婚活中の40代の現実と結婚相談所やサイトでの立場は?


40代の人にとっての婚活は、結構厳しいものがあります。
従来の希望をそのまま掲げていても、思う相手には巡り合いにくいものです。
一方で子供をもつことが結婚の目的になっている場合には、若い女性を希望する男性が多いのは普通の考え方です。

でも、最近は男性も考え方が変わってきました。

何が何でも年下の女性がいいとは思っていません。また、働いている女性が好きだという人も多いのです。昔とは少し感覚が違います。



婚活中の40 代には厳しい現実

40代の女性の婚活で、まず認識しておきたいのは現実的なことです。
婚活をしている人の目的は、パートナーがほしい人と、子供を持ちたい人がいます。

子供が欲しいという男性から見れば、40代の女性はギリギリ圏内かまたは圏外になります。
子供がすぐにできるかどうかを考えたときには、少しでも若い方が可能性が高くなるので、それ自体、仕方のないことではあります。この考え方は従来からよく聞くものです。

また、40代ともなるとそろそろ親御さんの介護の問題も見えてきます。
男女ともに、結婚がバラ色だけではなくなってくる年齢です。


一方で、従来型とはまた違う結婚観を持つ人も増えています。

パートナーを得ることが目的で婚活している人の考えは、子供はいらない、またはいなくてもいいという人です。
40代を過ぎた男性には、年齢的に子供を育て切る自信がない。
子供がかわいそうだという考えの人もいるのです。

こういった考え方の男性は、パートナーに自立した人格を期待しています。
二人で人生を豊かなものにしたいと思っていて、働く女性も大歓迎。
家事の分担は当たり前という考えの人もいるのです。

こういった考え方は、30代の人でも珍しくはありません。
と、考えてくると40代女性の婚活の対象男性の年齢はなにも40代以上の人でなくてもいいわけです。
年下の男性も十分に圏内に入ってきます。

スポンサーリンク



婚活中の40代 結婚相談所での立場は?

40代で婚活を始める人の多くが結婚相談所に登録します。
大手の結婚相談所ともなると登録料や紹介料など、相当の費用が掛かります。
かける費用の大きさで本気度がわかると考える人もあります。

コンピューターのマッチングで様々な人を紹介してくれるタイプと、昔ながらの仲人さんが個人的な感性でお見合いをセッティングしてくれるタイプがあります。

また、一度に複数のお付き合いを禁じているところと、奨励するところがあります。
一度に複数の交際を進められることについては戸惑う人も多いようです。
後ろめたい気持ちを持つ人も多いのです。

これについては、自分の信条通りに行動した方がうまくいきます。

誰しも、複数交際は気分のいいものではありません。
隠し事をしながら相手に接することができなければ、虻蜂取らずの結果になりがちです。

スポンサーリンク



婚活中の40代 サイトでの立場は?

結婚相談所は費用も時間もかかるので、とりあえずは婚活サイトへの登録からはじめてみるのもいいでしょう。
婚活サイトは、いろいろな人とメールのやり取りが可能になるので、複数接触はむしろ当たり前です。

お会いする機会も増えるかもしれません。

ただし、お相手の本気度は自分で判断するしかないので、少しリスクもあります。
メールのやり取りでじっくり判断をしなければなりません。
もちろん結婚相談所も全くリスクがないとは言えません。

スポンサーリンク



さいごに

40代の婚活は、確かに厳しい面が多いは事実です。

一方で結婚年齢はどんどん高齢化していて、独身の中高年者の方は増える傾向にあります。
いわゆる結婚適齢期の概念は無くなりつつあります。

実年齢よりは、見た目年齢や健康年齢が重要視されるようになります。
また、二人で楽しい人生を作っていくとなると、趣味の世界も大切になります。

スポンサーリンク



コメントを残す