プール ウォーキングで痩せた!?プールで歩くメリットを紹介!


「ダイエットしなくっちゃ!」と思ったら、まず試す方法の一つに運動があります。

特に、プールでのウォーキングによって「痩せた!」という喜びの声をよく聞きます。

なぜ、プール ウォーキングがダイエットに向いているのか?

今回は、この方法によって得られる様々なメリットについてご紹介していきます。



プールで歩くと、どれくらカロリーを消費するの?


まず、プールで歩くとどれくらいの消費カロリーがあるか?ですが、これはその人の身長や体重などから個人差があります。

しかし、大体で言いますと、1時間水中ウォーキングをすると約300キロカロリー位が消費されます

地上でのウォーキングですと、これも個人差がありますが約150キロカロリー位が消費されます。

つまり、倍近くのカロリー消費効果が期待できるというわけです。

しかし、歩き方によってもこの消費カロリーは当然変わってきます。

ですから、自分のペースに合わせた速さで水中ウォーキングを行う事が大事だと言えます。


スポンサーリンク



プールで歩くと腰痛が軽減するって本当?

腰の痛みは寒さで慢性化しやすいってご存知ですか?
ここではプールで歩く事で腰痛改善に役立つ点についてご紹介していきます。

※なぜ腰痛改善にプールがいいのか?
地球上にいる私たちには重力がかかり続けています。そして体重の約60%を支えている腰には、かなりの負荷がかかっています。
しかし水中では身体にかかる重力が約10分の1になるため、その分身体(特に腰)への負担も軽くなるのです。
腰への無理な負担を掛けずに、腰に関わる筋肉や筋を伸ばすことができることから、プールは腰痛に良いと言われています。

❈初心者にオススメ!水中運動3選

1.大股歩き
ゆっくりと歩きましょう。大股で歩く時、足の付け根から足を前に出し、骨盤が動いていることを意識しましょう。腕も前後に振るとバランスよく歩けます。

2. 足上げウォーキング
膝を高く上げて歩きましょう。はじめは歩きづらいかもしれませんが、次第にカラダに軸が取れてくるとぶれが収まります。

3. 足回しウォーキング
足を一歩前に出すとき、股関節からぐるりと外に足を回します。これで骨盤の中の血流が上がります。

これらのトレーニングを、まずは10分ずつ行いましょう。終わったらストレッチも忘れずに!
ご紹介したトレーニングは腰痛改善だけでなく、足のむくみも取ってくれますよ!


スポンサーリンク



プールの水に含まれる塩素が理由で、髪や肌が荒れないようにしよう!

プールに塩素が消毒のために入れられているのはやむをえませんが、塩素が髪や肌から水分を奪うという点で、負担をかけているということは確かです

塩素によって髪は乾燥してゴワゴワするし、切れ毛や枝毛も増え、肌艶が悪くなる。時にはニキビができるなんてことも!

こんなことにならないように、ここではプールの塩素から髪と肌を守る方法を紹介しましょう。

❋泳ぐ前に

1.泳ぐ前にシャワーで髪を洗い流しましょう。こうすることで、髪が塩素処理されていない水を吸収し、塩素の吸収量を減らせるのです。

2.泳ぐ前に髪をヘアトリートメント、または洗い流さないタイプのコンディショナーを髪に使い、水分を閉じ込めましょう。

3.さらにスイミングキャップの使うと効果的です。

❋泳いだ後に

1.プールから出たらすぐに髪をシャワーで洗い流し、塩素を取り除きましょう。

2.髪の奥深くまで塩素を取り除きたければ、アップルサイダービネガーで髪を洗うことをお勧めします

アップルサイダービネガーに含まれているミネラルやコエンザイムが、髪に蓄積された塩素成分を排出してくれるのです。

ただ、こういった商品は、髪から栄養分も取ってしまうこともあるので、控えめに使うようにしてください

スポンサーリンク



さいごに

いかがでしたか?
ダイエットはどんな方法も大変なのですが、プールを利用したウォーキングは、体への負荷が少ない理想的なダイエット法の一つではないでしょうか?

肝心なのは、それを続けること!

「千里の道も一歩から」という言葉のように、健康的に痩せられるまで頑張って続けていきましょう!

以上!「プール ウォーキングで痩せた!?プールで歩くメリットを紹介!」でした!

スポンサーリンク



コメントを残す