母の日のプレゼントには生花以外にも種類がある!造花やプリザーブドフラワーでもアリ


母の日のプレゼントに花を贈りたいという方はとても多いです。

ただ、花は生花以外にも種類があることをご存知ですか?
花にあまり詳しくない方は花束などを作る際、どういう花を組み合わせたらいいのか迷いますよね。
生花よりも長く飾ってほしい方のために長く保存できる花もあります。


今回は生花と造花、プリザーブドフラワーのそれそまれの特徴やメリットとデメリット、保管方法について説明します。



母の日のプレゼントはやっぱり生花?どうやって保管する?

母の日プレゼントト_生花

生花とは、加工を施していない普通の花のことです。
花屋で販売されているような花は生花です。

  • 生花のメリット

    やはり花は生花の印象が強いですよね。

    人工的に加工されていないということは着色などでも手を加えていないため、自然ならではの花の色をしています。
    花の香りなど、自然の中で育った花でしか感じられないものもあります。

    花の加工は条件を満たした場合でないと加工ができません。
    花の香りはもちろんのこと、花が枯れていく儚さやそのわずかな時間などは花が咲いて次第に枯れていく生花ならではのものです。
    生花は加工する必要がないため、花の種類も多くて花自体が新鮮な状態で手に入れることができます。

  • 生花のデメリット

    ただ、それゆえに花の色の濃さにばらつきが生じることがあります。

    また、加工されていないがゆえに花の寿命が短いです。

    保存性を上げるための加工を施されていない生花は一番見所の時期が数日間しかありません。
    その時期を過ぎると生花はあっという間に枯れてしおれていってしまうんです。

    それに加え、花は季節によって咲く花が違いますよね。
    春に咲く花を冬に手に入れたい場合など、タイミングや季節によっては手に入れにくい花があります。
    そういった季節に合わない花を購入する場合は必然的に価格も高くなってしまいます。

    花の価格が変動するのは季節だけではありません。
    花は栽培する際に天候の影響を受けやすいため、その年の天候によって出荷量が変動します。
    出荷量が少ない花は価格が上がるため、毎年価格が一定ではありません。

    また、生花には花粉があるため、アレルギーがある方へプレゼントする場合は注意が必要となります。

  • 保存方法

    生花をより長く美しい状態で飾るためには花瓶の水をこまめに取り替えるようにしましょう。
    花専用の栄養剤などを与えるのも効果があります。
    また、保管場所は直射日光が当たらない場所での保管が好ましいとされています。

スポンサーリンク



母の日のプレゼントには造花もアリ!綺麗に保管するコツは?

造花とは、ポリエステルを原料として作られている造り物の花のことを指します。

  • メリット

    生花は水を入れた花瓶に長時間放置しておくとバクテリアが増殖します。

    そういった衛生上の理由から花瓶の水替えが必要な生花に対し、造り物でバクテリアが繁殖する危険性がない造花は花瓶に挿しても花瓶の水替えをする必要がありません。

    また、継続的に花を飾るのなら生花は枯れてしまうため、定期的に買い替えなければいけません。
    ただ、枯れることがない造花は、デザインに飽きさえしなければ買い替える必要がないんです。

    花が枯れていくことに対して美しさを見出す方もいますが一番美しい状態の花をずっと見ておきたい、ずっとその状態で保存しておきたいといった方もいますよね。そんな方には造花がおすすめです。

    一度購入すれば永久に飾っておくこともできるため、経済的にも優しいです。

    それに加えて造花は季節やその年の天候によって出荷量が変動しないため、出荷量による価格変動もありません。
    生花は限られた地域でしか栽培できない花もあり、そういった花は価格が高くなってしまいます。
    造花であればそういった希少性も関係ないため、生花で購入しようと思うと希少で高い花でも造花であれば比較的安価で手に入れられます。

  • デメリット

    生花と違ってあまりお世話がないため、愛情を込めてお世話をしたい方には向きません。
    また、造花はポリエステルで作られているため、当然花の香りを楽しむことはできません。

  • 保存方法

    造花は購入した際には広がってしまわないように固定されています。

    飾る際には枝を優しく広げて葉を軽く伸ばし、花の形を整えてから飾ると癖が付きにくいです。
    癖が付かないように飾っておくと後になって花の角度を変えたりしやすくなります。

    ただ、造花の茎や枝には針金が入っていて、その針金によって茎や枝が自由に動く仕組みになっています。
    雑に扱ったり強く力を込めたりすると針金が折れてしまうため、造花の茎や枝に触れる際は針金が折れないように優しく触れるようにしましょう。

スポンサーリンク



母の日のプレゼントは少しリッチにプリザーブドフラワーでもOK!

