社会人の一人暮らしの生活費や間取り、おすすめ施設を紹介


4月には新しい職場で働き、新しい生活が始まる方がたくさんいらっしゃいます。
初めての一人暮らしで期待と不安を感じていませんか?

今回は社会人が一人暮らしをする上で、大切なことをまとめてお伝えします。
基本的な情報を分かりやすくまとめますので、ぜひ参考にして新しい生活への不安を払拭して下さい。



社会人の一人暮らしにかかる生活費は?

まず一番気になるのは「生活費」ですよね。

今まで経験したことのない事で予想もつかないと思いますが、生活費とは意外とお金がかかるものです。
まず生活費の中で一番割合を占めるのは「家賃」です。
ワンルームの平均賃料は49,619円となっていて、地域によって差が大きくあります。
例えば東京のワンルーム平均賃料は69,117円と2万円ほど高くなるので、住む場所も慎重に選ぶことが大切です。


他の生活費は個人差はあるものの約10万円ほどかかってきます。

内訳は食費や光熱費、交際費などですが節約が出来るポイントも、人によっては出費がかさむポイントもあるので余裕のある計画が大切です。

入社したての頃は仕事も覚えることが多く、ゆっくり自炊をしている時間も取れないかもしれませんし、慣れない一人暮らしで難しいこともあるので、時間と金銭的にはある程度の余裕を持っておきましょう。

次に間取りの選び方についてご紹介します。

スポンサーリンク



社会人の一人暮らしに必要な間取りは?

1人暮らしで人気がある間取りは「1ルーム」もしくは「1K」のどちらかです。
家にいる時間もそこまで多くない社会人にとってちょうど良い広さで困ることも少ないです。
一人暮らししている方の大半が23m平米以内の部屋に住んでいて、不自由のない暮らしをしています。

また、部屋の大きさい以外にも重要なポイントがいくつかあります。

その人によってこだわるポイントは違いますが、防犯面では「2階以上」や「オートロック」が重要ポイントで、住み心地では「室内洗濯機置き場」や「バストイレ別」の2つがこだわりポイントとして多い個所です。

防犯に関しては男性はあまり気にしないかもしれませんが、住み心地に関しては後で後悔した、という声も聞いたことがあります。
もちろん条件を良くするほど賃料は上がってくるので「この条件は外したくない」というものを前もって決めておくと初めてで迷いがちな部屋選びもスムーズに決められます。

また、新しい仕事で電子機器を家で使うことがあるなら、コンセントの位置や数も念のため内覧の際に見ておいた方が良いでしょう。

仕事であまりいないと言っても新しい家になるわけですから、しっかりとイメージを膨らまして自分に合った賃貸を見つけましょう。

次は周辺施設についてご紹介します。

スポンサーリンク



社会人の一人暮らしにあると便利な施設は?

最後は生活おいてかかせない周辺施設についてです。

生活品や食料を買う場所が住む場所から遠いと、限られたリラックスタイムが少なくなってしまいます。

家の近くにあると便利なものは「スーパー」「コンビニ」「ドラッグストア」がよく挙げられます。
上記の3つは賃貸情報を不動産で見せてもらう時に聞けば教えてくれるので、自分のライフスタイルに合わせて、どんなものが大切か考えておきましょう。

駅近物件はもちろん人気ですが、賃料も若干高くなるので、こだわりが無ければ少し距離のある物件がおすすめです。
また、実際内覧に行く際に周りの雰囲気やお店の場所を見ておくと住んでからのイメージがより一層しやすくなるので、道中も周りを見ておきましょう。

スポンサーリンク



さいごに

色々な不安とわくわくがある新生活ですが、今回の内容を見て不安要素を少なくして頂ければ幸いです。

大変なこともあるとは思いますが、希望にあふれている新生活はきっと自分を大きく成長させ、楽しいものになるはずです。

物件の選ぶ際の注意点を参考にして、自分にぴったりの一人暮らしの家を見つけられるように応援しています!

スポンサーリンク



コメントを残す