熱中症の症状 初期症状は?病院受診は必要?危険なものは?


いよいよ夏がやって来ますね。

夏に怖いのが熱中症。
少し屋外で作業したら・・・、こどもと公園で遊んだら・・・、すぐに熱中症になってしまってもおかしくありません。


なんだか体がだるい・・・と思ったら熱中症かもしれません!
熱中症の症状には危険なものもあるので、あらかじめチェックしておきましょうね!

熱中症予防 飲み物はスポーツドリンク?麦茶?NGなのは?

熱中症の予防には塩分補給?食べ物は?果物が最適?



熱中症の症状 初期症状は?病院に行く必要はないが油断は禁物

夏バテには三段階の症状があり、初期症状の状態では病院の受診は不要。ただ、油断していると症状が一気に進行してしまう可能性があるため、対策はシッカリと行うこと!

熱中症の症状は段階別に3つに分けられるとご存知ですか?
初期症状はⅠ度に当てはまります。

Ⅰ度は現場で対処が可能な状態です。
この段階で症状が改善すれば病院受診はしなくても良いですよ。
Ⅰ度の症状には以下のようなものがあります。

  • ①めまいや立ちくらみ、顔のほてり

    一時的に意識が遠のいたり、腹痛などの症状が出る場合もあります。
    Ⅰ度の症状の中でもっとも多いのが立ちくらみです。

    目の前の景色がだんだん白くなるのは、熱中症で意識を失いかける前兆です。
    脱水状態になってきて血圧が下がると視界がおかしくなります。
    一般的には周りの景色が白っぽくなってきて、さらに度を超すと視界が真っ暗になって意識を失います。
    意識を失ってしまった場合は、病院を受診しておく方が安心ですよ!
    周りの音が遠くなっていくというのも気を失う一歩手前の症状なので、気をつけてくださいね。

  • ②筋肉痛や筋肉のけいれん

    立ちくらみに次いで多い症状がこむら返りです。
    発汗でミネラルが出てしまったのに水だけを補給してしまった場合や、塩分の補給が少なかった場合に、体内のミネラルバランスが崩れて、こむら返りという痙攣が起きやすくなります。熱痙攣と呼ばれる症状です。

  • ③大量に発汗する

    ふいてもふいても汗がでるほど汗のかきかたに異常がある場合は、熱中症にかかっている危険性があります。

上記の症状が出た場合は、日陰の涼しい場所に避難し、衣服をゆるめ、体を冷やします。
それから水分・塩分を補給しましょう。
この時、できれば横になって足を高くすると良いですよ!

スポンサーリンク



熱中症の症状 病院受診が必要なのは? 初期症状を超えた場合は病院受診が無難

すみやかに医療機関への受診が必要な状態をⅡ度と言います。
Ⅰ度の症状が進行するとⅡ度の症状が出てくるので、早めの対処をしましょうね。

Ⅱ度の症状は主に、体のだるさや頭痛、吐き気です。
体がぐったりしたり、力が入らなくなったりします。熱疲労と言われる状態です。

放置すると重症化する恐れがあるので、Ⅰ度のときと同様、涼しい場所に避難し、体を冷やして安静にし、水分・塩分補給をしましょう。症状が改善されれば受診の必要はありません。

水分を自力で摂取できない場合や、症状に改善が見られない場合は受診が必要なので、早めに受診しましょう!

熱中症の対処法や応急処置は?症状別に違う?食事は?

スポンサーリンク



熱中症の症状で危険なものは? 意識混濁や痙攣の発生は重症のしるし!

Ⅱ度の症状が進行するとⅢ度になります。
Ⅲ度は、入院が必要な重症です。
命の危険があるので、すみやかに救急隊を要請しましょう!

症状には以下のものがあります。

  • ①呼びかけに反応しない

    声をかけても反応しなかったり、おかしな返答をする場合は危険です。

  • ②まっすぐ歩けない

    体がガクガクとひきつけを起こしたり、まっすぐ歩けないなどの異常があるときは重度の熱中症にかかっています。

  • ③汗が全く出ない

    水分・ミネラル不足です。 
    汗が出ないことによって体内に熱がこもり、脳の体温調節の機能が壊れてしまい、体温が上がりっぱなしになります。

  • ④水分補給ができない

    自分でうまく水分補給ができない場合は大変危険な状態です。

  • ⑤体温が高い、皮膚に異常がある

    体温が高く、皮膚を触るととても熱かったり、皮膚が赤く乾いているなどの症状がある場合があります。

以上の症状が見られる場合は、首や脇の下、足の付け根などを氷や水で冷やす応急処置を施し、すぐに119番しましょう!

スポンサーリンク



さいごに

毎年熱中症で亡くなる方がいます。
何か身体の調子がおかしいと感じた時、軽い症状だから・・・と放置せず、軽度の症状の段階でしっかり対処することが大切です。

病院受診が必要ない症状だとしても、症状が改善しない場合や、気分が優れない場合は医療機関を受診してくださいね。

スポンサーリンク



コメントを残す