5月の鯉のぼりは雨の日でも上げる!スタンドやベランダの活用もあり?


鯉のぼりは日本を代表する文化の一つであり、5月に飾られることが多いです。
しかしどの鯉のぼりにすべきなのか分からない方が居ると思うので、お勧めの鯉のぼりを見ていきます。
色とりどりの鯉のぼりが風になびく光景は一種の風物詩ですし、そのお手伝いをするのが今回の目的です。



5月も鯉のぼりを上げるのにベランダが適している?

5月5日はこどもの日であり、鯉のぼりを上げる絶好の日に数えられています。
とは言え、飾るスペースが確保できなくてあえなく飾るのを断念した方が多いのではないでしょうか。

それでも鯉のぼりを楽しむ方法がありまして、それはベランダの活用です。
しかし場所が場所なだけに人目に付き易く、ベランダの狭さで鯉のぼりが目立ってしまいます。

しかし、サイズが小さめの鯉のぼりならば目立ち過ぎないので、気軽に設置できるんですね。

最近では集合住宅でも飾れるような、小さめの鯉のぼりなんていうのも販売されているんですよ。
サイズが抑えられている分取扱いに手間取らず、しまう際も場所を取らないです。

スポンサーリンク



5月に鯉のぼりを上げるにはどの専用金具やスタンドを使うべきか?

ベランダに鯉のぼりを設置する場合は、ベランダの柵に専用金具を取り付けたら鯉のぼりをポールに飾ります。
ワンポイントアドバイスとして、角度や向きを変えられるタイプがお勧めです。
鯉のぼりの位置調整で面倒な思いをしたくないならば、角度や向きを自在に変更できる設置金具を使った方が良いですよ。

ベランダタイプのスタンドセットですと、ロープの取付けが簡単で鯉のぼりの設置に慣れていない方でも扱い易いです。


開け閉めが容易な金具で角度調整が楽に行えて、太くて丈夫な支柱を台に引っ掛けてボルトを締めれば設置完了。
ポールの角度調整が自由自在に行えて、50度から90度まで調整できます。

様々なベランダに対応するために、角度を変えられるベランダタイプのスタンドセットを活用するのも有効な手段です。
組み立てずに鯉のぼりを設置したい方は、スタンドタイプを使うといいですよ。

設置後の移動が楽なので、やっぱりこの場所に鯉のぼりを上げようと気が変わっても大丈夫。
スタンドタイプは人気があり、5月5日などに鯉のぼりを上げるための必須アイテムに数えられています。

スポンサーリンク



5月も鯉のぼりを上げるのに適した素材は雨の日にもお勧め?

5月5日に鯉のぼりを上げるのを待ち望んでいる方は、その日が雨でも構わず鯉のぼりを上げたいですか?
鯉のぼりが雨で濡れることによる色落ちが気になりますが、ポリエステルならば雨に濡れて色落ちしてしまうことはありません。

ポリエステルは耐久性にも優れていて、雨風に晒される鯉のぼりを長く使用するのに向いています。
一方でナイロンだと雨に濡れると色落ちし易くなり、他の布生地に色移りしてしまうのが心配。

どうしても雨の日でも鯉のぼりを上げたい方は、なるべくポリエステルが使われた鯉のぼりを使用しましょう。
以上の理由から、ポリエステルが含まれた鯉のぼりが主流になることもあながち大げさではありません。


まとめ

5月5日はゴールデンウィークに入っているので、めでたい日に鯉のぼりを上げたくなるのは至って自然な発想です。
しかしここでお伝えしたポイントを踏まえることで、鯉のぼりの設置で思い悩むことが少なくなります。

色んな問題でその設置を諦めていた方は、この機会に鯉のぼりを上げてみてはいかがですか?

スポンサーリンク



コメントを残す