祇園祭の山鉾に種類が?見られる日程は?山鉾巡行の場所は?


日本三大祭の1つである祇園祭。
京都府外から訪れる人も多いです。

そんな祇園祭の最大の見どころは山鉾(やまぼこ)巡行!
一度は見てみたいと、京都旅行を計画中の方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

ですが、祇園祭は7月いっぱい行われているお祭。
どこに行けば、いつ行けばお目当てのものが見られるのかわかりませんよね。
山鉾(やまぼこ)が見たいあなたに、巡行だけでなく、
山鉾(やまぼこ)を近くで見られるチャンスをご紹介します!



祇園祭の山鉾に種類がある?

祇園祭の山鉾、たくさんあるのは分かるけど、同じものもあるのか、
全部違うものなのか、いくつあるのか、知っている方は少ないですよね。

実は祇園祭で見られる山鉾は、33基もあります!

前祭で23基、後祭で10基の山鉾がそれぞれ登場します。
重要文化財に指定されている山鉾も多数あるんですよ!

昔、どの山鉾が先に巡行するかで争いがあったことから、
現在では毎年7月2日の「くじ取り式」にて巡行順を決定しています。


前祭で見られる山鉾の種類は

1.長刀鉾(なぎなたほこ)*
2.占出山(うらでやま)
3.孟宗山(もうそうやま)
4.霰天神山(あられてんじんやま)
5.函谷鉾(かんこほこ)*
6.伯牙山(はくがやま)
7.四条傘鉾(しじょうかさほこ)
8.芦刈山(あしかりやま)
9.月鉾(つきほこ)
10.山伏山(やまぶしやま) 
11.油天神山(あぶらてんじんやま)
12.太子山(たいしやま)
13.鶏鉾(にわとりほこ・とりほこ)
14.木賊山(とくさやま)
15.綾傘鉾(あやかさほこ) 
16.蟷螂山(とうろうやま)
17.菊水鉾(きくすいほこ)
18.白楽天山(はくらくてんやま)
19.郭巨山(かっきょやま)
20.保昌山(ほうしょうやま)
21.放下鉾(ほうかほこ)*
22.岩戸山(いわとやま)*
23.船鉾(ふなほこ)*


後祭で見られる山鉾の種類は

1.橋弁慶山(はしべんけいやま)*
2.北観音山(きたかんのんやま)*
3.鯉山(こいやま)
4.役行者山(えんのぎょうじゃやま)
5.八幡山(はちまんやま)
6.南観音山(みなみかんのんやま)*
7.鈴鹿山(すずかやま)
8・浄妙山(じょうみょうやま)
9.黒主山(くろぬしやま)
10.大船鉾(おおふねほこ)*

上記の順番は2017年のものですが、
*がついている山鉾は、毎年巡行順が決まっていて「くじ取らず」と呼ばれています。


「山鉾」とひとくくりにして呼びますが、「山」と「鉾」には違いがあるんですよ。

「鉾」は屋根の上に長い真木が立ち、そのてっぺんに
鉾の象徴である「鉾頭」が飾られていて、「山」は御神体の人形と山岳信仰に基づいて
山を表す真松が立っています。

岩戸山、北観音山、南観音山は鉾と同じ形状ですが、鉾頭の代わりに
長さ13メートルほどの松を立てています。

山と鉾の違いを楽しむのも良いですね!


実は、山鉾の中には搭乗することができるものもあります。
長刀鉾・放下鉾・菊水鉾・函谷鉾・鶏鉾・月鉾・大船鉾・船鉾・岩戸山は
一般人でも乗ることができるので、一度体験してみてはいかがですか?
貴重な体験になること間違いなしです!

残念ながら、長刀鉾と放下鉾は女性は乗ることができないので、注意してくださいね!

スポンサーリンク



祇園祭の山鉾が見られる日程は?

祇園祭は7月1日~31日まで行われる八坂神社のお祭りで、一番の見どころは山鉾巡行です。

災厄をもたらす疫神を鎮めるために、町中を練り歩いたことが始まりとされています。
山鉾が街中を巡行することで厄を集めるとされているので、
その集めた厄を留めないようにするため、巡行後は各鉾町に戻り、
戻り次第すぐに解体されてしまいます。

なので、お目当ての山鉾が見られるのは限られた期間だけ!ということになります。

山鉾に関する祇園祭の日程は以下の通りです。

  • 7月10日~14日
    山鉾立て(前祭):前祭の山鉾23基を組み立てます。
  • 7月12日
    山鉾曳き始め:一般人でも山鉾を曳くことができます。 
    (函谷鉾14時~ 鶏鉾14時半~ 月鉾15時~ 菊水鉾15時~ 
    長刀鉾15時半~ 四条通・室町通にて)
  • 7月13日:山鉾曳き初め舁き初め
    (蟷螂山12時~ 放下鉾15時~ 船鉾15時~ 岩戸山15時~ 
    西洞院通・新町通にて)
  • 7月17日
    山鉾巡行:四条烏丸から巡行します。
  • 7月18日~21日
    山鉾立て(後祭):後祭の山鉾10基を組み立てます。
  • 7月20日
    山鉾曳き初め
    (北観音山15時~ 南観音山15時~ 大船鉾15時~ 八幡山(見るだけ)
    16時~ 新町通にて)
  • 7月21日 
    舁山舁き初め:舁山(橋弁慶山11時~)の舁き初めが見られます。(蛸薬師通にて)
  • 7月24日
    山鉾巡行:烏丸御池から巡行します。

「山鉾立て」から「山鉾巡行」までにそれぞれの鉾町に行けば
山鉾を見ることができます。

ですが、男性なら特に、曳けると聞くと曳いてみたくなりますよね!
見るだけでなく曳いてみることができる「山鉾曳き初め」の日にぜひ訪れてみてください!

スポンサーリンク



祇園祭の山鉾巡行 通る場所は?

山鉾巡行は前祭と後祭で通る場所が少しだけ違います。

7月17日の前祭では、
四条烏丸(午前9時) →○四条河原町(9時35分)→○河原町御池(10時20分) →○新町御池(11時20分) のルートを通ります。

山鉾が四条通を河原町まで東へ進む途中で、くじ改め(四条通と堺町通の交差点付近)と
注連縄切り(麩屋町との交差点の付近)が行われます。

くじ改めはくじ取り式で決まった順番を確認するもので、
注連縄切りは四条通を横切るように斎竹に張られた注連縄を、
長刀鉾に乗り込むお稚児さんが刀で切り落とすものです。
どちらも見どころなので要チェックですよ!

7月24日の後祭では、
○烏丸御池 (午前9時30分) →○河原町御池(10時)→○四条河原町(10時40分) →四条烏丸(11時20分) のルートを通ります。

○の交差点では、人力で鉾の方きを変える山鉾巡行最大の見せ場である
「辻回し」が見られます。

辻回しを目的にたくさんの人が押し掛けるので、場所取りには注意してくださいね!
山鉾巡行の日には、御池通に有料観覧席も設置されるので、
ゆっくり見たい方は検討してみてはいかがですか?


まとめ

祇園祭が行われるのは京都の中心地なので、山鉾を見に来たついでに
ショッピングや観光を…なんてこともできますよ!

一人でも、家族でも、デートでも楽しめるので、ぜひ一度足を運んで、
その迫力に圧倒されてみては?

スポンサーリンク



コメントを残す