日焼け止めノンケミカルの意味は?メリットは?ウォータープルーフは?


今年も日焼け止めが店頭に並ぶ季節がやってきましたね。
最近よく見かけるのがノンケミカルの日焼け止めですが、ノンケミカルの意味をご存じですか?

ノンケミカルとは、紫外線吸収剤を使用していない日焼け止めのこと。

これだけ聞くと、紫外線吸収剤=肌に悪いモノ、ノンケミカル=肌にいいモノ、というイメージをもつかもしれませんが、一概にそうとは言い切れないのです。

日焼け止めは、ノンケミカルの方が肌に良さそうだけど実はあまりよく分からない。
そもそも、ノンケミカルってどういう意味?という方へ向けて、ノンケミカルの日焼け止めについて紹介します。

この記事を読めば、ノンケミカルの日焼け止めがどういうものなのかを理解することができます。


そして、自分に合った日焼け止めを選ぶことができるでしょう。

もし、お友達との会話でノンケミカルについての話題がでたら、ここで得た知識を教えてあげると感謝されること間違いないです。



今さら聞けない!日焼け止めのノンケミカルってどういう意味?

日焼け止め
ノンケミカルの日焼け止めは、紫外線吸収剤を使用せずに紫外線散乱剤のみを使用した日焼け止めのことをいいます。ケミカルフリーといわれることもあります。

【紫外線吸収剤の特徴】

肌にバリアを張った上で、紫外線を吸収しエネルギーに変えて排出します。
原料は「メトキシケイヒ酸オクチル」や「オクチルトリアゾン」といった化学物質。
吸収した紫外線をエネルギーに変えるときに化学反応をおこします。

原料に化学物質が多く含まれる点と、肌の上で化学反応を起こすという2点が、
紫外線吸収剤が肌へ負担をかけるといわれる理由です。

【紫外線散乱剤の特徴】

鏡のように反射して紫外線を跳ね返します。
紫外線吸収剤を使用していないことで、お肌に優しい成分だとか自然成分だと思われがちですが、
実は、その原料は「粘土」や「金属」を粉末状にしたものなんです。

普通の日焼け止めは、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の両方が使用されていますが、その理由は、それぞれにメリットとデメリットがあるからです。

スポンサーリンク



日焼け止めのノンケミカル。メリット・デメリットは?

ノンケミカルの日焼け止めについて、さらに理解を深めていただくために、ここでは、ノンケミカルの日焼け止めについてメリット・デメリットを紹介します。

○ノンケミカル日焼け止めのメリット

  • 肌への負担が少ない
  • 石鹸で落としやすい

○ノンケミカル日焼け止めのデメリット

  • UVカット効果が低い
  • 肌なじみが悪い、白浮きしやすい

ノンケミカルの日焼け止めには、こういったメリット・デメリットがあげられます。
一方、紫外線吸収剤を使用したケミカルの日焼け止めのメリット・デメリットは正反対。

○ケミカル日焼け止めのメリット

  • UVカット効果が高い
  • 肌なじみがよく、白浮きしにくい

スーッと伸びて肌なじみのいいジェルや、サラサラとした液体日焼け止めのほとんどはケミカル日焼け止めです。

○ケミカル日焼け止めのデメリット

  • 肌への負担が多い
  • 石鹸だけで落とすのは難しく、クレンジングを使用する必要がある

ノンケミカルの日焼け止めは、化学物質が少ないと言うメリットがある反面UVカット効果が低いというデメリットがあります。

敏感肌の方にとって紫外線は悪影響を及ぼしますから、ひとくくりにノンケミカルなら安心というわけではないことを理解しましょう。

スポンサーリンク



日焼け止めノンケミカルはこんな人におすすめ

ノンケミカルとそうでない日焼け止めのメリット・デメリットは理解できたでしょうか。
もしかしたら、ますます日焼け止め選びが分からなくなった。と思っているかもしれませんね。

