婚約指輪の相場って年収で決まる?カラット数やお返しは?


婚約指輪は女性が最も憧れるプレゼントの一つです。

中には婚約指輪にとても大きな期待を寄せていて
婚約者に無理な要求をする人もあります。

友人に婚約指輪が素晴らしかったりすると、同じようなものがほしくなってしまいますよね。
一生に一度の大きなプレゼント、価格が張るものだけに選び方は慎重になります。

婚約指輪を選ぶときの相場はどのようにして決まるのでしょうか?



婚約指輪の相場って年収で決まるの?

実際にプロポーズのときに婚約指輪を渡すのは今は少数派です。

無事、婚約が調ったあとで購入する方がほとんどです。
そのため、一般的には3点セットで購入することが多いようです。
そのうちの婚約指輪が男性負担、結婚指輪が折半というのが普通です。

昔は婚約指輪は月収の三倍が相場といわれていました。
年収の4分の1です。

年収500万円なら、125万円の指輪ということになります。

実は、これはバブル時代に行われた宝石店の宣伝だと思われます。

昔の結婚は女性が嫁入りするという考え方がありました。
夫側の実家に同居することも多々あったのです。
こういう場合には、結婚も親がかりでした。

つまりは、婚約指輪も親が負担することが珍しくなかったのです。
そうなれば、あながち不可能な金額でもなかったのかもしれませんね。

現代では、結婚は二人の問題です。
となれば、婚約指輪も実質的に自分の手持ち金額の範囲で買うことになります。
婚約指輪が100万円越えとなると相当に高収入な婚約者だということです。

現代は、一般的には15万円~40万円ぐらいが相場だといわれています。
もちろん、考え方や収入によってはもっとお買い得品でも何ら問題はありません。

結婚する二人の結婚式、新居の費用などを考えたうえで
無理のない婚約指輪が望ましい
のです。

スポンサーリンク



婚約指輪の相場をカラット数で決めることってある?

友人の婚約指輪を見てうらやましい気持ちになる女性は多いと思われます。
女性がうらやましく感じるのは、最近ならブランドです。

世界的な有名ブランドや芸能人御用達ブランドの指輪をもらった友人をうらやましく感じるのです。
また、大きなダイヤモンドも女性たちのあこがれの的です。

ダイヤモンドの価格を決めるのは、カラット数、色、輝き、透明度ですが、
このほかに為替相場が関係します。

そして今や最も大きな要素がブランドです。

ところが、為替相場やブランド価値は変動するのです。
最も変動しにくい価値がダイヤモンドのキャラット数です。

婚約指輪に詳しい人たちがおすすめしているのは
大きなダイヤモンドをお買い得に買うこと
です。

ブランドや販売店の格にこだわらずに、大き目のダイヤモンドをお勧めする傾向が強いのです。

ブランドや販売店は見た目にはわかりません。
でも大きさは一目瞭然
、なら大きさ重視でいいのでは?という意見なんです。


ここ数年の一般的な婚約指輪では0.2~1カラットが中心です。
1カラットといえば大きなダイアモンドですが、
お買い得な買い方をすれば無理な大きさでもないのです。

スポンサーリンク



婚約指輪の相場ってお返しの金額にも影響する?

婚約指輪をいただくと、今度はお返しの問題があります。
婚約指輪はプレゼントされるものなのでお返しはいらないと思っている人もいます。

しかし、何かもらったなら何らかの形で返すのは当然といえば当然です。

一般的には婚約指輪のお返しは、半返しといわれています。
婚約指輪が30万円なら15万円程度のものをお返しするといわれています。

お返しするものは時計やスーツといったものが多いようです。

サプライズで高価な婚約指輪を贈られたような場合には、半返しが難しい場合もあります。
贈った側も、お返しのことなど念頭にない場合も多いのです。
その場合には、無理のない範囲のお返しにしても差し支えありません。

お返しが気になるようなら、サプライズは控えてお互いのできる範囲をしっかり相談しましょう。


さいごに

一生に一度とばかりに婚約指輪に預金をはたいてしまうのか?
はたまた、後の生活のためにと地味なもので我慢をするのか?
二人の価値観がしっかり現れるところです。

いずれにしても、相手の都合を配慮することが肝心です。

スポンサーリンク



コメントを残す