引越しの挨拶の品の相場は?定番の品物は?のしは必要?


春は異動や転勤が多いシーズンですね。
異動・転勤に伴って引越しをする人も多いのではないでしょうか?

自分一人なら挨拶をしないのに、夫の顔もあるし必ずしないと!
と意気込んでいる奥様もいますよね。

ですが、贈り物を何にするかは永遠の悩みの種。

特に、引越しの挨拶はそう何度もするものではないので、何を贈れば良いのか悩みますよね。
せっかく差し上げるなら喜ばれるものを贈りましょう!



引越しの挨拶の品の相場は?


引越しの挨拶の品の相場は、だいたい500〜1,000円程です。

そんなに安くていいの!?と思いませんでしたか?
大丈夫なんです。先方が気兼ねなく受取りやすく、負担に思わない程度の金額のものが良いのです。

ですが、戸建てや分譲マンションを購入して、その地域に長く住むことが決まっている場合、
より丁寧に挨拶がしたいと1,000〜1,500円程の品物を選ぶ人が多いようです。

大家さんや管理人さんが近所に住んでいる場合は、そちらにも挨拶に伺います。
その場合の相場は1,000〜2,000円程
です。

引越しの挨拶はどんな人が引っ越してきたかを伝えることが目的で、挨拶の品はあくまで粗品です。
変に凝ったりお金をかける必要はありません。

スポンサーリンク



引越しの挨拶の品物 多く選ばれているものはこれ!


引越しの挨拶の品物は、残るものより消耗品が多く選ばれています。
初対面の人から挨拶の品物で値段が高く、形が残るものを渡されるのは気負いますよね?
なので、挨拶の品物は基本的に気軽な消え物が良いです。

では実際にはどんなものが選ばれているか見てみましょう!

  • 洗濯洗剤
  • よく選ばれていますが、香りに好みがあったり、銘柄や粉・液体・ジェルなど、使うものが決まっているご家庭も多く、
    もらっても使わない可能性があります。


  • 食器洗剤
  • 洗濯洗剤よりはこだわって使っている人が少ないので、喜ばれる傾向にあります。


  • 地域指定ゴミ袋
  • 民営の会社が収集するマンションなどでない限り、必ず使うものなので喜ばれます。
    しかし、「ゴミ=いらないもの」を入れる袋なので、挨拶の品にふさわしくないと考える人もいるようです。


  • タオル
  • 無難ですが、よく選ばれるギフトのため、もらっても使わず溜まる一方ということもあります。


  • ラップ
  • ラップやアルミホイルなどのキッチン用品は必ず使うものなので喜ばれる傾向ことが多いです。


  • ハンドソープ
  • 昔は石鹸を選ぶ人が多かったのですが、近年ではハンドソープが主流のため、選ぶ人が多いです。


  • ティッシュ
  • 生活必需品なので、もらうと必ず使います。
    自分では買わない少し高級なものを選ぶと喜ばれます。


  • ギフトカード
  • 最近ではクオカードや商品券を選ぶ人が増えています。
    好きなものを買えるのが人気の理由ですが、金額が直接先方の方に知られてしまうのが難点です。


  • お菓子
  • 引越し前の地域の銘菓などを選ぶ人が多いです。
    お菓子を選ぶ際は、必ず日持ちするものを選ぶのがポイントです。
    食べ物は好き嫌いやアレルギーの問題があるので、選ぶ際には注意が必要です。

    どうですか?
    多く選ばれているものでも、人によっては使わない場合もあるようです。
    引越しの挨拶の品は、万人受けするものを選ぶのが間違いないですね。

    スポンサーリンク



    引越しの挨拶の品には必ずのしを!


    引越しは一般的に慶事に当たるので、熨斗をつけるのがマナーです。
    名刺代わりになるので、名前も入れて贈るのが基本になっています。

    水引は紅白の蝶結びを使います。
    表書きの上段は、これまで住んでいた地域の挨拶の場合「御礼」もしくは「粗品」とし、
    これから住む地域の挨拶の場合は「御挨拶」とします。

    下段には自分の苗字を書き入れます。
    新しく住む地域の挨拶の場合、 「粗品」とは書かないので注意してくださいね。

    包装はしてもしなくても良いです。
    包装する場合は、「名前を覚えてもらう」という目的があるので
    外のしにするのがおすすめです。

    渡す品物に簡単な挨拶状を添えるとより好印象になりますよ!

    熨斗はスーパーのサービスカウンターでもつけてもらえるので、
    必ずつけるようにしましょうね。

    さいごに

    喜ばれるものを贈りたいと思うと、品物を選ぶのは難しいですよね。
    基本的には、必ず使うものを選べば喜ばれる傾向にあります。

    しっかり挨拶に伺うだけで好印象なので、あまり悩みすぎないでくださいね!

    スポンサーリンク



    コメントを残す