母の日のプレゼントにぴったりの花ランキング!花の選び方、花以外のプレゼントはアリ?


5月の第2日曜日は何の日かご存知ですか?
そう、母の日です。

あなたは自分を育ててくれたお母様へ感謝の気持ちを伝えていますか?
日頃から感謝の言葉を口にするのが何となく気恥ずかしくて結局あまり言えていない、そういう方もいるのではないでしょうか?
ただ、気持ちは言葉にしなければ伝わりません。


母の日に便乗して普段から思っている感謝の気持ちをプレゼントと一緒に伝えましょう。

今回は母の日のプレゼントとして喜ばれる花をランキング形式で紹介します。
花の選び方も併せて紹介するため、花を贈るのが初めての方は花の選び方をしっかり覚えましょう。
また、花以外のプレゼントを贈りたい方のためにも、花以外のプレゼントを紹介します。



母の日のプレゼントとして喜ばれる花ランキング!

母の日のプレゼントといえばやっぱり花ですよね。
花であれば照れ臭くて上手いこと言葉で感謝の気持ちを表せなくても、「あぁ、母の日だから一生懸命選んでくれたんだな」と自分の伝えたかったことがお母様に伝わりやすいです。

ただ、花は花でも種類が沢山ありますよね。
「せっかく母の日に花を贈るのに一種類だけでは寂しい気がする」「今年はいつもとは違う花をプレゼントしてみたい」
そういった場合はまず、母の日に贈って喜んでもらえる花を覚えましょう。

  • 第1位︰カーネーション

    母の日に贈られるもっともオーソドックスな花の一つです。
    母の日にプレゼントを贈ったことがなくて何が喜ばれるか分からない、無難なものをプレゼントしたいといった方は一先ず今年はカーネーションをプレゼントして様子を伺ってみるのも一つの手です。

    カーネーションの花言葉
    赤色のカーネーション︰「母の愛」「愛を信じる」
    ピンク色のカーネーション︰「感謝」「上品・気品」「暖かい心」
    オレンジ色のカーネーション︰「純粋な愛」「清らかな慕情」
    紫色のカーネーション︰「誇り」「気品」
    青色のカーネーション︰「永遠の幸福」

  • ちなみに、カーネーションの保存方法や育て方については、以下の記事が参考になりますよ。

    カーネーションの育て方 鉢植えで冬でも枯れる事なく育てるには?

  • 第2位︰ガーベラ

    ガーベラは花の持ちが良く、フラワーアレンジメントで用いりやすい花の一つです。
    色も種類豊富でどんな色の花束でも色を合わせやすいため、花束を作ったことがない方でも組み込みやすい花です。

    ガーベラの花言葉
    赤色のガーベラ︰「燃える神秘の愛」「限りない挑戦」
    ピンク色のガーベラ︰「熱愛」「思いやり」
    オレンジ色のガーベラ︰「冒険心」「忍耐強さ」
    黄色のガーベラ︰「優しさ」「親しみやすさ」
    白色のガーベラ︰「律儀」「純潔」
    

  • 第3位︰ユリ

    ユリは存在感のある花でさまざまな種類の花で作られた大きな花束でもとても目立ちます。
    香りも良く、ユリの香りが好きな方も多いため、比較的好まれやすい花です。

    ユリの花言葉
    白色のユリ︰「純潔」「威厳」
    赤色やピンク色のユリ︰「虚栄心」
    黄色のユリ︰「偽り」「陽気」
    オレンジ色のユリ︰「華麗」「愉快」「軽率」

  • 第4位︰チューリップ

    老若男女問わず愛される誰でも知っているの花の一つです。
    親しみやすいだけでなく色とりどりでとても可愛らしい花ですね。

    チューリップの花言葉
    赤色のチューリップ︰「愛の告白」
    ピンク色のチューリップ︰「愛の芽生え」「誠実な愛」
    黄色のチューリップ︰「望みのない恋」「名声」
    紫色のチューリップ︰「不滅の愛」

  • 第5位︰スイートピー

    ほのかな甘い香りがする花です。
    可愛らしい歌詞の名曲のタイトルにもなるなど女性が好みやすい花の一つなんですよ。
    スイートピーの花言葉は「門出」「別離」「ほのかな喜び」「優しい思い出」です。
    スイートピーには色別の花言葉があまりありません。

スポンサーリンク



母の日にプレゼントする花の選び方は?

