猪名川花火大会2018の日程は?場所や最寄り駅などのアクセスを紹介


昭和23年から続く歴史のある猪名川花火大会をご存じですか?2018年の今年はなんと第70回目の記念の年です。

地元民に愛され続ける猪名川花火大会。まだ行ったことのない方のために、ここでは猪名川花火大会2018年の日程や場所、最寄り駅などのアクセス情報を紹介しています。

今年は彼女を連れて猪名川花火大会へ行ってみよう。と考えている方、この記事を読んで彼女と楽しい夜を過ごせるように計画を立ててくださいね。スマートにエスコートできたら、彼女はますますあなたのことを好きになるかも?

どの場所から見る花火がキレイなのか?落ち着いてゆっくり花火が見られるのはどこ?何時に会場に到着したらいいの?など、知っていると役立つ内容を紹介しているので、ぜひ読み進めて当日の花火鑑賞に役立ててくださいね。

淀川花火大会2018のチケット情報!はじめての人も安心の徹底ガイド

伊丹花火大会2018の場所と開催日程!アクセス方法や穴場スポットも



猪名川花火大会2018年の日程と基本情報

猪名川花火大会

2018年猪名川花火大会の日程と基本情報は次の通りです。

日程
2018年8月18日(土曜日)

荒天時は中止です。順延はありません。当日、開催を確認するにはテレドーム(0180-991-816)を利用しましょう。(※有料です)

時間
午後7時20分から8時20分が予定されています。

開催場所
兵庫県川西市小花2丁目付近 猪名川河川敷

花火打ち上げ数
約4,000発

昨年の来場者数
11万6000人

屋台出店数
川西会場150店 池田会場200店

大阪府と兵庫県の県境を流れる猪名川。その川面に花火の光が映って幻想的な空間をつくりだすのが猪名川花火大会です。真夏の夜空に約4,000発の花火が打ち上げられ、猪名川を挟む両岸にいる10万人以上の観客を楽しませてくれます。

池田市と川西市の友好を目的にと始まった猪名川花火大会では、池田側会場に200店、川西側会場に150店もの屋台が並びます。

どこで見ようか?何を食べようか?彼女の笑顔や花火に感動している姿を想像するだけでワクワクしてきますよね。きっと素敵な夜になりますよ。

スポンサーリンク



猪名川花火大会の場所は?最寄り駅などのアクセス情報!

彼女をスマートにエスコートするには、まずは場所を把握しておくことが大切。人が多いなか、場所が分からずにウロウロする姿はちょっとガッカリされてしまうかも?

そうならないよう事前にしっかり頭にいれておくか、こっそり見れるようにメモに書いてポケットに忍ばせておきましょう。

猪名川花火大会の開催場所

猪名川花火大会の開催場所は、兵庫県川西市小花2丁目付近猪名川河川敷です。

問い合わせ先:
川西市文化・観光・スポーツ課 (072-740-1161)
池田市空港・観光課 (072-754-6244)

猪名川花火大会公式サイト

会場周辺には駐車場がありません。また、午後4時30分ごろからは片側交互通行規制が行われ、午後6時ごろからは交通規制が行われます。

周辺道路は大変な混雑が予想されますので、電車を利用して早めに会場へ行くのがおすすめです。

猪名川花火大会会場への最寄り駅は?

川西市側で花火を見るなら阪急「川西能勢口駅」またはJR「川西池田駅」
池田側で花火を見るなら阪急「池田駅」が最寄りです。

阪急もJRも宝塚線です。
彼女との待ち合わせ場所からのアクセスを確認しておきましょう。

⇒ Yahoo!路線情報 

川西市側 第1会場(北側)

花火の打ち上げ場所より北側に位置する第1会場。阪急「川西能勢口駅」より徒歩約15分、JR「川西池田駅」より徒歩約10分と、駅から近く便利な場所なため人は多いです。当日の会場時間は、午後4時30分。

川西市側 第2会場(南側)

駅からは少し遠いですが、打ち上げ場所の近くに位置する第2会場。阪急「川西能勢口駅」より徒歩約25分、JR「川西池田駅」より徒歩約20分。会場の一部は、当日の朝から会場されます。駅から遠いため人が少ないので穴場です。朝から席を取る必要もありません。

池田市側 第1会場(北側)

阪急「池田駅」から徒歩10分と好立地のため、一番人手が多い場所。屋台の数も一番多いです。賑やかな場所で、屋台を満喫しつつ花火を楽しみたいという方には、人気の鑑賞場所です。

池田市側 第2会場(南側)

阪急「池田駅」より徒歩約30分とかなり距離がありますが、打ち上げ場所に一番近いのがこの池田市側第2会場。間近で花火が見られる上に、比較的人が少ないといったメリットがあります。

