転職の準備はいつから始めるのか? 準備する物やスキルのまとめ方は?


今の会社に勤めてもう何年目でしょうか?
働き始めた頃に比べるとスキルも身につき、もっと自分を高めたいと思っていませんか?


そんな時頭に浮かぶ言葉は「転職」ですよね。
自分の強みを生かし、もっと成長できる環境は他にあるかもしれないと感じるのはとても前向きで良いことです。

転職はスキルも身につき、経験もある28歳前後の方が多くしており、企業もその年齢を求めています。
今回は転職をするにはどうすれば良いのか、何から準備すれば良いのかを簡潔にまとめてご紹介します。
きっと今よりもっと輝ける場所が見つかりますよ。


ちなみに、30代の方が転職を目指す場合は、以下の記事も参考になると思いますよ。

転職の準備はいつから始めるのか? 準備する物やスキルのまとめ方は?



転職の準備はいつから始めるのか?

転職活動

まず、転職の準備期間はどれぐらい設ければよいのか気になりますよね?
一般的には転職の準備期間は3ヶ月程とされていますが、意外と長いと感じましたか?

ですがこの期間中に今の会社の業務をこなしながら、準備を行っていかなければなりません。
時期としては3〜4月の退職者が多い時期の後任枠として募集する形が一つ、もう一つは9月〜10月に各社で行われる事が多い、新規事業の立ち上げに伴った人員増加のための募集の二つが人材を多くとる時期です。

ライバルは多くなりますがその分選択肢も多くなり、自分に合った会社を見つけられるようにその時期に合わせて転職準備をしていくと効果的でしょう。

次に準備する事が多い中で引き継ぎの準備などやる事がたくさんある中で転職の準備を効率よく進めるにはどうすれば良いのかをご紹介します。

スポンサーリンク



転職の準備する物はなに?

まず最初に準備する物は「履歴書」「職務経歴書」です。

この二つは混合されがちですが、履歴書は自分の履歴全体を記したもの職務経歴書とは仕事に対する能力を記したものです。

具体的にどんな点を見られるのか簡単にご説明します。

まず履歴書では「経歴と会社の関係性」「転職回数」「字の丁寧さ」などがチェックされます。
次に職務経歴書でチェックされるポイントは「実務能力を満たしているか」「仕事に意欲を持っているか」「転職目的が意欲的なものか」などです。

ここで自分がどれだけ自己分析をしているかがとても重要になってきます。

また、準備する書類の中に「添え状」というものがあります。
絶対必要なものではありませんが、「なぜ応募したのか」「自己PR」を記入するもので心を込めて自分の言葉で熱意を伝えるのが1番大切です。

次にこの書類をまとめる為の方法をお伝えします。

スポンサーリンク



転職の準備 自分のスキルをまとめる意味

では自己分析が大切とご紹介しましたが自己分析をする意味とはなんだと思いますか?
面接以外でもメリットがたくさんあるので、ここでご紹介します。

まず自分がなぜ転職したいのかを明確にする事が大切で、ネガティブな理由は避けましょう。

例えば「仕事が面白くない」「人間関係が良くない」「同じ事を繰り返してて飽きた」などの理由で転職すると新しい職場でも同じ事が起こり得ます。

ですので「スキルを伸ばしたい」「専門的な仕事に打ち込みたい」「提案できる環境で仕事がした」などといった理由を念頭において、自己分析をしましょう。

また、新しい職場の情報を知りたいけどなかなか時間が取れないという場合はスカウトサービスや口コミサイトを使用すると効果的に情報収集ができます。

自分の事を知ることは、転職する上でも能力を伸ばす上でも大切なので、色々な角度で自分の事を分析して、有利に転職をすすめましょう。

自分の魅力を精一杯分析して、新しい会社に伝える事が何よりも大切です。
会社が知りたいのはあなた自身が会社で働いた時どんな事ができるか、という事です。


さいごに

新しい職場の事を考えると夢と希望に溢れて、新しい自分の姿が楽しみですよね。

決して楽な道のりではありませんが、しっかりと準備をして自分を磨いて転職に臨みましょう!
ぜひ今回の内容を参考にして、自分に合った転職先を見つけてください。

スポンサーリンク



コメントを残す