ひな祭りの目的や由来は?することや食べるものには意味が!


ひな祭りが近づいて来ましたね。
ひな祭りと言えば雛人形ですが、他には何をすればいいの?
とお悩みのお母さんも多いのではないでしょうか?

ここではひな祭りにすることや食べると良いものをご紹介します。



ひな祭りの目的や由来は?

そもそもひな祭りは何のためにするかご存知ですか?
「女の子の日」というのは分かるけど…という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ひな祭りは桃の節句とも呼ばれる、「女の子の健康と幸福をお祈りして祝う行事」です。
女の子の健やかな成長や幸せをお祈りするために行われているんですね。

かわいらしい響きが女の子の日にぴったりですが、なぜ「桃の節句」と呼ばれるかというと、
もちろんそのかわいらしさからではありません。

旧暦の3月3日は、年5回ある節句の日の一つで、節句の日は、季節の変わり目で健康を
お祈りする習わしのある日
です。
桃の木が咲く季節ということと、桃の木には厄除けの意味があったことから「桃の節句」
呼ばれるようになりました。

ひな祭りは、紙で作った人形を川に流して厄除けする風習と、
人形使って遊ぶ「ひいな遊び」という風習が合わさってできたものです。

雛人形を自分の身代わりにして、川に流して厄を落とすようになり、
雛人形が立派に作られるようになったので川に流さず、飾る風習に変わりました。

雛人形には厄災を人に変わって引き受ける人形の役割があったため、
その行事を行う3月3日は女の子の健康や幸せを願う日となったのです。

スポンサーリンク



ひな祭りにすることや食べるものは?


ひな祭りをする意味がわかったら、次はひな祭りにすることです!

そもそも雛人形を用いた行事が由来なので、もちろん雛人形を飾ります。
ひな祭りに雛人形を飾るご家庭は多いですよね。
立春から2月中旬にかけて,遅くともひな祭りの1週間前までに飾り、
3月中旬までには片付けます。

雛人形を飾る以外にすることにはピンと来ないですか?
ひな祭り当日には、いつもより少し豪華なメニューでひな祭りをお祝いする
ご家庭が多いようです。

両親も招いて一緒にお祝いするご家庭や、子どもの友人たちを招いてパーティーをする
ご家庭もあります。

お祝いする際にはメニューにもこだわりましょう!
ひな祭りには、食べると縁起が良いとされているものがあります。
菱餅、ひなあられ、白酒・甘酒、ハマグリのお吸い物、ちらし寿司がその代表です。

ひな祭りには、”しなければいけないこと” というのはありません。
女の子の幸せと健康を祈って、雛人形を準備したり、
縁起の良い食べ物を用意することが ”ひな祭りにすること” です。

スポンサーリンク



ひな祭りに食べるものに意味はある?

ひな祭りに食べると縁起が良いとされている食べ物にはそれぞれ意味があります。
今まで、ひな祭りに食べるものだから…と、なんとなくで食べていませんでしたか?
意味を知って食べると、ありがたく感じますよ!

菱餅は、古代中国の上巳の節句に食べていた母子草が由来で、
緑:健康、新緑の生命力 白:清浄、純潔 桃:魔除け の意味を持ちます。

ひなあられは、もとは菱餅を砕いて作られたものです。
女の子たちが雛人形を持って野山や海辺へ出かけ、お雛様に景色を見せてあげる
「ひなの国見せ」という行事の際に、このあられを作り、持って行ったとされています。
菱餅から作られていたので、菱餅の意味を持つ上に、
あられの4色が四季を意味しており、「1年中幸せに過ごせますように」という
意味が込められています。

白酒・甘酒を飲むのが現在では定番ですが、もともとは、桃の花びらには
厄除けの意味があることと、桃が100歳を表すももとせに通じることから、
桃の花びらを入れた桃花酒が飲まれていました。
江戸時代に入り白酒が定着し、白酒に似た甘酒も定着していきました。

ハマグリのお吸い物には、ハマグリは2枚の貝がぴったりと合い、
他の貝殻とは絶対に合わないことから、「良縁に恵まれ、一生添い遂げられますように」
という意味が込められています。

今では定番となったちらし寿司は、もとはひな祭りとは無関係でした。
豆やレンコン、エビなどの縁起の良い食材が沢山入っているので、
近年ひな祭りの定番メニューになりました。

テーブルに華やかさを添えられるので、ひな祭りにちらし寿司を食べるご家庭は多いです。

まとめ

ひな祭りに何をすれば良いのか、少し参考になりましたか?
ひな祭りは女の子をお祝いする日でもあるので、
娘さんの喜ぶことをしてあげるのが一番です。

その中で、昔からの風習を教えてあげてくださいね!

スポンサーリンク



コメントを残す