足がだるくなる原因はコレだった!改善策と解消法もご紹介


毎日の立ち仕事で一番疲れが出やすいのは「足」ではありませんか?
何時間も立ちっぱなしだと足がだるくなって、慢性的にだるさを感じてしまいますよね。
そこで今回は仕事中でもできる足のだるさを改善する方法をご紹介します。


他にも合わせてその原因と私生活でもできる、簡単なケア方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてお仕事を快適にできるようにしてください。

足のだるさがなくなるともっと仕事も快適にできて、日々の生活も気持ち良く過ごせますよ!
意外と簡単な方法で楽になるのでぜひ試してみてください。



足がだるくなる原因は?

ふくらはぎのだるさが取れない女性

まずは足がだるくなる原因をご紹介します。
一番よくある原因は蓄積された「疲れ」です。

筋肉の疲労を起こしてしまうと、筋肉が張っている状態になり血液の循環が悪くなります。
筋肉は血液を全身に送るポンプのような役割りをしているので、疲労により機能が低下してしまうと足がだるく感じてしまいます。

また、仕事などで立ちっぱなしが続くと足に血液や水分がたまってしまい、筋肉の疲労も相まってよけいにだるさを感じてしまいます。
締め付けの強いジーンズなどを常用していると、血流が悪くなる原因にもつながるのでストレッチの効くものや、ゆったりとしたものを履く日も作るようにしましょう。


他には血液の循環を悪くする原因でもある「冷え」から足のだるさを感じる場合があります。

足首を出すズボンを履いていると足全体が冷えてしまって、だるさの原因にもなってしまいます。
そのような日常的な原因の蓄積によって足のだるさが慢性化してしまい、改善するのにも時間がかかってしまうことがあるので注意しましょう。
次は立ち仕事の時でもできる足のだるさの改善方法をご紹介します。

スポンサーリンク



仕事中に足がだるい時の改善法は?

仕事中に足がだるくなった時そのまま仕事を続けるのは辛いですよね。
立ち仕事の合間でもできる足のだるさをだるさを、簡単に改善できる方法をご紹介します。
日常的に行うことで予防にもつながるので、ぜひ参考にしてください。

まず一つ目はかかとを上下にあげる運動です。
ずっと地面に足をつけていると足首も硬くなって、ふくらはぎの筋肉も張ってしまいます。
筋肉が張ると血流が悪くなり、足がだるくなるのでかかとを上下に動かして筋肉をほぐします。
安定したテーブルなどに手をついて、かかとを挙げた際にふくらはぎの筋肉がきゅっと締まっているのを意識しながら行うとより効果的
です。

二つ目はカウンターなど同じ場所に立ち続けて、なおかつ足元が隠れている方におすすめの方法です。
10cm程度の高さがある台に片足を乗せて緊張を和らげます。
数分おきに置く足を変えながら台に乗せると、それだけで筋肉の緊張が和らいで足のだるさも少しマシになります。

自宅においても台所などに台を置いて片足を乗せておくと、むくみやだるさの予防になるのでおすすめの方法です。

日々の仕事中にできる簡単な方法で足のだるさが改善されますのでぜひ試してみてください。
続けることで効果が感じられるので、地道に続けて癖付けてみてください。

スポンサーリンク



私生活でできる足がだるい時の対処法は?

仕事中にできる足のだるさの改善方法をご紹介しましたが自宅ではどんなことができるのか知りたくないですか?

いつもよりも少しだけ気をつけるだけで、足のだるさを根本的な部分から対処することができますのでぜひ参考にしてください。

まず一つ目は「湯船につかる」ことです。
体があったまって血流が良くなるからということはすでにご存知かと思います。
もちろん体を温めて、内臓や体の中から暖かくなれるので血流改善に直結するので湯船に浸かることは大変おすすめですが、それ以外にも理由があります。

たくさんのお湯の中に体を入れるということに意味があるのです。
大きな湯船に体を入れることで水圧と浮力の力が体に働いて、血流やリンパの流れを良くします。
日常的に湯船に浸かるようにして置くと、より血流への効果も期待できるので時間がかかりますが、湯船は大変おすすめです。

もう一つは着用する衣類にも気をつけるということです。
体を温める衣類を着用するだけで体の冷えを完全できる場合もあります。
保温性の高い下着やタイツを履くように心がけましょう。

自分で思っているよりも自分の体は冷えていますので、足のだるさに悩んでる方は温活を意識して日々を過ごしましょう。

スポンサーリンク



さいごに

足がだるいという悩みは多くの方が持っている悩みです。

今回の内容を参考にして、足のだるさを少しでも改善し快適な日々をお過ごしください。
今よりも少し気をつけるだけで、改善は大きく感じられると思います。
自分のできる無理のないペースで、長く続けることが大切です。
ぜひチャレンジして快適に生活をおくりましょう!

スポンサーリンク



コメントを残す