まずはどうやって花を購入するのかを決めましょう。
花屋ですでに陳列されている花束やアレンジメントフラワーを買う際にはどんな形の花がいいか、どのくらいの大きさがいいかなどを考え、陳列されている花束やアレンジメントフラワーの中で「これだ!」というものを選びましょう。

また、花屋では希望に沿って花束やアレンジメントフラワーを作ってもらうことができます。

花束やアレンジメントフラワーを作ってもらう際は花束の完成イメージ、どんな色の花束がいいか、予算はいくらなのかを店員さんに正確に伝えましょう。
お母様に事前に好きな花を聞いておけばら花束を作る際に店員さんにリクエストしてその花を入れて花束を作ってもらうこともできますね。

「母にはサプライズで渡したいから好きな花が聞けない」「母の日の花束なんてどんなものがいいか分からない」、そういった場合は店員さんに母の日で贈る花束であることを伝えるとどんな花を入れるか、どんな色合いにするかを一緒に考えてくれるため、分からなくても心配はいりません。

ただ、リクエストして作ってもらう場合は30分前後ほど時間がかかるため、そこを考慮して店に行くようにしましょう。

また、花はネットショップでも注文することができますよ。
花屋に足を運んで作ってもらう時間がない方はネットショップがおすすめです。
ネットショップでもオリジナルの花束やアレンジメントフラワーを作れるネットショップがあり、そういったネットショップで花束やアレンジメントフラワーをオーダーする場合は備考欄にどんな花束やアレンジメントフラワーがいいか希望を記入すれば希望に沿った花束を作ってもらうことができます。

スポンサーリンク



母の日に花以外のプレゼントはアリ?

別に母の日のプレゼントは花でなくてはいけないと決まっているわけではありません。

心を込めて選んだプレゼントであれば花であるかないかは些細な問題です。
逆に花にあまり興味がないお母様の場合は花以外のプレゼントの方が喜んでもらえますよ。
では、花以外のプレゼントにはどういったものがあるのかを見てみましょう。

  • 飲食物

    旦那様や自分以外の娘や息子と一緒に暮らしている場合はみんなで一緒に食べることができるため、飲み物や食べ物といった飲食物でもアリです。
    また、食べ物であれば長年一緒に暮らしてきた家族なら好みも分かりやすいですよね。
    嫁や婿に来てお母様の好みが分からないといった場合でも、自分の奥様や旦那様に聞いたりとお母様にバレずにお母様の好みを事前にリサーチすることが可能です。

  • 水筒

    ピクニックや旅行など外に出るのが好きな方には水筒なんかもおすすめですよ。
    職場などに水筒を持っていく方もいるため、日常的に使いやすいアイテムです。

    水筒には保冷機能がついているものが多いですよね。
    ただ、保温機能がついている水筒は保冷機能しかついていない水筒に比べて価格が少し高めのため、欲しくても購入しない方も多いです。
    そういった方に保温機能がある水筒をプレゼントすると喜ばれますよ。

  • エプロン

    家事をする際にエプロンをつけるお母様の場合はエプロンは日常的に使うものであるため、布が古くなったり汚れがついたりと意外と消耗が早いものです。
    特にポケットがついているものは使いやすくて喜ばれますよ。

スポンサーリンク



さいごに

いかがでしたか?

母の日のプレゼントの王道といえば花です。
ただ、趣向を凝らして花以外のものをプレゼントするのもいいかもしれませんよ。

また、母の日の花といえばカーネーションのイメージが強いですが、花はカーネーション以外にも沢山の種類があります。
カーネーションにこだわらず、さまざまな花で花束やアレンジメントフラワーを作ってプレゼントするのもいいかもしれませんね。

プレゼントだけでなく「ありがとう」の一言だけでもいいため、言葉で気持ちを伝えるとさらに喜ばれますよ。

ココで伝えた以外にも、温泉や癒しグッズなどのプレゼントなどもあります。
それについては、以下の記事を参考にしてみてください。

母の日ギフトで癒してあげたい!癒しグッズや温泉ってどう?

スポンサーリンク



コメントを残す