結婚式の祝儀の相場はいくら?欠席しても渡さないとダメ?


友人から結婚式の招待状が届いたら、おめでとう!とお祝いの気持ちが浮かぶ反面、
祝儀や結婚式に着ていくドレス、靴、ヘアセットにかかる費用、
ちょっと頭を悩ませてしまうのではないでしょうか。

社会人1年目、2年目の若い女性なら、なおさらです。

結婚式の祝儀はいくら包めばいいのでしょう。

世の中の相場は?余裕がなかったら少なくてもいい?
そんな疑問を解消するべく、結婚式の祝儀について、マナーや相場を紹介します。



結婚式の祝儀。知らないと恥をかくマナー

結婚式の祝儀は、割り切れる金額では「割れる(別れる)」といって、
むかしから奇数が基本
です。

とくに4と9は避けなければいけません。
4は死を、9は苦しむを連想させる数字ですのでお祝いごとにはNG。


結婚式にかかわらずお祝いに使うお金は新札がマナー
早めに新札を用意する必要があります。

万が一、新札を用意できなかったら、

・アイロンでシワを伸ばす
・結婚式場で替えてもらう

という方法がありますが、どちらも確実ではありません。
早めに新札を用意するに越したことはないでしょう。


祝儀袋は金額に合ったものを使ってくださいね。
金額以上に豪華な祝儀袋は、恥をかくことになりかねません。

水引は「あわじ結び」または「結びきり」を使用します。
売られているときに、用途が書かれているのできちんと確認して買えば安心です。

スポンサーリンク



結婚式の祝儀の相場はいくら?2万円でもいいって本当?

結婚式の祝儀は、一般的に身内以外なら3万円が相場です。

しかし、最近は2万円=ペアということで、2万円でもOKという流れも。
冠婚葬祭のプロの方でも、OKだとおっしゃる方もいます。
結婚式の祝儀で2万円を包む場合は、1万円+5千円札2枚にしましょうと。

ただし、受け取る側は2万円をOKだと感じない人の方がまだまだ多く、
一般的にも2万円は非常識ととらえる方の方が多いようです。

恥をしのんで2万円にするか、無理をしてでも相場通り3万円にするかに正解はありません。

ここからは、個人的な考えですが、
親しい友人で、これからも付き合いを続けたいと思う相手の結婚式なら、
無理をしてでも3万円を用意するべきだと思います。

祝儀を数えたとき、1万円札のなかに5千円札がまぎれていると印象が悪く
今後の付き合いを控えようと思われてしまうかもしれません。
あなたの友情を疑われてしまうかもしれません。

結婚式の祝儀は、料理代1万円、引き出物代1万円、お祝い1万円だといわれています。
親しい友人を祝う気持ちがあるなら、無理をしてでも3万円を用意したほうが
いい
のではないでしょうか。

スポンサーリンク



結婚式の祝儀。欠席するときの注意点

万が一、どうしても都合が悪くて結婚式に出席できない場合、
祝儀はどのようにしたらいいのでしょうか。

結婚式を欠席するなら早めに連絡をしなければいけません。
もし、やむを得ず当日や前日にキャンセルする場合は、
出席したときと同じ額の祝儀を渡すべきでしょう。

前もって欠席の連絡を入れた場合でも、本来渡すべき祝儀の1/2~1/3が、
出席しない結婚式の祝儀の相場
です。

半端な金額になってしまうので、1万5千円なら1万円+5千円程度の品物がベストです。
現金で渡すことに抵抗を感じるなら、同額の商品券でもOK


結婚式を欠席する場合は、祝電を送ると喜ばれます。
ぜひ祝電を送ってあげてください。

スポンサーリンク



さいごに

若い女性にとって、友人の結婚式は祝う気持ちと同時に
出費が痛いと感じるかもしれません。

「1万円でもいい」「2万円でもいい」という情報を見かけたら、
つい、その通りにしたくなるでしょう。

しかし、まだまだ一般的とはいえない情報です。
新郎新婦が受け入れてくれるかは危ういのです。

結婚式の招待状は、2カ月前には届くでしょう。
親しい友人なら、招待状が届く前に耳に入っているかもしれません。
ちょっと生活を切り詰めて頑張ってみるのが、一番の解決策かもしれません。

親しき仲にも礼儀ありです。
心から友人を祝う気持ちがあるなら、計画的に祝儀を用意しておきましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す