彼女とおしゃべりをしながら歩いていると、30分なってあっという間かもしれません。池田市側第2会場を検討してみてはいかがでしょうか。

ただし、彼女がハイヒールや下駄だとちょっと厳しいかも……?大好きな人との花火大会なのでめいいっぱいおしゃれをしてくるでしょう。履きなれない靴を履いているかもしれません。

第2会場へ行く予定なら、前もって「少し距離があるから歩きやすい靴できて」と声をかけてあげるのも優しさです。彼女が浴衣を着る予定なら、他の会場を検討したほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク



猪名川花火大会の場所や時間に関するQ&A

猪名川花火大会の場所や時間に関する疑問をまとめてみました。

猪名川花火大会は川西側と池田側どっちがいいの?

花火の臨場感と華やかさを楽しみたいなら池田側

猪名川花火大会の花火は池田側で打ち上げられます。より間近で楽しみたいなら池田側がオススメ。屋台の数も池田側のほうが多いです。

ただし第1会場はもっとも人が多い場所でもあります。人ごみを避けたいなら第2会場を目指しましょう。

混雑を避けてゆっくり花火鑑賞をしたいなら川西側

池田側よりはましですが、川西側も第1会場は人が多いです。駅からは離れていますが、人が少なく打ち上げ場所に近い第2会場は穴場です。ゆったりと花火が鑑賞できます。

池田側に比べると屋台が少ない川西側ですが、少ないといっても150店もあるので、十分に楽しめるでしょう。

猪名川花火大会では場所取りしてもいいの?

猪名川花火大会では、レジャーシートなどでの場所取りは禁止されています。一部、朝から開場されている場所もありますが、良識のある場所取りが求められています。長時間、ブルーシートだけが置かれている場合などは撤去されることも。

会場へは何時までに行けばいいの?

普通に花火を見るだけなら午後6時でも十分です。絶対特等席で見たい!という方は午後5時頃でしょうか。

店舗によって異なりますが、屋台の開始時間はだいたい5時からは開いているので、早めに行って花火の前に屋台を堪能するのも楽しいです。

猪名川花火大会の屋台は何時まで?

店舗によっても異なりますがだいたい午後9時半までです。花火大会が終わっても約1時間は屋台を楽しめます。開始時間は午後5時頃。

猪名川花火大会の花火が見えるおすすめスポット4選!

猪名川花火大会の花火が見えるおすすめのスポットを紹介します。猪名川花火大会の会場には駐車場がなく車で行くことは難しいですが、紹介するスポットは車で行くことが可能です。

猪名川花火大会の花火を見に車で行きたい!という方は、周辺の花火が見えるスポットから鑑賞するのもいいですよ。

五月山公園

近くには入場無料で動物とふれあえる五月山動物園がある五月山公園。

打ち上げ会場からは少し距離があるので、花火の臨場感を得るには少し物足りないかもしれませんが、夜景と花火が一度で楽しめると人気のスポットです。

東久代運動公園

東久代運動公園の最寄り駅はJR福知山線北伊丹駅。ここから徒歩で行けます。打ち上げ会場からの距離は約1.2kmありますが、見晴しがよくしっかりと花火鑑賞することができます。

施設なのでトイレの心配もありません。ただし、スポーツを楽しむ施設なので、グラウンドやテニスコートしかありませんので、食べものや飲みものは事前に用意する必要があります。

葬祭ホール千の風池田周辺

地元ではよく知られた花火スポットである葬祭ホール千の風池田周辺。阪急の池田駅、石橋駅から徒歩15分ほどかかりますが、人手が少なく落ち着いた雰囲気のなかで花火を楽しむことができます。

猪名川花火大会のために開放されているわけではないので、マナーを守って利用しましょう。

伊丹スカイパーク

大阪国際空港の南側に位置する伊丹スカイパーク。花火と飛行機、夜空を一度に楽しめる人気の花火鑑賞スポットです。

猪名川花火大会の会場からは距離があるため、見える花火が少し小さいですが、夜空に映える花火は十分に楽しめます。

車があるなら伊丹スカイパークからの花火鑑賞を検討してみましょう。

まとめ

この記事は、猪名川花火大会の計画を立てるのにお役に立てたでしょうか。

関西に数ある花火大会。そのなかでは、猪名川花火大会は中規模な大会ですが、地元民に愛される歴史のある花火大会です。県外から毎年見にくる方もいるんですよ。

ぜひ、今年は彼女と二人で猪名川花火大会を楽しんでくださいね。

こうのす花火大会2018の開催日時と穴場スポットのご紹介


スポンサーリンク



コメントを残す