6月病による頭痛やストレスとは?血行や睡眠、劣等感にも注目しよう!


社会人として活動していく中で、6月病と呼ばれる心身の不良に見舞われることがあります。
環境の変化に伴って見られる症状であり、その変化についていけなくて心の病を抱えている方を指しているようです。
今回は6月病について見ていき、心のスランプから抜け出すヒントを探っていきたいと思います。



6月病が原因の頭痛が軽い場合と重い場合の対策とは?血行促進も重要ポイント

6月は梅雨が続くため、気圧が安定せず日に当たる機会が少なくなるというのが、6月病の発症と関係しています。

一つの対策として挙げられるのはストレスを溜めないことであり、頭痛が出るなど比較的症状が軽い場合に効果的です。
簡単なストレッチで体を解きほぐして血流アップをすることでも、頭痛から来る6月病を軽くできます。
また、マッサージも効果的で、よく寝つけるように体をリラックスできるそう。

身近にできる6月病対策を行うことで、気分が沈んで出社するのが怖いなどの症状緩和につなげられます。
湯船に浸かることも6月病に有効であり、体を温めることで全身の血行を良くして心身のデトックスをするのも良い方法です。


6月病が重い場合の対策は、心理カウンセラーに相談して心を整理することが大切。
気分が落ち着かないなどの症状が長期化すると仕事に影響が出てくるため、物の考え方を変えるトレーニングを取り入れて心の不調緩和に努めましょう。
どうやったら考え方をポジティブにできるのかを心理カウンセラーからアドバイスを受けて、重症化した6月病を乗り切ることが重要です。

スポンサーリンク



真面目な方は6月病になり易い?相談でストレスを軽くして劣等感が原因の気分の沈み込みを回避

6月病はストレスが引金となって起こり、真面目な方ほどかかり易いとされています。
例えば同期社員に追い抜かれて自分は負けていると感じたときに自信を失い、自分を責めてしまうのが引金のようです。
こうした劣等感でストレスを抱えたときも、体を動かして気分を整えることが6月病を切り抜けるポイント。
また、会社の同僚や友人など相談できる相手と会話してストレスを吐き出すのも有効です。

自分が同期社員よりも優れていないことを告白するのは勇気が要りますが、ほかの人と話すことで、自分では予想できない解決策を訊き出せることもあります。
一人で悩みを抱え込まないことが6月病を軽くするコツで、劣等感で気分が沈み込んでしまうのを回避する一つの手立てです。

スポンサーリンク



6月病によるストレスを軽くするために睡眠の質を高めることも大切

睡眠はストレス解消効果が認められていて、質の良い睡眠がイライラや不安を和らげていきます。

6月病にかかると精神的に不安定になりがちなので、十分な睡眠で心をケアしていくことが社会人には求められます。
決まった時間に起床したり眠りに就いて睡眠リズムを整えることで、おのずと睡眠の質が良くなっていきます。

不規則な生活を送っていると日によっては睡眠時間が短くなり易いため、心身を十分に休息させられる睡眠時間を確保して6月病の重症化を防ぎましょう。
仕事上で精神的なストレス軽減のために睡眠の質を高めることを、6月病で悩む社会人にお勧めします。

スポンサーリンク



まとめ

以上、6月病について取り上げて説明してきましたが、何かしら対策を講じれることがあるとお気付きになった方が多いのではないでしょうか。

今日は会社に行きたくないなど心の不調を訴えた方は、ここまでお伝えした対策法を実践してみてはいかがですか?
長い社会人生活を乗り切るための重要ポイントだと感じてもらえたならば幸いです。

スポンサーリンク



コメントを残す