石原さとみのすっぴん旅(1月3日)スペイン・バスク地方の食とは?


石原さとみさんは、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン 「ピュアガール2002」でグランプリを受賞された、本当にきれいな女優さんですね。
ドラマではかわいらしくて親しみやすい女の子から、代々続く華道の家に生まれた高嶺の花の役、そしてクールな法解剖医役までこなす、きれいなお顔だけでなく演技の実力も併せ持つ素敵な女性です。

ないたい顔ランキングでも、2016年に1位に輝き、2017年2018年は連続3位と、常に女性たちの憧れの的でもあります。
石原さとみのすっぴん旅は、大の旅行好きという石原さとみさんが、ありのままの素顔でスペインを旅する番組です。
石原さんが旅したスペイン・バスク地方はどんな場所なのか、どんなお料理が有名なのか調べてみましたのでご紹介します。



スペイン・バスク地方の中心都市ビルバオはどんな街なのか?


石原さんはビルバオから旅をスタートしました。
ビルバオは、バスクを代表する都市で、近代都市、芸術都市として有名です。
ビルバオにはグッゲンハイム美術館があります。
アメリカの建築家フランク・オーウェン・ゲーリーによって設計されたこの美術館は、チタニウム合金の板が船にも魚にも見えるような不思議な建築物です。
正面には花を咲かせた植物で作られた巨大な子犬「パピー」が鎮座し、訪れる人々を出迎えてくれます。
現代・近代アートを展示している美術館で、ビルバオに訪れるなら絶対に訪問したい美術館です
そして、工業都市ビルバオの生活を支えてきたネルビオン川沿いには、建築賞を受賞したエウスカルドゥナ宮殿や、日本人建築家の磯崎新によるタワーなどもあります。
ネルビオン川を挟んでモダンな新市街と歴史的な街並みが保存されている旧市街(カスコ・ビエホ)の二つに分かれているビルバオの中心ですが、旧市街地側には老舗の居酒屋食堂「バル」が多数あります
石原さんもバルでおいしいものをたくさん食べたとのことですが、旧市街地のバルに足を運んだんでしょうね。

スポンサーリンク



ビルバオの名物グルメ

バスクは美食で有名で、バスク料理を楽しめるバルでは朝から夜まで食事を取ることができます。

一口で食べられて、複数の食材が組み合わされたピンチョスが並ぶバルが有名で、生ハムから魚介のフリッタ、ビーフステーキ、暖かいピンチョスや、スープといろいろなメニューが並びます。
ピンチョスですと、少ない量を少しづつ食べるので翌日胃もたれしないですし、バスク産白ワイン(チャコリ)はアルコール度数が低いせいかたくさん飲んでも悪酔いせず、楽しくお店を回れます。

スポンサーリンク



サン・セバスチャンの三ツ星レストラン

石原さんは、ビルバオを移動して、サンセバスチャンに行き、ミシュランの三つ星レストランを訪れたようです。
サンセバスチャン近郊には、ミシュランの三つ星レストランが三つもあるということで、順番にご紹介します。

まずはARZAK(アルザック)です。こちらは、2015年のThe World’s 50 Best Restaurantsで17位を獲得したという格式高いお店です。
内容は、見た目に拘った芸術的な印象の盛り付けをされた創作料理で、三ツ星レストラン3店のうちで一番有名なお店です。
続いて、Akelarre(アケラレ)です。目の前は海という最高のロケーションで、全席から美しいビスケー湾を望むことができます。
こちらも大変凝ったデコレーションをされた盛り付けで、最高においしい新バスク料理です。
様々な科学者とのコラボレーションや、外からの情報も入れ試行錯誤して作っているという革新的なお料理は、このお店の食事をいただくためにサンセバスチャンに行きたいというほどのレベルです。
そして、3つ目のレストランが、MARTIN BERASATEGUI(マルティン・ベラサテギ)です。
こちらは市内からは約7kmの距離にあります。
独創的、芸術的なお料理の数々で、こちらも一風変わった盛り付けに、美味しいだけではないすばらしい体験が味わえるお店になっています。
どのお店もコースで200ユーロを超える高級店ですが、バスク地方に行くなら、食べにいきたいレストランです。
ただ、どちらも予約を取るのはかなり難しいようですので、旅行する日程が決まったら何より先にレストランの予約をとるほうがよいです。

スポンサーリンク



さいごに

石原さんが旅したスペイン・バスク地方のビルバオとサンセバスチャンについて調べてみました。
美食の街として有名なバスク地方ですが、1度はいってみたい!と思わせる素敵な街でした。

スポンサーリンク



コメントを残す