無料メルマガ登録でツールプレゼント中!

太川蛭子の旅バラ !(4月18日)軽井沢駅から湯田中駅の見所は?


太川蛭子の旅バラ !は、2年前に「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」を惜しまれつつ引退した太川陽介さんと蛭子能収さんコンビによる、新しい旅番組です。
この名物コンビが、19時からの番組でレギュラーとして復活します。

以前はバス旅でしたが、これから始まる太川蛭子の旅バラ !では、地元の方々と交流しながら名所や名物を探し、旅の資金を稼ぎながら豪華なご褒美を目指す「ローカル鉄道寄り道の旅」のほか、いろいろな旅企画が行なわれるようです。
ローカル路線バス乗り継ぎの旅はすべてガチンコで、ルートだけでなく、撮影交渉も自分たちで行うという厳しいルールで行なわれていましたが、旅バラでもそのルールは継続されるようです。
蛭子さんはバス旅よりもつらいといっていたほど、またしても過酷な旅番組のようですが、マイペースな蛭子さんと呆れながらも楽しそうに旅する太川さんの魅力的なコンビはコアなファンがついています。
4月18日は、軽井沢駅から湯田中駅までを進む信州の旅をするようです。
軽井沢駅を通る、しなの鉄道と、湯田中駅につながる長野電鉄の見所や名物グルメを調べてみましたのでご紹介いたします。



しなの鉄道で途中下車するべき見所や名物グルメ


しなの鉄道は長野県長野市の軽井沢駅から長野市の篠ノ井駅までをつなぐ、ローカル鉄道ですが、軽井沢駅はJR東日本の北陸新幹線の駅でもありますので、スムーズに乗継ができる便利な鉄道です。

しなの鉄道の見所や名物グルメをご紹介します。
小諸駅から約3分ほど歩いたところに「小諸城址懐古園」があります。
こちらは世界最大級の旅行コミュニティサイトと呼ばれる「トリップアドバイザー」において口コミの総合評価で5段階中4以上を維持していて、一定数以上の口コミ数があることが条件で認定されるエクセレンス認証を2年連続で受けています。
この懐古園は、「日本桜の名所100選」の1つに選ばれており、春になると500本もの桜が咲き誇ります。
2019年は4月6日から25日の期間中、桜まつりが開催されていて、ソメイヨシノはもちろん、小諸が発祥の小諸八重紅枝垂という大変珍しい桜もみることができます。
上田駅から徒歩で15分ほど、土日祝日や3月下旬~5月上旬、7月~8月、10月~11月中旬には毎日運行する観光に便利な巡回バスでも行くことができる「上田城」もおすすめです。
天正11年に真田昌幸によって築城された上田城は、第一次、第二次上田合戦で徳川軍を二度にわたり撃退した難攻不落の城として有名で、現在は信州上田真田丸大河ドラマ館が併設しており、信州上田の主たる観光地としてにぎわっています。
上田城の城下町である柳町も、古き良き街並み中に、天然酵母パンで有名な「ルヴァン」や老舗の酒蔵「岡崎酒造」など、特徴ある店が並んでいて街歩きも楽しいです。

スポンサーリンク



長野電鉄で途中下車するべき見所や名物グルメ

昭和の香りが漂う木造駅舎が今もなおいくつか残る長野電鉄は、長野市の長野駅から山ノ内町の湯田中駅までをつなぐローカル鉄道になります。

長野電鉄の見所や名物グルメをご紹介します。
小布施駅では、長野電鉄のオリジナル特急電車「2000系」が1車両、駅の構内においてあります。
小布施駅を通る乗車券か入場券を持っていれば、この電車にはだれでも自由に入ることができます。
展示用の線路の上を歩いて行けるのも電車好きの子供にはたまらなく喜ばれそうです。
そして、終点である湯田中駅での見所は、渋温泉です。
ノスタルジックな街歩きが楽しめる渋温泉は、九つの共同浴場があり、渋温泉にご宿泊いただいた方のみ9つの外湯めぐりを楽しむことができます。
それぞれ源泉や効能が異なる外湯を、祈願手ぬぐいにスタンプを押しながらまわり、最後に「渋高薬師」へ参詣して印受すれば満願成就と言われています。
少し足を伸ばせば、野生の猿の生態を観察できる地獄谷野猿公苑もあり、世界中から観光客が訪れています。

スポンサーリンク



さいごに

しなの鉄道沿線と長野電鉄沿線の見所や名物グルメをご紹介しました。
木造の駅舎や無人駅もあるローカル線でありながら、アクセスは便利で見所もたくさんある素敵な鉄道でした。
いつか私も旅してみたいなあと思いました!

スポンサーリンク



無料メルマガ登録でツールプレゼント中!

コメントを残す