一人暮らしの家具家電費用はいくら?家具付き物件ってどう?


社会人生活も2年目を迎える方、仕事にも慣れてきて、
そろそろ一人暮らしを始めようと思っている方も
いるのではないでしょうか。

かくいう私は、一人暮らし経験は10年を超えていますが、
一人暮らしをしたことで成長できたと思うことが多々ありますし、
一人暮らしをしていなかったら、今ごろどんな大人に
なっていたのかな?と不安さえ感じます。

【要確認】一人暮らしに必要な家具と家電のリスト | ※ビックカメラでほとんど揃います

しかし、一人暮らしを始めるにあたって気になるのがその費用ですよね。
敷金・礼金など不動産にかかる費用の他に、家具家電を揃える費用もかかります。

そこで、一人暮らしを始めるときに必要な家具家電について、
私の個人的な見解も含めてご紹介します。



一人暮らしで必要な家具といらない家具

一人暮らしを始めるときに必要な家具といえば、

・ベッド
・テーブル
・テレビ台
・ソファ

など、数え上げたらキリがないほどありますが・・・・・・
極端なことをいえば、家具はなにもなくても生活はできる。

ベッドの代わりにお布団3点セットがあれば寝ることはできるし、
テーブルの代わりに、引っ越し時のダンボールを使えば
ご飯も食べることができます。

でも、そんな生活嫌だ!という人の方が多いですよね(^_^;)

一人暮らしで必須な家具というのは、その人の生活スタイルによって違います。

私が必須だと思う家具はベッドとテーブル。
食や睡眠に関するものから先に揃えるのがおすすめです。

後は徐々に揃えていけばいいのではないでしょうか。
可能なら、実家から持ってくることも考えてみては?

これはいらないなぁと思うものは断然ソファ。
一人暮らしの部屋というと、1Kや1DKの間取りが多いのですが、
ひとつの部屋にベッドとソファを並べるなんて、
よっぽど広い部屋でない限り邪魔
です。

憧れはありますが、おしゃれなソファよりも生活しやすさの方が大事!

テレビ台や食器棚は1,000円程度で売っている
カラーボックスで代用できます。

色を統一させればカラーボックスでも、
シンプルでおしゃれなインテリアを実現することができますよ。

スポンサーリンク



一人暮らしで家具の費用をおさえる方法

一人暮らしの初期費用はなるべくおさえたいと思っている方も多いでしょう。
中古家具や中古家電を検討している人もいるのではないでしょうか。

しかし、中古家電には価格が安いというメリットの他に、

・知らない誰かが使っていた
・傷や臭いがあるかもしれない
・古い中古家電では消費電力が高く、けっきょく高くついてしまう

といったデメリットがあるので、
もし中古家具や家電を利用するときはよく確認をしましょう。


消費電力に関しては、最新家電との差が2倍ともいわれています。
とくに冷蔵庫は、ファミリータイプの大きな冷蔵庫よりも、
一人暮らし用の小さな冷蔵庫の方が消費電力が高い
です。

安く手に入れて電気代で損をするということがないように、
しっかりチェックしましょう。

私は断然新品をオススメします。
新品で家具や家電を購入した場合、一般的な費用は以下の通り。

・ベッド \15,000~\20,000
・カーぺット \5,000~\10,000
・カーテン \2,000~\5,000
・テーブル \3,000~\5,000
・冷蔵庫 \30.000
・洗濯機 \30,000
・電子レンジ \5,000
・炊飯器 \5,000

12月~3月でしたら「新生活○点セット」といって、
一人暮らしに必要な家電がセット販売されます。

3点セットなら5万~6万円ほど。セット販売なら、
上記の金額よりも安く手に入れることができます。
中古家電と比べても1万円ほどしか変わりません。

1万円を高いと感じるか、安いと感じるかは人それぞれですが、
1万円程度なら、多少ムリをしてでも新品の方がいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク



一人暮らしで家具付き物件ってどう?

夢中で頑張る君に~エールを~♪でおなじみのレオパレス。

一人暮らしの初期費用をおさえたいと考える方は、
レオパレスも検討しているのではないでしょうか。

実は、私もそうでした。

現在の部屋に引っ越すことが決まった当時、
恥ずかしながら同棲解消で一人暮らしをすることになったため、
身ひとつで引っ越しをしなければなりませんでした。

部屋を借りる費用に加えて、家具家電もいちから揃えなければなりません。
そこでレオパレスを検討材料にいれたのですが、周辺物件に比べて家賃が高い!

「この家賃ならもっといい部屋借りれるよ~(涙」

と思ったので、私は早々と却下したのですが、他の方はどうなんでしょう?


実際に、レオパレスに住んだことのある方の口コミをまとめてみました。

・壁が薄くて音が気になる
・冷蔵庫が立方体の小さいものなので不便
・家具付きといっても、傷をつけたり壊したりすると弁償しなければいけないので気を使う
・入居期間が数カ月と短いならお得かも?
・タバコを吸う人はやめた方がいい。退去時に請求される費用が高くつく。

実際に住んでいる人の口コミを見て、
生活する上での不便さは初期費用を安くおさえられるメリットを上回ると感じました。

そして、大事なのが家賃。

1カ月1万円高いと1年で12万円。
これだけあれば新品の家具家電を揃えることができる
のではないでしょうか。

スポンサーリンク



まとめ

一人暮らしの初期費用をおさえたいのは誰もが考えることですが、
金額だけを見るのではなく、以下の点を確認しましょう。

・中古家具や家電を購入するときは、きちんと状態や製造年を確認する。
・通販やフリマ、オークションで購入する際は送料のチェックも忘れずに。
・家具付き物件は、周辺物件に比べて家賃が割高であることを念頭におく。

せっかく一人暮らしするのですから、事前調査は念入りにしておきましょう。

一人暮らしに必要なものリスト。20代女性が揃えるべきは?

一人暮らしに必要な家具・家電は?小物だと何が必要?


スポンサーリンク



コメントを残す