。
派手になり過ぎない様に、暗過ぎない様に意識しておきましょう。

大胆な柄や鮮烈な色よりも、優しく品のあるもの、
または落ち着いた知的な色柄の方が好印象
です。

品格がある着物だとしても、金銀箔や刺繍の豪華すぎるものは、
お子さまと並んだときに不釣り合い
なので避けたほうが無難
です。

実際の卒業式では、ブルーグレーや薄いパープルで、
古典柄の訪問着をお召しのお母様方が比較的多く見受けられます。
桜色、ブルー、グレー、ベージュから選ぶと周囲から浮く心配はない
でしょう。


上着は羽織がおすすめです。

羽織一枚羽織ると落ち着いた雰囲気になりますし、
羽織なら室内で脱がなくてよいです。

以前は卒業式と言えば黒の羽織が定番だったようですが、
昨今ではそういった形式もなくなってきているようです。

スポンサーリンク



まとめ

お祝いとともにお別れの儀式でもある卒業式なので、ダークスーツで参列する母親が大半を占めます。

動きやすいスーツは魅力的ですが、あまり着る機会のない着物をこの機会に着てみてはいかがですか?

着物を着た、いつもとは違うお母さんとの写真も素敵な卒業式の思い出になると思いますよ!

スポンサーリンク



コメントを残す