プリザーブドフラワーとは、特殊な保存液に沈ませることで花の保存性を高くした花のことを指します。

プリザードフラワーの詳細については、以下の記事が参考になります。

プリザーブドフラワーって?母の日のプレゼントとして好まれるプリザーブドフラワーの保管方法は?価格の相場もチェック

  • プリザーブドフラワーのメリット

    プリザーブドフラワーは加工の際に着色しています。

    この着色の工程を入れることによって、青色のバラなど生花では再現できない色の花でも作り出すことができるんです。

    花の色というのは生花の場合は自然界で再現が可能な色になるため、色のバリエーションが限られてしまいます。
    花が好きな方や花をよく目にする方の中には「自然界に存在している花の色もいいけど、たまには自然界では再現できない色の花が見てみたい」という方もいます。

    本来では再現できない花の色は見ていると少し特別な気分に浸れますよね。
    そんな方にはプリザーブドフラワーがおすすめですよ。

    プリザーブドフラワーは加工の際に生花を保存液に沈ませるため、通常の生花に比べて保存性が高いです。
    造花のように永久的に飾ることはできないものの、2年~3年の間は美しい状態で飾っておくことができます。

    生花のように水も必要ないため、空の花瓶に挿しておくだけで水替えも必要ありません。
    プリザーブドフラワーを挿した花瓶を移動させる際も水が入っていないことで花瓶そのものが軽いため、簡単に移動させることができます。

  • プリザーブドフラワーのデメリット

    ただ、保存液の影響でヒビが入ったり欠けたりすることが多々あります。
    扱いには十分に気を付けましょう。
    また、加工する際に生花を沈ませる保存液は特殊な保存液で沈ませられる花とそうでない花があります。
    保存液に沈ませられない花でプリザーブドフラワーを製造するのは不可能なため、花の種類が限られてしまいます。
    また、プリザーブドフラワーは造花に比べて花材が高級な上に加工する手間がかかるため、造花よりも価格が高い傾向にあります。

  • 保存方法

    プリザーブドフラワーを加工する際に使用されている着色料は熱や湿気に弱い傾向にあります。
    熱が当たったり湿気の高い場所に飾っておくと着色料が滲み出して変色する可能性があります。

    湿度が高い場所や直射日光が当たる窓際などには飾らないようにしましょう。

    また、変色は室温の変化が急激な場合にも起こることがあります。
    プリザーブドフラワーの適温は18度~22度だとされているため、室温は常に一定を保つことにしましょう。
    夏や冬など冷房や暖房を切ったり入れたりする季節はなるべく温度が高い部屋に置いておきましょう。

スポンサーリンク



さいごに

いかがでしたか?
花と聞くと生花を思い浮かべる方が多いですが、花は生花だけではありません。

科学技術が進歩したことによって造花やプリザーブドフラワーなるものもあります。
花をプレゼントする際は生花にこだわるのではなく、プレゼントされる方はどういった花が好みかを考えましょう。

お世話するのを楽しみたいお母様には生花でも構いません。
ただ、いちいち水を替えたりするのが面倒臭い、なるべく長期間飾っておきたいといった方もいます。
そんな方には造花やプリザーブドフラワーなど保存性が高い花がおすすめです。

母の日のプレゼントに、お花以外を考えている方は、以下の記事も参考になりますよ。

母の日父の日ペアギフトならペアグッズや旅行がおすすめ!

母の日ギフトで癒してあげたい!癒しグッズや温泉ってどう?


スポンサーリンク



コメントを残す