愛知や名古屋の人気ナイトプールはココ!デートだけでなく出会いがある可能性も!必須の持ち物もご紹介


プールと言うと、一昔前は炎天下の夏の空の下で入るところといったイメージが大きかったのですが、最近では必ずしもそうではなくなってきています。その理由は、ナイトプールで遊ぶという新しいプールの楽しみ方が、若い人たちの間で流行するようになっているからです。

今の日本の夏なら夜になっても暑いままの状態が続く場合が多いので、冷たくて辛いと感じることなくプールで遊ぶことが出来ます。
また、子供連れのお客さんでごった返す昼間のプールとは違って、ナイトプールは大人だけで楽しむロマンチックな雰囲気が漂っているため、デートするのにピッタリの場所代と言う点が、その人気の大きな理由の一つです。

もし彼氏や彼女がまだいない人であっても、そこを訪れれば素敵な出会いが待っている可能性があるので、足を運ぶ価値は十分あると言えるでしょう。そのように、若い世代の人たちから大きな人気を得ているナイトプールは、名古屋を始めとする愛知県にもあります。そういった場所の代表格と言えるのがラグナシアです。

今回は、このラグナシアについてご紹介していきます。



名古屋のナイトプールと言えばラグナシア

愛知県を代表するナイトプールといえばラグナシアです
ラグナシアは蒲郡市の海陽町にあるラグーナテンボスという複合施設の中に作られた、海をテーマにしたテーマパークのことです。

その敷地の中には、ジョイアマーレの浜辺と名付けられた波のプールや、ルナポルトという名前の大きなプールなどの、それぞれに異なる特徴を持ったいくつもの種類のエリアがあるので、いつも多くのお客さんで賑わっています。

そのラグナシアでは夏場だけの限定でナイトプールがオープンするため、それを目当てに訪れるお客さんがとても多くなります。


それぞれのエリアが夜でも入れるようになり、中には子どもでも入場可能なエリアもあるのですが、デートで訪れたり、出会いを求めたりする目的の人には、大人限定で楽しめるジョイアマーレの浜辺がおすすめです。
カラフルにライトアップされた華やかなプールで、音楽を聴きながらお酒を飲見ながら遊ぶという、とてもロマンチックで情熱的な時間を過ごすことが出来るからです。

また、このジョイアマーレの浜辺ではスペシャルゲストを招いたパーティーが開催される日があるので、それに参加したい人は公式サイトで日程を確かめて、その日に合わせて訪れると良いでしょう。

大人限定ではないものの、ルナポルトでは花火が打ち上げられる様子や噴水ショーを見ることが出来るので、デートするのにピッタリですね。

スポンサーリンク



ラグナシア以外の愛知県のナイトプールは?


愛知県内にはこのラグナシアほどの規模を誇るナイトプールは他にはないものの、夜に楽しめるプールがいくつもあります。

例えば、名古屋駅からすぐ近くの場所にある名古屋マリオットアソシアホテルの18階にあるプールは、夜9時まで営業しているので、美しい夜景を見ながら泳ぐというロマンチックな時間を楽しむことが可能です。

マリオットアソシアホテル公式ホームページ


ただし、そこはホテルの宿泊客か会員しか入れないので、気軽に訪れるというわけには行きません。
とは言え、それによって逆に大勢の人でごった返すことがないので、ゆったりと過ごせるという魅力にもつながります。
なので、カップルで旅行気分でホテルに宿泊し、夜になったら泳ぎに行くという楽しみ方をすると良いでしょう。


また、安城市の和泉町にあるマーメイドパレスは、夏場には夜9時まで営業しているので、その中にある様々な種類のプールを夜でも楽しむことが可能です。

マーメイドパレス公式ホームページ

スポンサーリンク



ナイトプールに持参すると良い物とは?

ラグナシアに代表されるナイトプールに遊びに行く場合には、必須と言える持ち物がいくつかあります。

当然のことですが、水着やタオル、サンダルなど、通常のプールで必要となるものは必ず持って行くべきです。
また、プールの中でゆっくりと浮かんで楽しめるように浮き輪を持って行ったり、インスタに上げる写真を撮影するために、防水機能のあるスマホや自撮り棒を持って行く方が良いでしょう。

防水機能がないスマホであっても、防水性のケースを持参すると安心できるのでおすすめですよ。
スマホを水没させてしまうと高価な修理代金が請求されますが、それに比べると防水ケースは非常に安価でできる水没対処策です。


また、意外と忘れがちですが、レジャーシートも準備しておくと便利です。
少し自ら上がって休みたいときに、サッと拡げることができるものを用意しておきましょう。

大阪城のナイトプール | デートにも使えて出会いもある!? オススメのスポットと準備しておくべき持ち物とは

スポンサーリンク



コメントを残す