ナイトプールって北海道にもあるの?落ち着いた雰囲気で最高すぎた!

スポンサーリンク


ナイトプールといえば、プールに居ながらにしてクラブにいるような、大きな音楽が流れる中お酒も楽しめちゃう、そんなイメージがあります。
私のような、おしゃれじゃない普通の、さらには子どももいるような中年の男女は、ナイトプールに行くなんてとんでもない…!なんて思っていました。

大体がナイトプールなんて都内のおしゃれなどっかのホテルのプールやら海外でしかなかったのに、なんなら最近地方にも進出してきてけしからん!そんなもの来なくてもいいのに(行きたい人は都内まで出ればよい!)くらいの気持ちだったんですよ。
たとえ今、自分が20代前半であろうと「ナイトプール行こう!」なんてキャラじゃなかったものですから…すみません。
でもナイトプール、地方といっても日本で最北端の北海道にまで進出しているというではないですか。
せっかくですから、どんなもんか調べてみようと思いまして。
そうしたら、私でも行きたい!親子でも行きたい!とってもとっても素敵なナイトプールを見つけてしまいました。
最高すぎる北海道のナイトプール、ご紹介いたします。

スポンサーリンク



北海道は都内のナイトプールとは違う落ち着いた雰囲気が魅力


北海道のナイトプールですが、プールでお酒と音楽を楽しめる、若い男女が中心になって楽しむいわゆる一般的なナイトプール、そういったものはナイトプールは札幌にありました。
ただ、今回ご紹介したいのは大人がゆっくりと楽しめる癒しの空間で、落ち着いた雰囲気の中楽しめるナイトプールです。
一つ目は洞爺サンパレスリゾート&スパのウォーターランドです。


こちらのプールは3つのゾーンに分かれていて、それぞれ特色があり、1つ目が様々なアトラクションが楽しめるゾーン、2つ目が小さな子どもでも安心して楽しめるキッズゾーン、そして3つ目がナイトプールも楽しめる常夏のビーチゾーンとなっていて、子どもから大人まで楽しめる大きなウォーターアミューズメント施設となっています。
ビーチゾーンである「南国アイランド」ですが、こちらは日中は白い砂浜と海をイメージしていて、かすかに水の音が聞こえる、まるでリゾート地に来たかのような空間になっています。
この南国アイランドは、夜になるとほのかな照明の中、気持ち安らかに過ごせるリラクゼーション空間へと変わります。
さらに、水と光の噴水の演出もあり、1人でもただひたすらぼーっと気持ちよく過ごせますし、カップルならそのロマンチックな演出に大満足できるでしょう。
どんちゃん騒ぎはできませんが、落ち着いて日頃の疲れも癒してくれる、大人が行きたいナイトプールとなっています。

スポンサーリンク


夜も楽しめる水着で入れる温泉

続いてご紹介するのは、水着で入れて夜も楽しめる温泉です。

ニュー阿寒ホテルには、スパと阿寒湖が一体になったかのように見える、シャングリラ館の屋上にある天空ガーデンスパがあります。

季節にあわせたイルミネーションで演出してくれるのですが、さらに冬の氷上イベント時期には、打ち上げられる打ち上げ花火をスパに入りながら目の前で見ることができます。
満点の星空の下、雄大な自然とイルミネーションが重なり、なんとも幻想的な世界に入り込むことができます

続いてご紹介するのは、きたゆざわ 森のソラニワの、森の中の温泉ビーチ ト・コ・ナッツです。
こちらは、天然温泉を使用した広い広い温泉ビーチがウリで、天然温泉というのが信じられない規模の本当に大きなビーチです。
ジャグジーあり滑り台あり、あげくに本物の小さな船まである、不思議な屋外の森の中にある温泉ビーチです。
こちらも夜21時まで利用ができるのですが、夜は青いライトでライトアップされ、また違った雰囲気で温泉ビーチを楽しむことができます。

露天風呂はどこの温泉施設でもあるところが多いですが、男女の問題があって、男の子はママと、女の子はパパと入れなかったりするんですよね。
こんな風に水着で入れる温泉だったら家族全員で入れますし、家族風呂よりもっともっと楽しめて、本当に夢のような施設です。
家族で行くなら、ナイトプールよりこんな温泉がある施設のほうが親子で楽しめること間違いなし!で、絶対に行きたいですね!

スポンサーリンク


さいごに

北海道にある最高すぎるナイトプールをご紹介しました。
落ち着いた雰囲気で夜まで楽しめるこんな素敵なプール、水着で入れる温泉、今まで私は知らなかったです。
想像しているナイトプールとは違いますが、こんなナイトプールの方が家族のいる私にとっては魅力的でした。
私のような方も多くいらっしゃるのでは?
たまには日頃の疲れを癒しに、幻想的な非日常を味わえる静かなナイトプールに行ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク



コメントを残す