  • 化学物質にアレルギーがある人
  • 超敏感肌の人
  • 日中、屋外にいる時間が短い人
  • これまでに日焼け止めで肌が荒れた経験のある人

こんな人は、ノンケミカルの日焼け止めを試してみて損はないと思います。

ただし、紫外線吸収剤を使用していないというだけでノンケミカルといえるのが現状です。
パラベンや香料、アルコールなどの肌に刺激を与える成分をたくさん使用していてもです。
成分をしっかり確認して自然素材の成分を使用している日焼け止めを選びましょう。

たとえ、自然素材の成分しか使用していない日焼け止めでも、すべての人の肌に安全ということはありません。初めて使うときは必ずパッチテストを行いましょう。

【パッチテストのやり方】

  1. 入浴後の肌が清潔な状態で、腕の内側に適量を塗る
  2. 24時間様子をみて、腫れ・痒み・赤みがないかを確認する
  3. 次に、フェイスラインの目立たない部分に少量を塗って、同じように腫れ・痒み・赤みがないかを確認

パッチテストは時間をおかなければいけませんので、面倒くさい。せっかく買ったからすぐに使いたい。と思うかもしれません。しかし、日焼け止めに限らず初めて使う化粧品は必ずパッチテストを行いましょう。

腫れたり赤くなったりして後悔のないようにしてくださいね。

スポンサーリンク



日焼け止めでノンケミカルかつウォータープルーフはある?

日焼け止めで、ノンケミカルかつウォータープルーフを探している方もいるでしょう。
汗をかきやすい夏に大活躍する日焼け止めですから、ウォータープルーフ必須という方もいるかもしれませんね。

ノンケミカルの日焼け止めで、かつウォータープルーフというものもあります。
あるのですが、あまりおすすめはできません。

なぜなら、ウォータープルーフの化粧品のほとんどは1度肌につけるとなかなか落ちないからです。
普通のクレンジングではきれいに落とすことが難しいため、強力なクレンジングが必要です。

強力なクレンジングは、界面活性剤の濃度が高く肌への負担も多くなります。
これでは、せっかくノンケミカルの日焼け止めを使っている意味があるのでしょうか?

ウォータープルーフの日焼け止めを使うのは、海やプールへ行くときやスポーツをするとき、長時間メイク直しができないときなどに限定することをおすすめします。

特に、敏感肌の人は、普段は肌への負担が少ない自然素材の成分でできた日焼け止めを使うように心がけましょう。


日焼け止めはノンケミカル以外も検討しよう!敏感肌におすすめな自然派素材の日焼け止め

ここまでノンケミカルの日焼け止めについて紹介してきました。
ノンケミカル=肌に優しいとは限らないということをご理解頂けたかと思います。

肌への負担が高いといわれている紫外線吸収剤でも、最近は進化していて肌への負担が少ないものもあります。それは「シラソーマ」といい、肌に無害なシリコンで紫外線吸収剤をコーティングした日焼け止めのこと。

肌に直接紫外線吸収剤が触れることや、化学反応で変化したエネルギーが肌に触れるのを防いでくれるので、アレルギーの方や敏感肌の方に人気なんです。

UVカット効果という日焼け止め本来の役割が高く、肌へなじみやすい、白浮きしないといった、紫外線吸収剤のメリットそのままに、肌への負担が多いといったデメリットをカバーしてくれるシラソーマ。一度、検討してみてはいかがでしょうか。

シラソーマを採用した日焼け止めで、敏感肌の方にもおすすめしたいのがこちら。

【ドクターシーラボ マイルドUV】

パラベン・香料・着色料・鉱物油・アルコールを一切使用していない、超低刺激の赤ちゃんにも使える日焼け止めです。

スポンサーリンク



さいごに

各メーカーから発売される日焼け止め。
ドラッグストアに行けばズラーっと並んでいるので迷いますよね。

違いがよく分からない。自分に合う日焼け止めが分からない。

そう思っている方が、この記事で自分の肌に合った日焼け止めを見つけることができればうれしく思います。

紫外線はお肌の大敵ですが、気にし過ぎて引きこもってばかりではもったいなさすぎます。上手に紫外線をカバーして、夏のイベントを楽しんでくださいね!

スポンサーリンク



コメントを残す