母の日父の日ペアギフトならペアグッズや旅行がおすすめ!


母の日と父の日は一カ月違いでやってきます。
どちらも、日頃の感謝の気持ちを伝えるいいチャンスです。
ところが、ギフトを選ぶということになると、正直ちょっとしんどいのが本音ですよね。


こんな時には、母の日父の日ペアギフトがおすすめです。
一回で済むっていうことだけではなく、金額がまとまるという利点もあります。
金額がまとまれば、別々に考えるよりも高価なギフトが用意できることが多いものです。

ペアギフトと旅行、どちらがお好みですか?



母の日父の日のペアギフトは意外に喜ばれる?

ペアギフトのプレゼント

母の日と父の日は、お父さんがお母さんに、お母さんがお父さんに感謝する日でもあります。
ところが、長年連れ添ったご夫婦の中には、照れて感謝の気持ちを表現できないご夫婦が多いのです。

特に、昭和世代の男性は奥さんにやさしい言葉をかけるのが苦手です。
そんな、人たちにペアギフトを渡したところで喜ばれないと思っていませんか?

確かに受け取った瞬間には、照れたような微妙な表情をされてしまうこともあります。
ところが意外なことに、そのペアギフトを大切に保管する人が多いのです。
もちろん、それを贈る子供の気持ちがうれしいという理由もあります。
しかし、それだけではなく本当に夫婦の大切な思い出として保管される場合が多いのです。
それも、普段お母さんにやさしい言葉をかけることが苦手な昭和のお父さんに。

裏を返せば、言えない分申し訳ない気持ちが強いのかもしれませんね。

贈る立場としても、ギフト選び、ギフトの買い物が一度に済むので気分的にも楽になります。

ペアギフトのメリットは、ただ手間を省くというだけではありません。
二人分を一度に買うのでコスパがアップするのです。
ここが見逃せない利点です。

例えば、世界的に有名なガラス製品ブランドではワイングラスは一個15000円ぐらいからですが、
ペアグラスならペアで22000円ぐらいからあります。

ある程度年齢を重ねたカップルには少し贅沢目の実用品が喜ばれます。

スポンサーリンク



母の日 父の日 ペアグッズなら年に一度で金額もまとまる!

母の日と父の日に贈るペアギフトは様々なものが販売されています。

気持ちだけでうれしいといわれてしまいそうですが、
それでも何か喜ばれる逸品を贈りたいですよね。

オススメなプレゼントの例を取り上げてみました。

  • ペアウォッチ

    多少値が張りますが一生の記念になります。
    ショップによっては、依頼すれば裏側に刻印をしてくれます。
    夫婦の名前や感謝の言葉を刻めば、世界でただ一つの特別な品になりますよね。

  • ペアグラスやマグカップ

    メーカーやブランドによって価格帯が非常に広いので選びやすいギフトです。
    ペアように販売されているものなら、ほとんどの場合名前や日付を入れてくれます。
    有名ブランドのもの、江戸切子や沖縄ガラスのような伝統工芸品でも喜ばれます。

  • 指輪

    結婚後二十年以上もたつと、結婚指がサイズアウトしていることがほとんどです。
    中には紛失している人もあります。
    この時期、ペアリングのギフトもしゃれています。
    新婚当初の気持ちを思い出してもらえるかも!?

  • ペアキーホルダー

    小物類の中では圧倒的にペア商品が多いのがキーホルダーです。
    価格帯も広いため、選択肢が多いのも魅力ですね。

  • パジャマ、バスローブ、ガウン

    年配のご夫婦は、たとえ家の中であっても、
    いかにもペアという感じがする衣類はなかなか身に着けてくれません。
    でも、パジャマやバスローブなら身に着けてくれることが多いものです。
    品質のいいパジャマは健康にもいいのでお勧めです。

  • 夫婦茶碗、箸、湯呑

    一昔前の結婚祝いにはつきものの品物です。
    わざわざプレゼントしなくても、持っておられるご夫婦が多いものです。
    でも、そろそろ割ってしまっていたり、いい加減古びていたりします。

    買い替え時が来ている品物です。
    今どきのデザインのものに名前を入れて贈ると喜ばれます。
    ペアギフトでは贅沢感を味わってもらうためにも、メーカーやブランドを重視して選ぶといいですよ。

スポンサーリンク



母の日 父の日 旅行ギフトはプランも予約も引き受けよう!

ペアギフトの定番にはペア旅行券があります。
二人で好きなように計画してお使いくださいというのが基本的な旅行券です。
ところが旅行券は意外に使い勝手が悪いこともあります。

普段パック旅行をよく利用するご両親は旅行慣れしていても
予約やキャンセルなどの処理には不安なもの
です。
旅行券は販売会社によって提携するホテルや旅館が異なります。

旅行関係のギフトにする場合には全体的なプラン、交通機関、
ホテルや旅館などの予約と支払いを済ませておいてあげましょう。

特にプランを立てるときには、ご両親の間にたって対応してあげるのがよいです。

旅行に付きまとうのが、喧嘩や言い争いです。
仲の良いカップルでも旅行中の喧嘩は多いものです。

喧嘩の原因は根本的な希望プランの違いだったりします。
それを調整する意味でも、旅行ギフトを贈るときにはプラン段階でご両親と話をしましょう。

また、旅行中に喧嘩になるタイミングは疲労です。
無理のないプランを立てるように協力しましょう。

旅行中に予約などの手違いも喧嘩の原因になります。
きちんと確認をして手違いが起きないようにしましょう。

長くても二泊三日程度にしておきましょう。
これ以上長く旅行が続くと疲労感から喧嘩が起きやすくなります。

そんなに喧嘩のリスクが高いのなら旅行なんてやめればいいように思うかもしれません。
でも、子供から旅行をプレゼントされるなんて親冥利に尽きることなんです。


さいごに

母の日父の日をペアギフトにすると、夫婦でちょっと贅沢をしてもらうことができます。
毎年でなくても、記念の年にはぜひおすすめしたいギフトです。

スポンサーリンク



コメントを残す