5月の肌ケアやターンオーバーは?紫外線に効く日焼け止めも注目


皆さんは5月にどんな肌ケアをしていますか?
ここではその時期に有効な肌ケアをお伝えしてより良い美肌習慣のお手伝いをしていくのが目的です。
お勧めの日焼け止めも見ていきますので、日焼けが気になる方もご覧いただければと思います。

スポンサーリンク



5月の肌トラブルの原因は紫外線?

3月から5月は大気汚染物質や黄砂の飛散量が最も多い時期であり、それらの物質が強風に煽られて肌に付いてしまいます。
その結果として痒みや炎症を引き起こすので、それらの症状に悩まされている方は大気汚染物質が関係しているのでは?と疑った方が良いでしょう。

5月の目玉と言えばゴールデンウィークであり、皆さんも長い連休で緊張の糸がほぐれてきますよね。
しかし連休明けで仕事しなければ!と気持ちを引き締めると同時にストレスを感じてくるもの。

ストレスが肌の抵抗力を低下させて、肌荒れの原因になってしまう
のが気になるところ。
5月から紫外線量が多くなり、真夏と殆ど変わらない紫外線量に達します。

つまり夏の衣替えより肌環境が変化するのが理由で、肌荒れに遭遇し易くなるわけです。
こうした変化についていくために、紫外線量が多くなる5月は特に肌荒れに注意しつつ肌ケアをしていきましょう。

スポンサーリンク



5月の紫外線対策で肌に塗るお勧めの日焼け止めはどんな商品?

5月の肌は真冬と同じ位に乾燥していて、乾燥による肌荒れが懸念されます。
5月だからと言って紫外線対策を怠ると、日焼けする場合があるので注意が必要です。

この時期の肌荒れは外からの刺激が深く関係しており、敏感肌は特に肌ケアを徹底した方が良いとのこと。
日焼け止めが有効で紫外線のダメージを軽減します。
シミや皺も防げるので、マルチな役割を持つ日焼け止めは5月でも頼れるアイテムです。

白い肌の維持にも有効ですし、美白で綺麗な肌になりたい方にもお勧め。

乾燥肌の方は美容成分が配合された日焼け止めが良くて、クリームタイプやジェルタイプ、ミルクタイプをお使いになるといいですよ。
5月の肌ケアでどんな日焼け止めをしていけば良いのか分からない方は、それらのアイテムを参考にした日焼け対策をしてみてはいかがですか?

スポンサーリンク



5月に乱れた肌のターンオーバーをどうやって取り戻す?

人によっては5月などの大型連休に疲れが出てくるみたいで、5月病と変わらない状態になる場合があります。

肌の角質層が乱れることでバリア機能が低下して、肌から水分が抜け出し易くなってしまうようです。
肌がかさつき、保湿システムが正常に機能しなくなります。

そのため洗顔の仕方を改めて余分な角質やごわつきを除去して肌のターンオーバーを正常にさせることが大切。
こうすることで角質層の健康を取り戻して肌のバリア機能を取り戻せるわけです。

肌のターンオーバーが上手く働くようになれば、化粧品の成分がよく浸透するようになるため、保湿効果を高められます。
潤いたっぷりな肌にするための努力を怠りたくない方は、洗顔の仕方など肌ケアに有効なことを始めてみてください。


まとめ

5月は陽気な天気で穏やかな日が続くイメージがありますが、紫外線量の多さで一番苦手な時期だと感じている方がおられるかと思います。
しかしここでご紹介した肌ケアを取り入れていくことで、紫外線による肌トラブルを未然に防げるのは大きいです。
乾燥肌の方も普段の肌ケアを見直した上で再び肌ケアして理想の肌を手に入れましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す