2 回目デートのベストな間隔は?成功する誘い方と場所を選ぶポイント


2回目のデートは、このままただの友達で終わるか、恋人同士になれるのかを分ける大事なシーンだといわれています。なぜなら、女性はつき合っていない男性と2回まではデートをしても、3回目のデートをすることは少ないからです。

1回目のデートで相手の様子をみて、2回目のデートでは恋人としてつき合えるかどうかをみます。万が一、2回目のデートでつき合えないと感じたら、変に勘違いされても困るので3回目のデートを受けることはありません。相手の好意を感じ取ったらなおさらです。

そんな大切な2回目のデート。成功させるにはどうしたらいいのか?場所選びのポイントやスマートな誘い方、告白のタイミングを紹介します。

たとえ、1回目のデートを楽しく過ごしたとしても油断は禁物です。紹介するポイントを意識して、大好きな女性をあなたの彼女にできるように2回目のデートに挑みましょう。



2回目のデートにベストな間隔。早すぎても遅すぎてもダメ!

2回目のデート

彼女のことが大好きで毎日彼女のことばかり考えていたら、またすぐに会いたいと思いますよね。

でも、1回目のデートの直後に2回目のデートに誘うのは我慢しましょう。たとえ、愛情ゆえの行動だとしてもまだ早いです。まだ彼女には伝わりません。ガツガツした印象をもたれてしまいます。

逆に、あまりにも時間をあけてしまっては、1回目のデートで縮まった距離感がムダになってしまいます。マメじゃない人という印象をもたれる可能性も。たとえ、彼女があなたに好意をもっていたとしても、つき合ったらほっとかれそう。と感じてしまうかもしれません。

まだつき合いが始まっていない2人だからこそ2回目のデートの間隔は重要です。はやる気持ちをおさえて、早すぎず遅すぎないベストなタイミングで2回目のデートに誘いましょう。

スポンサーリンク



2回目のデートに最適な場所は?どこへ行くのがベスト?

1回目のデートで得た情報をフル稼働しよう

1回目のデートの会話を思い出してみてください。彼女が行きたがっていた場所、好きだといっていたことはありませんか?

その情報をフル稼働させて、彼女が喜ぶ場所を選んでみてください。きっと、覚えていてくれたことに感動します。誘うときも「○○が好きっていっていたよね?」と、スムーズに誘うことができますよ。

1回目とは違う雰囲気のお店を選んで

デートの終わりに食事をしたり、飲みに行ったりする場合は、1回目のデートとは雰囲気の違うお店を選びましょう。

1回目のデートと似たようなお店だと、適当にお店を選んだと感じる女性も少なくありません。逆に、1回目のデートとはガラッと雰囲気の違ったお店を選ぶと、私のために探してくれたんだ。とか、こんなお店も知っているんだ。と好印象を抱きます。

女性に限らず、自分のために手間をかけてくれた相手には好感をおぼえます。彼女が好きだといった食べものがあるお店、おいしいと評判のお店、彼女のことを考えて探してみてください。

スポンサーリンク



2回目のデートを成功させる誘い方。メールで上手に誘うには?

勝負は1回目のデート終了後から始まっている

女性に、「2回目のデートも行きたい。」と思わせるためには、勝負は1回目のデート終了後から始まっています。1回目のデートが終わったらメールを入れましょう。

  • デートにつきあってくれたお礼
  • 疲れていないか?体調を気づかう文面
  • デートができて楽しかったことを伝える
  • またデートしたいということをさりげなく伝える

こんな内容のメールなら好印象です。女性は、帰宅後もメイクを落としたり、お風呂に入って髪の毛を乾かしたりと忙しいので、できれば彼女が家につくタイミングで送りましょう。

2回目のデートを成功させるスマートな誘い方

理想は、1回目のデートのあとに2回目のデートの約束をすること。具体的な日時や場所まで決めなくても、また行こう。と会話をするだけで、2回目のデートに誘いやすいですよね。そのときの反応で脈があるかどうかを判断できるかもしれません。

2回目のデートへスマートに誘うポイントは、

  • おはよう。お疲れさま。といった挨拶
  • 相手の疲れや体調を気づかう言葉
  • 具体的なデートプラン(どこへ行くか?など)
  • 相手に選択肢を与えるような日程(土曜日か日曜日など)
  • を入れるといいです。

    2回目のデート当日までも、定期的に連絡を取り合いましょう。

    「もし、都合が悪くなったらいつでも言ってね」

    こんな言葉をかけたら、万が一、本当に都合が悪くなっても彼女に気を使わせずにすみますし、あなたの好感度もあがるはず。

    あまりしつこくするのはオススメしませんが、あなたが楽しみにしていることを伝えると彼女だって悪い気はしないはず。2回目のデート当日までに、さらに2人の距離が縮まるかもしれませんね。

    スポンサーリンク



    2回目のデートで告白するのはまだ早い?

    マイナビウーマンのアンケートによると、女性の4人に1人は2回目のデートで告白されたいと思っているのだそうです。まだ知り合って間もない2人ならこれに限りませんが、元々知り合いだった2人なら2回目のデートでの告白は早くありません。

    2回目のデートにきてくれたということは、彼女もあなたのことを嫌いではないはず。ただし、女性は好意をもっている男性に対してもサーッと冷めてしまうこともあります。2回目のデートにきてくれたといっても、まだまだ安心はできません。

    1回目のデートで縮まった距離がさらに縮まるように、彼女の好意がさらに強くなるように、彼女への気遣いを忘れずに、誠実な態度を心がけましょう。

    告白のタイミングはデートの終わりごろがベスト。デートの序盤や中盤で先走って気持ちを伝えてしまうのはいけません。食事の途中で、突然告白されては彼女がとまどってしまいます。うまくいくものもダメになるかもしれません。

    落ち着いて、彼女の様子をみながらお互いにとってベストなタイミングをみつけましょう。

    スポンサーリンク



    さいごに

    2回目のデートにベストな間隔や、場所の選び方、誘い方などを紹介しました。

    実際のデートでは、緊張したり考えていたような行動がとれなかったりすることもあるでしょう。嫌われてしまったかな?と不安になることもあるかもしれません。

    でも、好意をもっている相手の失敗は気にならないものです。それよりも、あなたが誠実であるか、自分のことを大切にしてくれる人なのかどうかを見ています。

    あまり緊張せずに、彼女への気遣いを第一に楽しい時間をお過ごしくださいね。

    スポンサーリンク



    コメントを残す