オカムラ調査隊(1月2日)岡村隆史が行った美容の聖地とは?


オカムラ調査隊 世界の聖地はスゴかった!は、「○○の聖地」と呼ばれる場所に、岡村隆史さんをはじめ、その分野に強く興味を持っている芸能人が訪れるという番組です。
ナインティナインの岡村さんは、旅番組によく出演されているイメージがありますが、今回はめちゃイケで一緒に番組をされていた光浦靖子さんと美容の聖地である韓国の江南地区に行きます。

ほかには、かたせ梨乃さんが、旅の聖地といわれる豪華客船「シンフォニー・オブ・ザ・シーズ」を、アグネス・チャンさんが、花の聖地といわれるオランダの「ロイヤル・フローラホランド」を訪れます。
岡村さんが受けた最新美容や、かたせさんが乗った客船の詳細、アグネス・チャンさんが訪れたロイヤル・フローラホランドについて調べてみましたのでご紹介いたします。



岡村隆史と光浦靖子が訪れた美容整形の聖地とは?


岡村隆史さんと光浦靖子さんが、美容整形の聖地として訪れたのは韓国・江南地区です
江南地区は韓国トップクラスの医師が集まるといわれています。
江南地区で受けられる最新の美容とはどういったものがあるのか調べてみました。
日本のメディアから熱い視線が送られているのは廣東韓方病院です。
韓方と西洋医学をコラボレーションさせ、五行W診察という新しい考えの美容治療システムを取り入れており、健康的な美しさをベースとする韓方の内科的な治療で症状の改善及び治療を施し、西洋の外科的な治療をプラスするというWの治療を行っています。
こちらでは、デトックスや、美肌、すっきり小顔などのメニューがあります。
体の水液代謝をコントロールし体内の老廃物の排出する、従来からある頭寒足熱できる全身の薬蒸し(韓方薬蒸し)という治療法や、最近新たな治療法としては痛みや傷跡などがなく、異物を入れずに自然な整形効果が得られる整形鍼で顔の歪み、むくみ、シワなどの治療法が受けられます。

スポンサーリンク



かたせ梨乃が乗った、旅の聖地である豪華客船「シンフォニー・オブ・ザ・シーズ」とは?

かたせ梨乃さんが、旅の聖地として乗ったのが客船「シンフォニー・オブ・ザ・シーズ」です
22万8千トンという現在世界最大の船で、7泊8日で予約の可能な2月出航便で一番安い内側の客室でも$1165(1室$2330)、スイートルームですと1人$4504(1室$9008)という豪華な客船です。
西カリブ海クルーズでは、フロリダ州のマイアミ からスタートし、ホンジュラスのロアタン、メキシコのコスタ・マヤ、コスメルを経由し、バハマのナッソーをとおり、またマイアミに戻るコースです。
東カリブ海クルーズでは、、フロリダ州のマイアミ からスタートし、セントキッツ・ネビスのバセテールを経由し、バハマのナッソーをとおり、またマイアミに戻るコースです。
船上では多彩なグルメを堪能でき、サーフィンやロッククライミング、絶叫スライダーまで楽しめます。
もちろん、パレードやミュージカル、アイススケートショー、アクアシアターの鑑賞も無料でスパもフィットネスもあります。
かたせさんはあまりの立派な船内に「大きなリゾートマンションに入ってきたって感じ」と話しています。
セレブが宿泊する規格外のスイートは、驚きの2階建てで、中にはベッドルームが2つあるスイートや、4つのベッドルームを有する106.0㎡もあるスイートもあります。
また、40店以上のレストランやバーがひしめく“グルメシップ”となっており、おいしくてわくわくできる旅が楽しめます。
調べてみると、庶民には縁のない船だな…と思ってしまうこともありますが、宝くじにでも当たったら乗ってみたい船ですね!

スポンサーリンク



アグネス・チャンが訪れた花の聖地「ロイヤル・フローラホランド」はどんなところ?

アグネス・チャンさんが、花の聖地として訪れたのは、オランダにある「ロイヤル・フローラホランド」です
このロイヤル・フローラホランドは、オランダにある世界最大の生花市場です。

競りや、花の運搬などのいろいろな様子を見学できるため、観光スポットにもなっています
75.5万平方メートルの敷地の中を、無数のトロリーが花々を載せて走り回ります。
こちらは、入場チケットを買えば、一般の観光客でも見学することができます。チケットの価格は大人は7.5EUR、子供(6-11歳)は4.5EURです。
アムステルダム中央駅からバスで45分です。
1年に100億本以上の花が取引されるというこのロイヤル・フローラホランド、是非オランダに行った際は見学に行ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク



さいごに

岡村さんと光浦さんの訪れた美容整形の聖地、かたせさんの訪れた旅の聖地、アグネス・チャンさんが訪れた花の聖地について調べてみました。
海外旅行自体、子供がいると少し敷居が高いものではあるのですが、どれもこれも、一生に一度くらいは訪れてみたい魅力的な場所でした。

スポンサーリンク



コメントを残す