結婚式へのお呼ばれ | 持ち物と服装ポイントアドバイスを聞くべし


高校時代からの先輩と後半の付き合いをしてきた恩人カップルが、晴れて結婚する事になりました。
結婚式の招待状も届きました。

しかし、私は、小さい子供の頃に両親たちと結婚式に主席したぐらいで、大人になってからはまだ1度も有りません。先輩のお友達達が呼ばれる事になっているのですが、何度か一緒に遊んだけれど、あまり親しい間柄では無く、初めての主席に相談する事が出来ないので、悩んでいます。


この様に、大人になってからまだ早い時期に結婚式にお呼ばれした方は、周りが結婚式への出席を経験していないのでどうしたらいいの?っと悩んだ経験が有るのでは無いでしょうか?

そこで今回は、結婚式にお呼ばれするに当たり、執拗な持ち物や装いを詳しく解説しています。
結婚式をお呼ばれするのは、決まり事を知る事が大切なので、決まりを知り貴方もアタフタせず、先輩を皆様とご一緒に祝福しましょう。

ちなみに結婚式招待状への返信については、以下の記事が参考になります。
合わせてご覧いただければと思います。

結婚式招待状の返信マナーとメッセージ | アレルギー欄はどう書くの?



結婚式 お呼ばれ持ち物とは?

結婚式の招待状

では、まず結婚式にお呼ばれした時に何を持ってのかに付いてお話し致します。

まずは、お祝儀が必要です。
お祝儀と言うのは、結婚する2人に対してお祝いの気持ちを込めて金品をお渡しする事です。

金額などは祝福するお気持ちでお渡しする物ですので、金額は決まっていません。
相手の方も、友人として仲間でお祝いしたいと思ってくれているのですが、
世間一般の相場額は、20代だと1万から3万までとなっておりますので念頭に入れておきましょう。

もちろん、結婚式当日の受付で、いきなり財布からお祝いのお金を支払うと相手がビックリしますので、しっかりとお祝儀袋に入れてお渡ししましょう。お祝儀袋はコンビニやインターネットでも手に入りますし、百貨店などでも取り扱っています。

しかし、このお祝儀袋に関しては、包む金額に寄って袋を変えなければいけません。
では、お祝儀袋の金額によりどの様に変えるのかをご説明します。

1万から2万の中身は基本的なタイプのあわび結びにし、結びを紅白又は金銀にしましょう。
3万の場合は基本結びに袋が装飾されている物を選びましょう。
5万からは、飾り結びにした華やかなタイプで紅白にピンクなどが混じったお色にしましょう。

スポンサーリンク



結婚式 お呼ばれの装いとは?

結婚式の装いは和装なら着物で、洋装ならパーティードレスを着ます。
これは、結婚式にお呼ばれするメンバーや年代や式のイメージでも大きく変わって着ますが、花嫁さんがウエディングドレスで割と若い方の場合は、パーティードレスを着ている参加者が大半です。

パーティードレスを選ぶ時には、年代が20代なら、少し華やかな配色がお勧めです。
華やかと言っても、ハデハデの物は避けて下さいね。基本は花嫁さんが一番の考え方を守りましょう。
黒のドレスを選ぶ場合は、年代を考え、レースやリボンがあしらわれたドレスにする。

又は、黒のドレスに、ピンクや水色のシホン素材のストールを巻き金銀のバレッタで止めて地味に成り過ぎない様に華やかさを演出しましょう。

結婚式のドレスにタブーとされている服装は、花嫁さんと同じ白のドレスです。これは花嫁さんが目立たなくなってしまうためですので、その場合はアレンジして、カラーストールなどを絶対をして、白一色にならない様に注意して下さい。その他にアニマル柄もなるべく控えた方がいいでしょう。

次に、ドレスの丈ですがミニは駄目です。過度な露出もさけましょう。肩が全て出るドレスの場合は薄いストールで肩を隠していくのが理想的です。花嫁衣装で肩を全て出したドレスの場合は自分の方が目立つなんて事が無い様に少し控えめにして下さい。

スポンサーリンク



結婚式にお呼ばれした時のポイントアドバイスとは?

結婚式に呼ばれた時のポイントアドバイスとしては、バックは小ぶりのバックにしましょう。
その中にまずは、お祝儀と招待状を入れましょう。
招待状は、式場の場所に迷った時に役立ちます。

次に財布と携帯電話をいれ、換えのストッキングを入れるのもポイントです。ストッキングは式場で、立ったり座ったりしますので、引っかける可能性があります。

他には、髪の毛が落ちてこない様に、ピンやワックスやミスト類です。髪をアップにするので髪型が崩れる場合が有ります。最後にカメラとハンカチを持っていくのをお勧めします。

スマホのカメラ付き携帯やムービーがあるので、カメラは必要ないと考える方もいますが、結婚式に主席すると、花嫁さんのドレス姿に感動するのと、新郎新婦とのシャツター時間などや新郎新婦の友人と仲良く話し、写真を取ろうという事にもなりますので、「持ってこれば良かったー。」なんて事に絶対なりますよ。

ハンカチは、手を拭く以外に、涙を拭く為です。近くで両親に花嫁さんがご挨拶していると意外に泣かないなんて思っていても、涙がボロボロと出てくる物ですので、忘れずに持参しましょう。

スポンサーリンク



さいごに

今回は結婚式にお呼ばれした時の準備やドレスの選び方をご紹介してまいりました。
初めて結婚式に参加される人はこれで、お呼ばれにあたり用意する物をテキパキと揃えられるのではないでしょうか?

結婚式の日もアタフタしないで友人をお祝いしたいですね。

スポンサーリンク



コメントを残す